PS3 ゲーム関係いろいろ 12/15


今週の気になるゲーム関係ニュースをいくつかピックアップ。

ちなみに現在の同時並行ゲー「アンチャーテッド」「グランツーリスモ5プロローグ」「ラチェット&クランク」、実は本日「アイオブジャッジメント」到着予定。来週20日には「タイムクライシス4」「FIFA 08」・・・。27日は「スターオーシャン1」・・・・・・。グランディア3は挫折(笑)

・北米版PSNカード正式発表
昨日取り上げましたが、早速正式にアナウンスされました。でも年明けとの事ですので、少し予想よりも遅れましたね。後はリージョンチェックが無いことを祈るばかりです。日本でも購入手段が見つかったら真っ先に入手予定です。手間も時間も掛かるので100ドル分ぐらいまとめ買いしたいところです。

・スターオーシャン4の噂
PS3/Xbox360のマルチとの情報が今週のファミ通に掲載されるとの噂だったのですが、結局はガセだったようです。確かにPSP版リメイクのリリースも2週間後に控えてますので直前あたりにスクエニから何らかのアナウンスが有ることは予想できます。個人的にはトライエースは色々な意味でマルチ開発が器用にこなせるとは思っていませんので、マルチ決定なら購入意欲は相当に減衰しそうです。
海外展開が期待出来ない和風RPGで、以前もトライエース側から出ていた「ハイスペックマシン」発言から考えると答えは一つしか無いでしょう。未だに発表できないのは何らかの見えざる力が働いているのでしょうかね。

・Divx近日対応?
Divx側からPS3対応のアナウンスがあったのが丁度1ヶ月ほど前でした。勿論DTV愛好家として喜ばしいニュースだったのですが、何故かXbox360が先にアップデートで対応してしまいました。まぁユニバーサルプレイヤーとしてはPS3の比較対照ですらありませんのでどうでも良い話ではありますが「なんじゃそりゃ」と思った人も少なくは無いでしょう。
しかし、どうやら年内にはPS3もDivx対応の恩恵に与れそうです。再生だけのXbox360とは違い、PS3はフルサポートとの事ですので待たされただけの差はありそうですが、どこまで「フルサポート」されるのかが気になります。

・ドリームキャスト2の噂
ドリームキャストが2001年に撤退してからセガはハードから遠ざかっていましたが、ドリキャス2で復活するとの噂が出ています。もっともセガは完全に否定しているようですが。
サターン時代はセガのアーケード人気作が独占移植と言う強みが有りましたが、10年以上経った現在ではその方程式は完全に崩れています。勿論セガは世界でも有力で魅力的なソフトハウスの一つですが、ここまでハード要求レベルが進化してしまった現状ではハードホルダーとしてやっていくには厳しいと思います。

私もセガハードとの付き合いは長いですが、日本で一番勢いが有ったのはサターンだった印象がありますね。しかし世界(北米)的にみるとサターンよりもドリームキャストの方が売れているんですよね。90年代初期の頃から、いや最初から日本と北米のゲーム文化の溝は埋まっていない事を再認識させられます。

       
 

PS3 「Burnout Paradise(バーンアウト パラダイス)」デモ 12/14


欧州/北米PSNに「Burnout Paradise」のデモが配信されています。本来であればGT5Pがリリースされた直後ですし、海外レースゲームの隠し切れないガサツさがどうにも気になってしまうので「タイミング悪いなぁ」と感じるところなんですが、この「Burnout Paradise」に関しては「こういうのも有りやね」と言いたい。

この「Burnout Paradise」は少し前に「PS3をベースに開発したマルチタイトル」と言う事で話題になっていました。Xbox360をベースにするよりも出来が良くなったとのコメントもEA側からありましたし、自然と期待値は上がるのは仕方ないでしょう。

実際にデモ版をプレイした直後の感想としては「EAのコメントに偽りなし」です。正確にはXbox360版をプレイしていないので比較していないのですが、PS3版の出来が全く不満の無いレベルなのです。グラフィックもGT5Pの写実的な美しさや1080pの精細感はありませんが、十分に次世代機水準をクリアしていますし動きも実に滑らかです。マルチの範疇でPS3の美味しい部分を効率的に使ったと思われるプログラムにはEAの蓄積されたノウハウを感じます。

また、ゲームとしてもGTシリーズとは完全に対極で広大な街中を自由に走り回りながら好き勝手にプレイする、いかにもアメリカ人の好きそうなゲームです。私はひたすら対向車と正面衝突して遊んでいました(笑

日本での発売予定は2008年2月21日です。なんだかんだで年明けのソフトも揃ってきた感じですね。

バーンアウト パラダイス を注文する

       
 

PS3 PSN最新情報 12/14


予告どおり「Burnout Paradise」が欧州/北米PSNに配信されています。

欧州PSN
Game
・Piyotama
・High Stakes on the Vegas Strip
Add-on
・Folklore Christmas Present
・Guitar Hero III Songs
Demo
・NBA 2K8
・Burnout Paradise
・Conan
Movie
・Dark Mist trailer
・High Velocity Bowling trailer
・High Stakes Poker trailer
・Piyotama trailer

北米PSN
Demo
・Burnout Paradise
Add-on
・High Velocity Bowling bowlers
・Rock Band Songs
・Need for Speed Pro Street Unlockables
Movie
・GT Awards at SEMA
・Burnout "Stunt Run"
・Tony Hawk's Pro Skater
・Ratchet & Clank Behind the Scenes
・Cloverfield
・Untraceable

       
 

PS3 北米版PSNカード近日登場? 12/14


北米の色々な情報サイトに掲載されてますが、ホリデーシーズン中に北米版PSNカードがリリースされるのではないかとの事です。リンク先には20$と印刷された赤いPSNカードの写真を見ることが出来ます。公式な発表はまだのようですが「一足早いクリスマスプレゼント」と表記されているサイトもありますし、実現するなら年内中の可能性もあります。
実は3日ほど前、たまたま北米アカウント情報を見た時に気づいたのですが、既にPSNチケット/カードの番号を登録する画面がありましたね。前から存在していたのかどうかまでは知りませんが。

これが実現すれば実に素晴らしい事です。日本では未だにリリース予定がアナウンスされていない「High Velocity Bowling」や「PAIN」、PS.Eye用の様々な有料ツールを日本から購入することが出来る訳です。

勿論日本の販売店で正規に入手することは難しいでしょうから業者経由で割高に購入することになるとは思いますが、手段が無いよりははるかにマシです。

この勢いでユーロカードもお願いしたいところです。

http://www.psu.com/PSN-Cards-see-light-of-day-in-US--a0002171-p0.php

       
 

PS3 「FIFA 08 ワールドクラス サッカー」 12/14


今なお好調なセールスを記録している「ウイニングイレブン2008」から遅れること1ヶ月、ようやくライバルの「FIFA 08 ワールドクラス サッカー」日本語版が12月20日に発売されます。私のようなウイイレ2008に危険な香りを感じて回避し、「FIFA 08」に期待していた極少数派が待ちに待っていた発売日です。

さてエレクトロニック・アーツ「FIFA 08 ワールドクラス サッカー」の隠れた売りが「BE A PRO」モードによる最大5vs5人のオンライン対戦です。「BE A PRO」とはプレイできる選手を固定して操作するモードのことで、あくまでも俯瞰でピッチを見ながらボールを中心に選手を切り替えながらプレイする従来の「サッカーゲーム」とは全く違ったプレイスタイルになるでしょう。仲間との連携の為にヘッドセットが必須かもしれませんね。

北米や欧州では9月に発売されている「FIFA 08」ですが、日本版は発売と同時に5vs5のオンラインモードが実装されるとの事です。しかも世界中のプレイヤーと戦う事が出来るのですから実に楽しみです。

注目はオンライン機能に集まりがちですが、「FIFA 08 ワールドクラス サッカー」の日本版は発表当初では予想していなかったサプライズ要素があります。サッカーゲームの実況・解説機能は今や当然ですが、「FIFA 08」日本版の実況・解説はスカパーでおなじみの西岡明彦さんと、今や日本代表監督に復帰された岡田武史さんなのです。発表された9月時点ではさすがに日本EAの方もこのような状況は予想していなかったでしょう。

個人的主観ですが、西岡さんは地上波の絶叫しか脳の無いスポーツアナウンサーの誰よりも安心できるサッカーアナウンサーですし、岡田さんは代表監督のイメージとは裏腹に理知的でありながらもサッカー解説を楽しむ姿勢で好感が持てる解説者です。

前述の通り日本ではウイイレ2008が好調です。「FIFA 08」がどれだけセールスに食い込めるのかは判りませんが、独自のオンライン機能、日本代表監督の解説等々アピールする武器は多々ありますし、肝心のゲーム部分は実のところライバルに圧勝していると私は感じています。宣伝次第では売れ行きも期待できそうなんですけどね。

公式
http://www.japan.ea.com/fifa08/
ITmedia
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0712/13/news133.html
電撃
http://www.dengekionline.com/data/news/2007/12/14/1581d507d5d7c6818e6a203137218a12.html

       
 

ゲームソフト売り上げ情報 12/14


Gamespotの更新がいつもよりずれ込んでしまいましたね。

【集計期間:2007年12月03日(月)~12月09日(日)】
1  Wii  Wiiフィット  150,000(411,000)
2  NDS  マリオパーティDS  107,000(646,000)
3  NDS  テイルズ オブ イノセンス  104,000(104,000)
4  PSP  みんなのGOLF ポータブル2  87,000(87,000)
5  NDS  レイトン教授と悪魔の箱  76,000(370,000)
6  NDS  ドラゴンクエストIV 63,000(795,000)
7  360  ロストオデッセイ  55,000(55,000)
8  NDS  パワプロクンポケット10  54,000(54,000)
9  Wii  スーパーマリオギャラクシー  45,000(476,000)
10 Wii  マリオ&ソニック AT 45,000(148,000)

21 PS3  ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008 
24 PS3  アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝 

まずは「アンチャーテッド」がイマイチだった事は本当に残念の一言。詳細な数字は不明ですが2万本弱との事です。私自身はクリアしていませんので最終的な評価は出せていませんが、ブログ等の実際にプレイした人からは絶賛の声しか聞こえてきませんし、クチコミで少しずつでも売れていって欲しいソフトです。

次はXbox360「ロストオデッセイ」が予想よりも少なかったこと。昨年の「ブルードラゴン」の方が初動本数は高かったはずです。それから1年経ってXbox360ユーザの数も少しは増えているであろう事、残念ながらPS3からは対抗となる次世代RPGは未だに登場していない事を考慮すると10万本以上は初動で売れるべきでしょう。

ファミ通なんて露骨なまでのロストオデッセイ一押しでしたし、本来ならば先週の号で評価しなければいけない「GT5P」を評価枠から外してまでの嫌がらせをしておきながらこの結果はどうなんでしょうか?

事前情報が全く無い状況での印象としては「井上氏の絵に魅力が無い」事が予想外の売り上げの原因だと考えてます。上手い絵師だとは思うのですが、代表作「スラムダンク」も女性ファンが多かった訳ですし、Xbox360のユーザ層、次世代RPGを望む層とは食い違いがあったと考えています。後は採用した芸能人も微妙ですよね・・・。

私個人は坂口節は嫌いでは無いので、MSの操り人形と化した彼のクリエイターの残滓を楽しむ感覚でプレイしたいと思います。年末年始あたりに私も中古で購入予定です。

来週はいよいよ「グランツーリスモ5 プロローグ」が登場します。私自身がDL版を推奨していますのでパッケージ版の売り上げがどのぐらいなのかが興味のあるところです。

http://japan.gamespot.com/news/story/0,3800076565,20363265,00.htm

       
 

PS3 グランツーリスモ5 プロローグ 12/13


余談ですが書いている途中でやっとのこさでミランが点を取りました。欧州サッカーのレベルを問われるのでもう少し頑張って欲しい所です。

さて、いよいよ年末の大本命「グランツーリスモ5 プロローグ」が配信されました。気になるDLサイズは1.8GBで巨大ではありますが、予想よりは少ないなと感じました。もちろんゲーム起動は実に高速でボタンを押してから30秒後にはメインメニューまで立ち上がります。メディアインの時間も含めるとやはりDL版のメリットは大きいと思います。

体験版とは違いますので最初は自分の車を入手するところから始まります。所持金は350万Crでお気に入りのランエボやインプレッサを購入することは出来ません。私は定番?のインテグラTYPE-Rにしました。やっぱりクルマは黒ですよ。

まずはアーケードモードをプレイすることにしました。事前に公開されたプレイアブルムービーでも好評だった「ロンドン市街地コース」を走行することに。以下にSSを掲載しておきますが、12位なのはSSを撮影するために徐行していた為ですよ、と一応自己フォローしておきます(笑)

既に各サイトでも書かれている通りグラフィックは本当に素晴らしいです。体験場の鈴鹿サーキットは実在するサーキットと言う事でどうしても地味な画面になりがちですが、ロンドン市街地コースはプレイ画面の背景も驚くほど美しく、リプレイと比べても遜色の無い映像美を堪能することが出来ます。また全体的な動きも体験版時より更にスムーズになっており、最適なチューンが施されていることが判ります。PS3の限界を考えると更に向上することも期待できます。

しかし、10月に入ってから「LAIR」「ラチェット&クランク」「アンチャーテッド」とSCEのリリースするゲームの品質には本当に驚かされっぱなしですが、「GT5P」がまさに最後のトドメに相応しい出来です。不甲斐ない日本国内のソフトハウスはGT5Pを見て愕然として奮起して欲しいですね。棒やタッチペンで楽に商売するだけでは本当に腐っていきますよ。

※初日で感じた少し残念な部分も書いておきます。
・グランツーリスモTVのインタフェイスが体験版のまま
これはヤバイですねぇ、全く改善されていません。ダウンロードした映像データも早送りすら出来ないインタフェイスで課金配信する予定なんでしょうか?1月の有料コンテンツ配信までに改善を求めます。少なくとも私はこのままなら購入しません。

・音楽が微妙
私は初代GTからのファンですので、やっぱり安藤さんの曲が好きなんですよね。TGS2007のデモ映像では「KNIGHT'S SONG」が流れていたので製品版では期待していたんですけどねぇ。まぁGT2の曲を最初に聴いたときのような愕然感とは少し違うんですが、お上品過ぎるかなと。

・ライセンスモードが無い
最初から判っていたことですが、やっぱりライセンス時の絶妙なイライラ感は改めて素晴らしいと思います。GT5では復活していることを希望。

※私がダウンロード版を薦める理由
「メディアチェンジが不要」「起動が(多分)速い」と言うのは誰でも認識していると思いますが、私がDL版を購入した真の理由は別にあります。このGT5PはGTファンにとっては普通のゲームとは位置づけが違うのです。前述の「LAIR」「アンチャーテッド」も素晴らしいゲームですが、GT5Pはもう少しOSに近いレイヤーに存在するべきソフトだと考えてます。
例えば、Windowsでメディアプレイヤーを起動するたびにディスクを入れるのは理不尽ですよね?これからもPS3用の素晴らしいゲームが出てくるでしょう。違うゲームをプレイしていても、HDDにインストールされていればメディアチェンジ無しでGT5Pを楽しむことが出来るのです。「DL版は売れないからなぁ」と言う意見も有りますが、私は敢えて「君は離婚する事まで考えて結婚するタイプなのか?」と問いたい。

Gt5p_0

Gt5p_1

クリックするとフルHDサイズのSSが閲覧できます。

       
 

PS3 PSN最新情報 12/13


今日は待ちに待った「グランツーリスモ 5 プロローグ」の配信日です。あわせて幾つかのコンテンツも配信されています。

日本PSN
Game
グランツーリスモ 5 プロローグ
Add-on
LocoRoco/クリスマス限定スペシャルステージ体験版
アガレスト戦記 カスタムテーマ
ピヨタマ 追加スキン
Movie
グランツーリスモ 5 プロローグ TVCM

勿論GT5PはDL版を購入しました、現在ダウンロード中です。

       
 

PS3 真の価格は? 12/13


SCEEはPS3の広告に「PS3と同等機能の製品を別々に購入すれば合計614.98ユーロが必要」と表現しています。欧州の40GB版PS3は299ユーロで販売されている事を考えると価格の2倍強の価値があると言うことになります。図解で「ゲーム・CD・DVD・Blu-ray・MP3・インターネット等々」を別々に購入したら614.98ユーロですがPS3なら299ユーロで事足ります、と表現されています。

確かに欧州PS3のCMムービーを見ていても高性能なユニバーサルプレイヤーとしてアピールしているなぁと感じています。北米のように「まず安さ」と言う訳ではなく、欧州は「値段相応の価値があれば売れる」ある意味日本に近い市場なのかも知れません。

しかし「PS3はゲーム機」であると言う軸がブレるようでは大問題です。この辺りはクタさんと平井社長の主張に相違があるようにも感じますが、根本の部分は同じだと思います。

何故ならBlu-rayもCellもインターネットもHDDも「真なる次世代ゲーム機に必要な性能」に過ぎず、ユニバーサルプレイヤーとしての数々の機能はその一部を使っているだけの話です。誤算としてはPS2時代のDVD機能とは違い、PS3の多くの機能が標準以上(寧ろ専用機ですら太刀打ちできない要素もある)だった事です。

勿論、完全に離陸したBlu-rayとの相乗効果は全世界市場で期待できますが、本業であるゲームを疎かにする事は愚策でしょう。SonyのストリンガーCEOもPS3を将来のコンテンツ配信コンソールとしての位置づけで考えているようです。「撤退」等のアホらしい憶測が全くの的外れであることは自明ですが、PS3をゲーム機として一本筋が通った存在として確立するためには現時点のソフト展開に全力を注ぐ必要があるはずです。

http://www.digitalspy.co.uk/gaming/a81557/sony-real-price-of-ps3-is-gbp61498.html

       
 

PS3 「MLB 08」 12/12


SCEAが来年発売予定の「MLB 08」のスクリーンショット等が公開されています。まぁ野球に興味の無い私ですが、実に見栄えのする素晴らしい映像には惚れ惚れとしてしまいます。

前も少し書きましたが、せっかく欧州では互角に戦えているPS3を更なる優位に持っていくには「ハード専用のフットボールゲーム」が必要でしょう。野球ゲームでは北米だけですから効果は殆どありません。

悪いことは言いません。SCEEは「MLB 08」のノウハウ提供を受けて最高のサッカーゲームを作るのです。代表よりもCL中心で作れば欧州だけでなく日本でも人気になるでしょう。そしてUEFAチャンピョンズリーグのオフィシャルスポンサーに復帰して宣伝しまくるのです。

映像だけではなくゲームとしても満足行くレベルに仕上げれば欧州でのキラーソフトになりますし、毎年安定して売れるフランチャイズとして確立できるでしょう。

そういえば明日はインテリスタの私がミラニスタに変身する日でしたな。頑張れミラン。

http://blog.us.playstation.com/2007/12/11/mlb-08-spring-training-already-underway/

       
 

PS3 アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝 12/12


明日は「グランツーリスモ5 プロローグ」の配信日ですが、今日ものんびりとアンチャーテッドをプレイしました。ようやく進行率が49%になりましたので、冒険も半分と言うところでしょうか?

今日は説明書にも掲載されている乗り物「ジープ」と「ジェットスキー」が登場しました。ジープは自動操縦になり、操作はマシンガンとグレネードで敵さんを迎撃するだけになります。照準合わせとトリガー引きだけに専念できますので、単純に楽しめるステージです。

ジープのステージが終了すると少し間を挟んでジェットスキーが登場します。個人的にはジェットスキーのステージは楽しめませんでした。ジープと違い操縦はマニュアルですし、操縦しながら攻撃が同時に出来ない(迎撃時は進行が止まる)ので少しずつ進めてから隠れるようにして敵さんを狙い撃ちするチキン戦法が有効で、ジープの時のようなスピーディかつ爽快なプレイ感が味わえなかったのです。

しかし、ジェットスキーステージの水面の美しさは特筆ものです。一応SSを掲載しておきますが、実際に動いている映像は衝撃的ですね。それだけにゲームプレイと上手く融合して欲しかった部分もあります。

説明書を読む限りではジープもジェットスキーも再度登場しそうです。

Uncharted_1212_1

仲良くジェットスキー

Uncharted_1212_2
水面が美しすぎます

       
 

PS3 PSN最新情報 12/12


恒例の月半ばのアーカイブス配信です。しかしホリデーシーズンにも関わらず、この少なさはどういうことでしょうか?お目当ての蔵出しソフトも微妙と来ては目も当てられません。今年最後のアーカイブスに向けての前フリだと思いたいところですが・・・。

PS3/PSP
ファルカタ ~アストラン・パードマの紋章~
ブルーブレイカー バースト ~笑顔の明日に~

PSPのみ
アーク ザ ラッド モンスターゲーム with カジノゲーム

       
 

祝!皆勤1年 12/12


本題には関係のない話です。

昨年10月から始まった当ブログですが、実は2006年12月10日から続いていた皆勤記録がようやく1年を超えました。

最初のうちは「何でもいいから毎日何か書いていこう」と軽い気持ちだったのですが、春ごろからブログの方向性がガラリと変わってしまい、今では「山のように有る書きたい事項」を泣く泣く捨てざるを得ない状況です。

現在は会社勤めをしていますので日々の時間は限られていますし、その限られた時間の中で本業?であるゲーマーの本分も全うしていかなくてはいきません(笑)お陰でなかなかに多忙で充実した日々を送っている現状です。

「いつまでブログを続けようか?」との自問に関しては、とりあえずブログの主題でもある「PS3」にある程度の結論がつくまでと考えています。「結論」の判断基準は勿論私です(笑)

取りあえずは「2011年に向けたHDTV環境の動向」「それに伴うHD映像環境の動向」「PS3とXbox360のHDゲーム機の国内外の動向」「更なる次世代ゲーム機の動向」「次世代ディスクと映像配信の真なる戦いの動向」この辺りをきっちりと押さえないと本来の目標である「素晴らしいオッサン」にはなれそうにも無いと思うのです。

       
 

PS3 「LittleBigPlanet」は年内のデモ配信予定無し 12/12


先日、海賊船を模したオブジェクトが動いている最新トレイラーが配信され好評だった「LittleBigPlanet」ですが、今年中のデモ配信は予定されていないとの事です。

実際にTGS2007では実機デモが公開されていたわけですから「TGS2007バージョンでも良いから配信して欲しい」と言う気持ちはありますが、現在のリビジョンは更にブラッシュアップし続けているんだろうなぁ、と好意的に解釈しておこうと思います。

まずは発売日を決定して欲しいですね。

http://www.ps3fanboy.com/2007/12/11/confirmed-no-littlebigplanet-demo-this-year/

       
 

Blu-ray関係ニュース色々 12/11


実は先週購入したBlu-ray「カーズ」ですが、じっくりと観る時間がありません。最初の10分ぐらいは観たのですが、こらまた驚きの超高画質です。さすがは「50GBでもまだまだ足りまへんがな」と豪語するディズニーだけはありますね。

カーズはBDレコーダ「BW800」で再生したのですが、全ての操作レスポンスでPS3の方が上だったのには今更ながら驚かされます。正直停止ボタンを押しても数秒間映像が再生されたままだったときには「壊れたか?」と思ったのですが、まぁPS3のレスポンスが異常に素晴らしいと言う事にしておきましょう。

・ワーナーがBDオンリーに?
今まで何度も出てきた噂ですので信憑性は殆どゼロに近いことを前提に。確かに北米でもBD/HD DVD同発ソフトの販売比率はBDの方が遥かに高いとは言え100%ではありません。要するにBDプレイヤーを所有せずにHD DVDプレイヤーのみを所有しているユーザは北米にはそれなりに存在する訳です。100ドル以下の投売りで購入した人もいるでしょうしね。

ただし日本の状況は違います。BDが圧倒的な状況の中でワーナーのような両規格メーカーは日本版はBDのみと言った選択肢も今後は考えられます。何故なら日本のHD DVDユーザの99%以上はBD再生環境を所有していると考えられるからです。HD環境に興味を持っているAVファンがHD DVDと言うのは普通考えられません、さすがに東芝の幹部社員の自宅はHD DVDのみかもですが(笑)ワンダー藤井氏は映画ファンでは無いらしいので困らないでしょう。

http://www.psu.com/Warner-to-join-Blu-ray-exclusively--a0002123-p0.php

・劇場版「CLANNAD」DVDの特典からBlu-rayが省かれる
ソースが消されたのか見つからなかったのですが、確かSD以上HD未満のマスターを丁寧にアップコンバートする事により高画質化を図ると言うインタビューがあったと思います。まぁ製品未満の割にはオマケ以上のコストが掛かりそうなのでオシャカになってしまったのかもですね。

個人的には「ブレンパワード」や「マクロス7」のHDリマスターDVDが出るならBlu-ray版を出せよと・・・。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071211/clannad.htm?ref=rss

・オマケ
ITmediaの「XEL-1」記事のHD映像ソースがHD DVDと言うのは何かの嫌がらせですかね?
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0712/10/news096.html

       
 

PS3 「グランツーリスモ 5 プロローグ」機能配信スケジュール 12/11


さすがに12月も中旬になると仕事の忙しさが半端ではありません。と言う事でブログの更新も縮小ペースになりますが、ゲームニュースの方は毎日追いかけていきます。

さて、今週発売の「グランツーリスモ 5 プロローグ」の機能配信スケジュールがアナウンスされました。取りあえずオフライン用の機能を発売日に間に合わせたと言う感じですね、通信対戦が2週間近く遅れるのは残念ですが個人的には一番仕事が忙しい時期ですので年末年始で遊べればそれで十分かなとも思っています。

【オンライン機能・映像コンテンツ配信開始予定日】
・「グランツーリスモ.TV」での無料映像コンテンツ配信 12月13日
・「マイページ」などでのテキストニュース配信     12月13日
・「アーケード」モードでの通信対戦          12月25日昼頃
・「タイムアタック」モードでのオンラインランキング  12月25日昼頃
・「グランツーリスモ.TV」での有料映像コンテンツ配信 2008年1月下旬以降

ちなみにBlu-ray版には無料映像コンテンツが登録されているようです。DL版ユーザならそのままダウンロードすれば良いだけですので問題では無いと思います。

ニュースリリース
http://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20071211_gt5p.html
インプレス
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20071211/gt5p.htm?ref=rss

       
 

PS3 新CM「フリーズパパ篇/第3話」 12/10


何気に気に入っているフリーズパパ篇の最新版が公式にも配信されています。第2話でDVDアプコンを取り上げていましたので、次はCDのアップサンプリングなのか?DLNAなのか?と恐れていたのですが、GT5Pの映像の素晴らしさをアピールする内容で少し安心しました。まぁGT5P単体のCMとのコラボCMって感じですね。

今更ながらに気付いたのですがこの家族、未だにHDTVもPS3も購入していないんですね・・・。

http://www.jp.playstation.com/psworld/movie/cm.html

       
 

PS3 今週発売のソフト 12/10


今週発売予定のソフトを各地域別に記載しました。

北米
Unreal Tournament III
Blacksite: Area 51
The Orange Box

欧州
The Orange Box
Oblivion: Game of the Year edition

日本
Gran Turismo 5: Prologue

日本ではいよいよ「グランツーリスモ5 プロローグ」が発売されます。何度か書いていますが私はダウンロード版を購入しますので、「アンチャーテッド」との並行プレイもストレスゼロです。それにしてもダウンロード容量はどのぐらいになるのでしょうか、3コースが収録されていますので3GB前後を予想しています。13日(木)は残念ながら仕事ですので出勤前に配信されていたらラッキーですが、恐らくは昼前ぐらいでしょう。帰宅後にサーバーダウンなんて最悪の事態になっていないことを祈るばかりです。

北米では期待の「Unreal Tournament III」が登場します。北米PS3の年内最後の大物ソフト、しかも人気フランチャイズのFPS最新作ですから最高のキラーソフトです。専用開発ソフトですからアサクリのような失態の可能性も低いでしょう。しかし、今週の北米ラインナップが全てFPSってのは、相変わらず凄いとしか。ちなみに「Blacksite: Area 51」もUT3同様に「Unreal Engine 3」採用のゲームです。

GT5Pは海外でも人気の有るブランドですから、GT5P北米版も早期リリースして欲しいですね。

       
 

PS3 ガンコン3は北米では単品発売せず?


先週あたりから北米ニュースサイトでポツポツと取り上げられている話題です。タイトルどおりですが、「Time Crisis 4」に同梱されている「Guncon3」が海外では単品で販売されない(される予定も無さそう)と言う事が問題になっています。

マルチプレイ用にもう一つ購入したい場合でもソフトセットで購入しなければいけないと言うのはやはり変な話です。「タイムクライシス4」は私も既に予約を入れている訳ですが、実際には日本よりも北米で受けるジャンルだと思います。力を入れるべきであろう北米市場でこのようにイメージダウンになるような施策を取るというのはどうにも理解できないのです。

今回の件はナムコバンダイ(北米ではNamco Bandai)の評判には決してプラスにならないでしょうし、個人的にはPS3に火の粉が降りかかってくる可能性すらあります。何より日本では単品で販売が予定されている訳ですから。

まさか、年明けにXbox360版を発表するためにガンコン3を確保していたなんてオチじゃないすよね(笑)

http://ps3.psu.com/Namco-Bandai-refusing-to-sell-Guncon-seperately-News--a0002124-p0.php

       
 

PS3 プッシュ型情報配信の可能性 12/9


私はブログを始めるようになってからゲーム関係の情報を積極的に収集するようになりました。それまでは自分自身の好きなジャンル(RPGや2DSTG)しか興味がありませんでした。

お陰で今までは興味が無かったFPSの情報にも触れる機会が増えましたし、今でもFPS自体は得意ではありませんが「HAZE」「CALL OF DUTY4」「Unreal Tournament3」「KILLZONE2」辺りは確かに惹き込まれる世界観や映像表現を駆使した最先端のゲームだと思います。

逆にブログを運営していなければこのような期待のFPSは勿論、「アンチャーテッド」は難解そうなアクションとして、「ラチェット&クランク」も子供向けのアクションと敬遠していたでしょう。私自身もネット掲示板等で溢れている「PS3はゲームが無い」とボヤいているユーザの一人だった可能性もあるのです。

例えばメディアクリエイトの最新ランキングを見てみると、PS3は殆どソフトが売れていないにも関わらず本体は3.7万台も売れています。11月に本体を購入した人の大半はウイイレと無双5がイニシャルソフトになっているとは思うのですが、彼らはそれらのソフトに飽きた後に「あ~あ、やっぱりPS3はゲームが無いや・・・」とボヤく可能性が非常に高いのです。

実際には「まいにちいっしょ」のような有料コンテンツも無料配信されていますし、PSNでは多数の体験版やデモムービーが入手できます。自分で調べる気になれば幾らでも情報は転がっているのです。

私のような気楽なブロガーの立場としては、今頃「PS3はゲーム不足」と本気で言っている人は「情報弱者」ですし、そうでない輩は「他機種信者」と断言できます。後者は相手にする必要はありませんが、前者に関しては深刻です。SCE側がどれだけネットやXMBのインフォメーション機能でアピールしても自分自身で情報を入手しようとしないのですから。

Xbox360のインタフェイスは洗練されているとは感じません。レイアウトの雑多さやデザインの悪趣味さはまさしくマイクロソフトのセンスですし、レスポンスも悪いです。しかしPS3のXMBに対してこれだけは優れていると感じる部分は「情報をひたすら押し付けてくる」事です。ユーザの目に嫌でも情報が流し込まれる訳で、下品ではありますが効果的です。

ですがこの辺りはCoolなXMBとは相反する要素ではあります。PS3もシステムソフトウェアVer2.00から「インフォメーションボード」を設置する事により少しでもプッシュタイプの情報をユーザの目に触れさせようとしていますが、XMBの邪魔をしないような控えめのレイアウトですので効果がどれほどあるのかどうか。それに簡単にオフに出来てしまいますし。

SCEには購入検討者に対してTVCM等による積極的アプローチを行うのは勿論ですが、購入後のアピールも意欲的に行っていただきたいのです。例えばXMB時に5分間操作が無ければPSNに配信されているプロモーションムービーをランダムにストリーミングで再生するとか、Sonyらしいハイセンスなプッシュ型アプローチの方法は幾らでもあると思います。

       
 

PS3 「アンチャーテッド」追加要素は現在予定無し 12/9


恐らく購入者満足度が100%に近いのでは無いだろうかと勝手に思っている「アンチャーテッド」ですが、開発のNaughty Dogによると現時点でダウンロードコンテンツ(DLC)やマルチプレイヤー要素の追加予定は無いとの事です。メダルは来年春予定の「Home」のトロフィー機能へと連動していくだろうとも。

また「アンチャーテッド」はPS3のパワーの1/3(33%)程度を使用しているに過ぎない、ともコメントしています。この辺りは勿論リップサービスが大きいのでしょうが、ハード発売から1年の段階で性能を全て引き出したソフトがリリースされたことはありませんし、元々開発が難しいと言われているPS3が相当の余力を残しているのは間違い無いでしょう。

そして来週には現時点でのPS3における最高性能を具現化したソフト「グランツーリスモ5プロローグ」がリリースされます。体験版で既に1080p×60フレームを、製品版では更に16台によるオンラインレースが実現されています。つまりはGT5の原型はこの時点で既に出来上がっているわけです。実に楽しみですね。

http://www.ps3fanboy.com/2007/12/08/evan-wells-chats-about-the-future-of-uncharted/

       
 

PS3 「Soldner-X」最新トレイラー 12/8


個人的に無茶苦茶期待している2Dシューティング「Soldner-X」の最新トレイラーが公開されています。既にPSNでは「BLAST FACTOR」「STAR STRIKE HD」と2DSTGが配信されてますが、「Soldner-X」は私が一番好きな強制横スクロールSTGです。自由スクロール型の方が今風ですけど、強制横スクの不自由さが良いんですよ。

PS3の性能を使い込んだとは感じませんが、2DSTG事体が進化が止まっているので別次元のゲームに感じます(笑)私はタイトーやアイレムがPS/PS2で出していた3D風2DSTGが大好きでしたので、PS3用に新フランチャイズを展開して欲しいんですけどね。「Gダライアス」「レイストーム」「レイクライシス」「R-TYPE⊿」「R-TYPE FINAL」どれも良かった。アイレムは一応PS3用R-TYPEがアナウンスされているけど、タイトーは今は親会社がスクエニだから厳しいかな、あの社長じゃね。

しかし今では「シューティングゲーム」とはFPSの事を指すそうで、オールドゲーマーにとっては寂しい限りです。「Soldner-X」も大ヒットは難しいと思いますが、80年代のゲームセンターが好きだった人に人気が出そうですので日本でも必ず配信して欲しいものです。

PC版公式
http://www.soldner-x.com/index.php?option=com_content&task=view&id=25&Itemid=38

       
 

PS3 アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝 12/8


Amazonから金曜日に到着していたのですが、じっくりプレイしたかったので翌日開封しました。ネットを見ていると既にクリアしている方もいらっしゃいますね。私はじっくりプレイする人ですので年内にクリア出来れば良いかなといった感じです。ラチェットもまだクリアしていませんし、グランディア3も平行プレイ中ですしね。

さて「アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝」。発売前から評価は高かったですし体験版も文句なしだったのですが、製品版も期待を裏切らない出来栄えです。事前情報を殆ど入手せずにプレイしましたので、体験版の場所からスタートしていなかった事に少し驚きました。そういや体験版のスタート時に「4」とありましたね。

このゲームは謎解き、探索アクション、ガン&格闘戦がシームレスに含まれています。序盤の段階ではガン&格闘パートと探索パートは切り分けられています。具体的にはネイトを狙う敵を一掃した後に自由にその場を探索すると言う形式が主流となっています。また、同じ場所でも進行フラグを立てれば新たな敵が出現することもあります。

FPSは苦手な私ですが、アンチャーテッドの銃撃戦は肩越しの視点が基本になりますし、基本は物陰に隠れて狙い打つと言ったスタイルになりますのでそれ程苦にはなりません。敵さんの台詞がベッタベタで結構笑えます。

戦闘シーンも面白いのですが、このゲームの肝は探索アクションでしょう。「おいおい」と思ってしまう距離の岩岩を飛び移りながら、色々な物体にぶら下がりながらネイトさんは地下遺跡だろうと古城だろうと潜入してしまいます。「ランドストーカー」辺りの難解なアクションを連想するベテランゲーマーもいらっしゃるかもですが、ミスしても直前に戻って何度でもやり直しが出来ます。「乗り越える」楽しみよりはゲーム演出を楽しむ手法の一つとしての扱いです、私のようなヌルゲーマーにはうれしい配慮ですね。

改めて感じたことですが、このゲームは映像表現はとことんリアルを追及していますがゲーム部分は相当にデフォルメされています。ネイトはボヤいてばかりいますが実はスーパーマンです。5発ぐらいは銃で撃たれても平気ですし、1分も待機してればダメージは回復してしまいます。壁をよじ登ったり岩壁にぶら下がったりと腕力も尋常ではありません。体力のあるスーパーマリオのようなキャラクタだったりします。

私もプレイ中、敵さんにパンパン撃たれて「蜂の巣やん・・・」と呟きながらも辛うじてピンチを切り抜けたり、断崖絶壁を片手でぶら下がりながら飛び移っていく光景を「んなアホな・・・」とか思いながらもゲームの世界に没頭しているのです。不思議なことにアンチャーテッドの完成された世界の中でネイトさんは躍動するヒーローとしてごく自然に存在できるのです。この辺りは緻密に作り上げた世界観やゲームバランスの賜物なんでしょう。

久々にアクションゲームを数時間プレイしてしまいました。現在どこまで進んでいるのかは判りませんが、絶妙なバランスも含めて「止めどころが難しい」ゲームは本当に久しぶりです。難易度も選択できますし、「アンチャーテッド」はアクション全般が苦手な人にこそ遊んで欲しい贅沢な「大人のゲーム」です。

最後に今日の絶景

Uncharted_1208_1

余談
私はアンチャーテッドをプレイするにあたりブラビア液晶とXEL-1(有機EL)に同時にプレイ画面を映していたのですが、序盤に地下遺跡を探索する面ではXEL-1と液晶の「黒の表現力」の差をまざまざと感じました。液晶TVの場合は暗い場面は殆ど潰れてしまいますので輝度を高める必要がありますが、XEL-1はそれが全く不要でした。暗い場面でも暗部をきっちりと、明るい場面は更に色鮮やかに表現しきってしまいます。やっぱり液晶TVは地デジ専用になってしまいそうです。

       
 

PS3 グランツーリスモ 5 プロローグ TVCM開始 12/8


ようやく公式でTVCMが配信されました。実写のGT-Rが走行中にゲーム画面に切り替わる内容ですが、ゲーム映像が若干短いこと以外は不満はありません。音楽もベタですが派手ですし「お、なんだろう」と思わせる効果は十分に果たしていると思います。

しかし年末一番の目玉タイトルなんですから、もう少し早めにCM投入して欲しかったような・・・。GT5Pに限りませんが、SCEJのCMタイミングは大抵発売1週間前です。CM予算も限られているのかもですが、ぎりぎりでCMを流しても少し遅いような気もします。GT5Pは東京モーターショーの期間に引っかかるタイミングぐらいで流しておけば本体の売り上げにも繋がってたんじゃないかなぁ。

Gamespot
http://japan.gamespot.com/ps3/news/story/0,3800075348,20362798,00.htm?ref=rss

公式
http://www.gran-turismo.com/jp/news/d1498.html

       
 

PS3 アーマード・コア フォーアンサー 12/7


フライング情報は出ていましたが、ようやく公式にも発表されました。そういえばオリジナルのAC4が発売されたのは1年前でした、当初予定されていたソフトが軒並み延期されていく中、比較的順調に発売されたAC4には大いに期待していたのですがプレイした最初の感想は「こんなものなのか?」でした。

確かにPS2版に比べると飛躍的に映像は向上しているのですが、私の予想を下回っていたのも事実です。ロンチやし仕方ないかな、まだ使いこなしてないんだろうなぁ。と思っていたのですが、少ししてからXbox360版が発表されたのを見て得心しました。最初からマルチ前提で作ってたんやね、と。

今回のAC4AのベースはAC4でしょうし、最初からマルチ作成ですのでグラフィックの激的な進化も、尚且つ例の如くボリュームもDVDに引っ張られてしまうでしょうから私としては期待していません。個人的にも操作はPS1時代の頃の方が「操作している感覚」になって楽しかったし。

色々書いてしまいましたが、AC4Aで迷走していたフロムがどのような方向性を見つけ出したのかが少しでも確認できたらと思っています。フロムは色気を出してマルチにするより一つのハードを徹底的に使い込んだ方が持ち味出せると思うんですけどね。

2008年1月10日にはAC4のベスト版が発売されます。3000円を切る求めやすい価格になっています。ようやくPS3も1年が経過してソフトの厚みが出来てきたんだなぁと感じましたね。

公式
http://www.armoredcore.net/acfa/

ファミ通
http://www.famitsu.com/interview/article/1212269_1493.html?ref=rss

       
 

PS3 PSN 最新情報 12/7


今回からタイトルを短く変更しました。来週発売の「GT5P」のGT.TVもPSN経由で映像配信が行われますが、PLAYSTATION Storeとは基本別ですから広義のPLAYSTATION Networkと表現することにしました。

話は変わりますが、北米のニュースサイトで「日本ではPSNのDLタイトルが全く商売になっていない」と揶揄されていました。クレジットカード支払いに対する抵抗が未だにあるからでは?との分析でしたが、確かに日本ではパッケージソフトがやっぱり強いですね。課金手段も増やしていっていますし、今後は傾向も変わってくるとは思います。GT5PのパッケージとDL版の販売比率が公表されるなら、実に興味深いデータになるでしょうね。

北米PSN
Game
・High Velocity Bowling ($9.99)
・Wild Arms PS1 game ($5.99)
Demo
・Timeshift Multiplayer demo
Add-on
・Motorstorm "Falfer Domino" add-on ($0.99)
・Folklore add-on 1 ($3.99)
・Folklore add-on 2 ($3.99)
・Folklore add-on bundle 1 ($5.99)
・Rock Band "Black Sabbath" pack 1 ($5.49)
 "N.I.B" cover ($1.99)
 "Sweet Leaf" cover ($1.99)
 "War Pigs" cover ($1.99)
Movie
・GTA IV "Move up, ladies" trailer
・Metal Gear Solid 4 TGS 2007 trailer
・Uncharted "Environments" video
・Timeshift "FPS Video 3"
・Turok interview trailer 1
・Battlefield "Frostbite" video
・The Legend of Zorro Blu-Ray trailer
Other
・Uncharted theme
・Ratchet & Clank theme

欧州PSN
Demo
・Kane & Lynch demo
Add-on
・Motorstorm "Domino & Adventure" vehicle pack (£1.49)
・Folklore "The Origin of Belae" add-on pack (£1.49)
Movie
・Blazing Angels 2 Multiplayer trailer
Other
・Mesmerize theme
・Tori Emaki theme
・Heavenly Sword theme
・Snakeball theme
・Lemmings theme
・Killzone 2 theme
・Singstar theme

日本PSN
・「魔界戦記ディスガイア」プロモーションムービー

今週も北米PSNに「High Velocity Bowling」が配信されています。これが気軽にプレイするには結構面白そうなんですよね、この辺りはWiiの方が向いているのでしょうけど、持っていないし。お約束ですが「PAIN」はまだか・・・。

「Kane & Lynch」のデモをプレイしました。アメリカ人が好きそうなTPSでしょうか、取りあえず視点操作が逆に出来ないので軽く酔いながらも周囲の味方を手榴弾で痛めつけてやりました(笑)グラフィックも綺麗ですし、体験版にもマルチプレイがありますので興味がある人には良いと思います。でも、EIDOSならトゥームレイダーのリメイク版もPS3に出して欲しかったところ。

ちなみに欧州PSNのやる気の無さが海外サイトで指摘されていました。確かにXMBテーマで水増しされてますね。せっかく欧州ではPS3は検討中なんですから息切れしてもらっても困ります。

       
 

Blu-ray ゲオ「HD DVD」陣営の米映画会社にBDソフトの発売を要望


今週はBlu-ray関連の明るいニュースがたくさん有りましたが、個人的には一番夢を感じるニュースでした。まぁタイトルだけ聞くと冗談かな?と私も思ったのですが(笑)

HD DVD専属の「米映画会社」となると、具体的にはパラマウントとユニバーサルの2社になります。色々と噂のある両社ですので現実的には「日本だけでも」BDを出すなんて事は厳しいのでしょうが、真の狙いは日本国内の映画会社に対する牽制でしょう。こうやって日本のメディアに取り上げられるのは大きなことです。

東芝とどのような繋がりがあるのかまでは詳しくないのですが、何故か日本国内の次世代ディスクのリリース状況はHD DVDが優勢に感じるところもあります、特に実写。松竹の「武士の一分」なんぞHD DVDのみでリリースされてますが、果たして1000枚以上売れたのでしょうか。まぁ松竹側としてはDVDが売れるだろうから気にもしてないのでしょうが。

ハード的には完全に決着が付きつつありますが、邦画のBDリリースが積極的になったタイミングが「完全終戦」の時期でしょう。後はジブリの宮崎ブランド作品ですかね。

そして何故かソニー傘下でありながら全くやる気を感じないアニプレックスにも正義の鉄槌を下して欲しいものです。

ついでにWOWOWはHD DVDタイトルを重点的にHV放送すれば契約者も増えるでしょうから頑張ってください。

とりあえずゲオのレンタル店が難波近辺に出来たら会員になろうと思います。

http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2007120600823

       
 

PSPも熱い 12/6


9月に発売された新型PSPが好調なセールスを記録する等、PSPは景気の良いニュースが多いですね。まぁPS3関係はどうしても地域ごとにメディアの温度差が激しいのでアレですが。

・「モンスターハンターポータブル2nd」が出荷150万本
ソフト売り上げの数字ではありませんが、今でも順調にセールスを伸ばしているのは素晴らしい事です。残念ながら「モンハン」ブランドは3のゴタゴタにより私にとっての印象は最悪の部類ですが、PSPを盛り上げたソフトとして評価はしてくてはいけません。

・「みんなのGOLF ポータブル2」に勢いあり
結構売れているようです。今週のソフトセールスの注目株ですし、長期的な売り上げも期待できます。しかし出来るならPS3版「みんなのGOLF5」との連動機能も欲しかったところですが、今後のアップデートに可能性を感じたいところ。

・「PHANTASY STAR PORTABLE」2008年に登場?
ファミ通のフライング情報のようですが、PSOのPSP版、通称「PSP(紛らわしいですな)」が発売されるようです。実のところ私はRPGラバーを名乗っておきながらPSシリーズは殆どプレイしていません。シャイニングシリーズは大好きだったんですけどね。個人的にはオンラインモードよりもガッツリと作りこんだオフラインRPGとしての「PHANTASY STAR」新作を遊んでみたいものです。

・「無双OROCHI」2008年2月21日発売
私は初代「真」無双をプレイしたときに「こりゃスゲェ」と驚愕したっきり、放置していました。正直一発ネタだと思っていたのですが、ここまで派生してコーエーを引っ張る人気ブランドに成長したのは凄い事です。その派生タイトル「無双OROCHI」がPSPにも登場します。まぁモンハン同様にPSPをガンガンと盛り上げる効果を期待したいところです。

・PSP Storeは必要か?
海外サイトでは「PSP Store」の必要性を問う記事が掲載されています。確かにPCやPS3を一旦経由してPSP用コンテンツを入手するのは面倒です。PSPのネット機能で直接DLできれば手間も省ける訳ですから便利ですよね。ただ、アーカイブスに関してはコンテンツを購入すればPS3でもPSPでもプレイ出来ますので、少しお得な気分になれます(笑)メモリースティックの大容量化に伴い、今後はゲームソフトのダウンロード配信も増えてくるでしょう。12月20日からは「どこいつ」の独自コンテンツのDL配信が開始される訳ですから。

・携帯ゲーム機のメリット
PSPに限りませんが、携帯ゲーム機の一番のメリットって何だろう?と考えてみると、大抵の人は「どこでもプレイできる」と答えるのかも知れませんが、私は「表示デバイスが固定されている」事だと考えています。
表示デバイスが均一の性能だからこそ開発側も躊躇無く最高性能が使えるのです。これがTV接続が必須となる据え置きハードではそうもいきません。いくらPS3を所有していても14インチのSDTVに黄色端子で繋いでいるのではWiiと比べても大差は無いでしょう。
これは極端な例ですが、HDゲーム機ソフトを開発する側もSDTVでプレイする人の事も考慮しながらゲーム設計を行う羽目になっているのです。

だから私は携帯ゲーム機だからこそ、高い性能の表示デバイスを用意するべきだと考えています。次期PSPも800×480の有機EL搭載ぐらい性能をおごってくれたなら携帯ゲーム機は新しい次元に昇華するでしょう。勿論PSPとの完全互換でアーカイブスにてPS2ソフトの完全エミュレートあたりも期待したいところです。

でもまぁ、2万円台ではさすがに難しいか・・・。

       
 

PS3 PLAYSTATION Store最新情報 12/6


本日は日本Storeのみの更新です。「PAIN」はまだか?いい加減しつこいですが、年内配信本当にお願いします。

日本Store
Game
・PixelJunk MONSTERS
・PixelJunk MONSTERS カスタムテーマ
Add-on
・FolksSoul-失われた伝承- クリスマスパック
・MotorStorm ニューマシンパック Vol.4

「FolksSoul」のアドオンがマメに配信されていますね。海外でも取り上げられてますし、完全な和ゲーとは若干違う雰囲気が受け入れられているのかも知れません。

さてようやく明日は「アンチャーテッド」が到着しますし、来週はいよいよ「グランツーリスモ5プロローグ」も発売&配信されるんですよね、時間が幾ら有っても足りないのに仕事も忙しいと来てたりして。

       
 

ゲームソフト売り上げ情報 12/6


先週のソフト売り上げ速報です。

【集計期間:2007年11月26日(月)~12月2日(日)】
1  NDS  レイトン教授と悪魔の箱  294,000(294,000)
2  Wii  Wiiフィット  261,000(261,000)
3  PS2  SDガンダム ジージェネS  252,000(252,000)
4  NDS  ドラゴンクエストIV  135,000(732,000)
5  PS2  戦国BASARA2 英雄外伝  95,000(95,000)
6  NDS  マリオパーティDS  80,000(539,000)
7  PS2  ウイニングイレブン 2008  74,000(368,000)
8  360  アサシン クリード  41,000(41,000)
9  Wii  マリオ&ソニック AT  41,000(103,000)
10 NDS  遊戯王WC2008  35,000(35,000)

12  PS3  ウイニングイレブン 2008 
16  PS3  真・三國無双5 
※タイトルの一部を省略しています

予想通りPS3タイトルは10位にランクイン無しでした。トニホも圏外ですので数千本程度のセールスでしょうか、日本では絶対に売れないジャンルですので仕方ないですね。

1位はNDSの「レイトン教授」最新作。話題のWiiフィットが2位に入りました。私もWiiフィットは若干興味があるのですが、間違いなく続かない自信がありますのでそのためにWiiを購入する気にもなれず。

Xbox360版の「アサシン クリード」が4万本と悪くない本数です。来年のPS3版は不具合問題もありますし、DMC4と競合しますのでPS3版アサクリ購入者は洋ゲー好きでXbox360未所有の少数派になりそうです。とりあえずUBIは「根性入れて不具合直せ、話はそれからだ」と言いたい。

来週は「ロストオデッセイ」「みんなのGOLF ポータブル2」あたりがどれぐらい食い込んでくるのかが興味ありますね。「アンチャーテッド」は3万本以上売れたら上出来だろうなぁ。あと、12月のPSPは良作がゴロゴロですので期待しています。

http://japan.gamespot.com/news/story/0,3800076565,20362672,00.htm

       
 






nend
DMM