PS3 PlayTV最新映像


PlayTVの最新映像が掲載されています。
記事によると「操作は実に軽快」「EPGやメニューシステムは機能的」とソフトウェアに関しても好評のようです。実際に映像を見ても画面切り替え等の操作はすこぶる迅速に動いています。

興味深いのは「現行はPS3ゲームをプレイ中は録画が出来ないが、将来的には対応されるかもしれない」と言う事です。実現するならばPlayTVは一気に実用的なタイムシフト録画機に変身してしまいます。

しかし気になるのはPlayTVの為にゲームソフト開発側がどれだけのSPEを事前に解放しておく必要があるのか?と言う事です。現時点でSPEをフルに活用したゲームソフトは存在していませんが、将来的には登場するかも知れません。しかしその将来のタイミングで「PlayTVがあるからSPEは○個までしか使えないよ」と言うのではPS3が当初想定していたフルパワーを実現する事が出来なくなるのかも知れません。それはPS3ラバー、ゲームファンとしては少し残念でもあるのです。

とは言えPlayTVは魅力的なデバイスで有ることには違いありません。考えれば欧州発売はもう来月だったりするのです。

http://www.bbc.co.uk/blogs/technology/2008/02/ps3_takes_on_slingbox_and_wins.html
http://threespeech.com/blog/?p=884

       
 

PS3 PSN最新情報 2/14


PSP「MyStylist」と言えば昨日の「明石屋さんちゃんねる」で美人制作スタッフが取り上げられていましたね。ソフトとして私の需要は無いのですが、制作者が表に出てくると興味は沸いてきます。

日本PSN
Game
・BLAST-FACTOR アドバンス(追加パック)
Game Add-on
・アガレスト戦記 カスタムテーマ
Movie
・みんなのGOLF5 最新アップデート情報ムービー
・アンチャーテッド エル・ドラドの秘法 PV
・MyStylist PV

SCEタイトルのPVはどれも面白かったのですが、こういう内容を「わざわざダウンロード」しなくてもPS3ユーザに伝える手法はやはり必要だなと感じました。XMB画面で数分間放置していたら勝手に流れるようにとかは出来そうなものなんですけどねぇ。バックグラウンドでダウンロードして次の日には自動削除すれば良いだけですし。

       
 

ゲームソフト・ハード売り上げ情報 2/14


今週はVG更新も早かったですね。

【集計期間:2008年2月04日(月)~2月10日(日)】
1  Wii  大乱闘スマッシュブラザーズX   300,938(1,143,474)
2  PSP  ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威   98,851(98,851)
3  Wii  Wiiフィット   74,897(1,425,598)
4  PS3  デビル メイ クライ 4   35,762(244,599)
5  NDS  マリオ&ソニック AT   24,628(200,420)
6  Wii  Wii スポーツ   20,242(2,821,118)
7  PS2  テイルズ オブ デスティニー DC  17,206(130,744)
8  NDS  マリオパーティDS   16,261(1,612,085)
9  Wii  初めてのWii   15,857(2,241,686)
10 PS3  アサシン クリード   15,789(47,750)

17 PS3  魔界戦記ディスガイア3   11,606(69,619)
28 PS3  ニード・フォー・スピード プロストリート  6,680(22,762)
40 PS3  コールオブデューティ4   5,115(89,892)
53 PS3  トランスフォーマー THE GAME    3,583(3,583)
63 PS3  ウイニングイレブン 2008   2,996(289,371)
64 PS3  真・三國無双 5   2,905(393,614)
71 PS3  グランツーリスモ 5 プロローグ   2,304(208,530)
74 PS3  みんなのゴルフ 5   2,205(444,857)
100 PS3  アンチャーテッド   1,164(56,526)

※タイトルの一部は省略しています

【ハード販売(日本)】
Wii   81,089 (5,285,779)
PSP   80,902 (8,317,751)
NDS   59,604 (22,067,265)
PS3   23,259 (1,927,843)
PS2   10,100 (22,393,747)
360   3,040 (578,342)

【ハード販売(世界)】
NDS   447,188 (21,493,261)
Wii   419,938 (67,179,666)
PSP   194,956 (31,148,603)
PS3   163,990 (9,940,538)
360   145,030 (16,983,446)
PS2   109,389 (116,210,194)
GBA   4,157 (79,567,361)
NGC   168 (21,514,759)

※「デビル メイ クライ 4」世界販売比較
2 360  Devil May Cry 4   363,430(406,347)
4 PS3  Devil May Cry 4   290,487(499,324)

ソフトもハードも全体的に低調な週でした。その中でもPS3版「デビル メイ クライ 4」は2周目も悪くない数字を残しています。「魔界戦記ディスガイア3」もRPGに餓えたPS3ユーザの支持を得ているようです。国内タイトルでは2/21の「ロストプラネット」、オリジナルタイトルでは3/6の「龍が如く 見参! 」までは低調な数字に戻るでしょう、それまでDMC4やディスガイア3が数字を延ばせるかが注目ですね。

ハードについてはそろそろ全世界で1000万台の大台です。英国でも100万台突破のニュースが出ていましたね。PSPは相変わらず好調です、さすがにNDSは飽和気味で次の携帯機として選択されているのでしょうかね。PS3も「Wiiの次」と言う認識のユーザも多いようですので、今後は若年層を中心に裾野が広がっていく事が期待できます。

参考までに「デビル メイ クライ 4」の全世界販売比較を掲載しました。欧州ではほぼ互角、北米では10万本差でXbox360、日本での大差もあって累計ではPS3版が9万本近い差を付けていますが今後の北米の動きに注目です。初期インストールについてのネガティブな事前報道やPS3版の方が若干高かったりと不利な要素も存在しているのも事実です。欧州の伸びに期待したいところです。

http://www.vgchartz.com/japweekly.php

       
 

PS3 英国で100万台突破


英国でPS3の販売台数が100万台を突破したとの事です。欧州では2007年3月23日に販売開始されていますので、46~47週での達成と言う事になります。

これはPS2の50週、Xbox360の60週に比べると速いペースですし、Wiiの38週に比べても本体価格を考えると全く遜色の無い数字です。

ちなみに日本では35週で突破(VG調べ)していますが、この頃って1万台前後を行ったり来たりしてたんですな・・・。確かにこのままの台数で年末まで推移していたら危険と判断されてもおかしくなかったかもです。よく持ち直したものだ。

関連記事
http://www.psu.com/PS3-sells-over-1-units-million-in-the-UK--a0002728-p0.php
http://www.computerandvideogames.com/article.php?id=182265

       
 

PS3 PS2ソフトのダウンロードとソフトエミュの可能性


PSNディレクター Eric Lempel氏が雑誌記事にて「PS2ソフトダウンロード」と40GB版PS3におけるPS2ソフトエミュの可能性についてコメントされています。

まぁSCEJでもエミュレーション技術者を募集していたりとPS2のソフトエミュレーションに対して何らかの動きを行っている事は事実でしょう。(今は募集ページは消えてたりします)

しかしPSN関係の偉い人のコメントと考えると意味深です。元々PS3によるPS2エミュレーションが困難である最大の理由がGSの帯域にあると言われている事は有名で、恐らくは現行のエミュレーションソフトでもある程度のソフトは支障なく実行できるのでしょう。しかし正式に公開するには十分ではない、要するに「動かないソフト」を検証するだけでも大変である事は容易に想像できます。

ですが、PS2互換機能を「ダウンロードタイトル」に限定すれば話は別です。十分に検証出来たタイトルだけを配信すれば互換性の問題は一応解決されますし、尚且つダウンロード収入も見込めるわけです。タイトル次第ですが1500円程度ならばお買い得感もあるのでは無いでしょうか。

勿論、これはユーザが望んだ形の「PS2互換機能」ではありません。しかし、「アーカイブス」のPS1タイトルが早くもネタ切れ(欲しいサードタイトルが殆どリリースされない)状況にありますし、PS2タイトルのダウンロードサービスには大いに期待しているのです。それに限定条件でも「PS2互換機能」を新PS3で一般に示す事が出来れば将来に期待できるというものです。

関連記事
http://www.computerandvideogames.com/article.php?id=182248
http://kotaku.com/355645/is-playstation-3-backwards-compatibility-dead-maybe-not

       
 

「明石家さんちゃんねる」を観る


TBS系「明石家さんちゃんねる」でSCEJ訪問があるとの事前情報がありましたので視聴しました。

登場してきた方はさすがに皆さん綺麗な人ばかりでしたね。でも一人だけ気になる人がいました。

「PLAYSTATION.TV」担当の方(名前は伏せます)です。
なかなか綺麗な方でしたが、個人的にはPS.TVはプロモーションとして不発企画だと思ってますので、ちゃんと改善しろ・・・と言いたくもなります。でもまぁ顔出しするぐらいだから社内的にはプロモーションとして大いに貢献していると言う評価なのか?それとも単に出演した人が担当だったのか?

個人的には「MyStylist」担当の方が一番好みだったり。

「無限回廊」の企画込みプロモーションもやってましたね。キャラの名前は本当にアレで行くのだろうか・・・。「デッセジェニー」は本当にさんま氏が考えたなら実にセンスの良いネーミングだったんですけどねぇ。

終盤はJAPANスタジオの職場も出てきていました。実に素晴らしい職場環境でしたね、私もあのようにパーテーションで区切られた集中できる職場ならもう少し良い仕事が出来そうな錯覚に陥ります(笑

でも、そういえば明石屋さんまって任天堂のCM出てたような・・・、だからPSP受け取りを拒否したのかな?

       
 

HDMI 1.3a/5系統で1万円を切るセレクタ


昨年は「HDMIセレクタ元年」でした。年末には「EVERGREEN EG-HDMI402」と言う4in/2outの素晴らしいセレクタも安価で登場し、私も愛用しています。若干のレスポンスは気になるものの2系統同時出力が可能なセレクタはこの価格帯では他には見つかりませんので購入してよかったと思います。

さて、今回はRWCから5in/1out及び3in/1outで電源不要のセレクタが発表されました。

HDMI×5ポート (RM-HDP5101) 予想価格 9800円
HDMI×3ポート (RM-HDP3101) 予想価格 6800円

リモコン無しは少々残念ですが、1万円を切る価格は魅力的ですね。欲を言えば電源とリモコンを別途追加できるようになってれば良かったのですが。

公式
http://www.rwc.co.jp/product/hdp/index.html

関連記事
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080213/rwc.htm?ref=rss

       
 

PS3 「NINJA GAIDEN Σ」の「the Best」版発売日を延期 2/14


延期が発表されましたが理由は不明。現行版は継続して発売されると言う事ですが、「Best発売されるのに買う奴いねーよ」でしょう。

まぁXboxの時代からMSとは密接だったテクモが「Σ」で少しだけPS3で開発したのがお気に召さなかったのかもですねぇ。

取りあえずテクモの情報はPS3関係の新展開が無い限りはこれが最後になりそうです。

http://japan.gamespot.com/ps3/news/story/0,3800075348,20367130,00.htm?ref=rss

       
 

PS3 PSN最新情報 2/13


月半ばのアーカイブスが配信されています。

日本Store
Game(PS3/PSP)
・信長秘録 下天の夢
・マネーアイドル エクスチェンジャー
・メールプラーナ
・マジカルダイスキッズ
・モータートゥーン・グランプリ USA EDITION
・わいわいカート

まぁ「モータートゥーン・グランプリ」ですかね、私はMTGP2には相当ハマった記憶があります。今回配信されているのは「USA EDITION」ですが、発売時系列を見るとMTGP2より後にリリースされてますね。

2008年のPS3に期待する事として色々と書きましたが、その中に「アーカイブス強化」があります。XMBが改善されそうであったり、homeのリリースであったりと色々とPS3の環境も良くなりそうな予感はしていますがアーカイブスだけは以前のままです。

正直、「あれ、初代PSってこんなに良質ソフトが少なかったけ?」と過去の記憶を疑ってしまいそうな状況です。

       
 

PS3 NCSoftのPS3専用MMORPGタイトルは2008年後半に明らかに 2/13


「リネージュ」シリーズで有名な韓国NCSoftがPS3専用のMMORPG開発に向けて契約したとのニュースは昨年既に報道されています。その後、殆ど情報が無かったのですが「2008年後半までにタイトルを発表する」とのコメントがあったようです。

また「ゲーム専用機用のインタフェイス」にも注力するようです。PC発のゲームソフトはマウスやキーボード操作を前提としている事が多いので、コントローラでの操作に違和感を感じる事があります。とは言えコミュニケーションにキーボードはやはり必須ですので、コントローラとキーボードの組み合わせ操作のバランスが重要ですね。

MMORPGといえば先日「スクエニのMMORPGタイトル」についても書きました。残念ながらPS3用のMMORPGタイトルは現時点で存在していませんので、本格的にソフトが揃ってくるのは2009年辺りになりそうです。

そういえば「エンジェルラブオンライン」はどうなったんだろうか・・・。

http://www.psxextreme.com/ps3-news/2566.html

       
 

もうおなか一杯?次世代光ディスク情報 2/13


次世代光ディスク関係の情報をある程度溜めていたのですが、とんでもない事になってきました(笑)

【日本語記事】
ワーナー・ショック」の本質
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0802/08/news037.html

レンタルビデオのNetflix、Blu-rayに一本化
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/12/news031.html

米Best Buy、Blu-rayを推奨フォーマットに決定
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080212/bd.htm?ref=rss

ヤフーにも来ました
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080212-00000025-zdn_n-sci

米流通大手、相次いでブルレイ単独支持を表明
http://www.technobahn.com/news/2008/200802121401.html

月探査機「かぐや」が撮影した月と地球のHD映像がHD DVD化
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080212/pony.htm?ref=rss

【海外記事】
東芝はBlu-ray機リリースの準備をしている?
http://1080living.com/modules.php?name=News&file=article&sid=30

某掲示板で拾ったネタ
http://www.resetmag.com/HTML/news.asp?InfoID=13010

※日本語記事が存在するニュースは海外リンクは省いています。

HD DVDが一番健闘しているはずの北米市場が真っ先に動いてきました。「Best Buy」は北米でも相当大手な家電ショップチェーンとの事ですので、日本で言えばヨドバシ・ビック・ヤマダあたりの店員が「Blu-rayがオススメです」と接客するわけです。

逆に日本のソフト会社は空気が読めない展開が見られます。「秒速5センチメートル」や「雲のむこう、約束の場所」のHDパッケージは、BD/HD DVDの両フォーマットで発売されます。ポニーキャニオンもNHKの魅力的なコンテンツをHD DVDだけでリリースします。実はHD DVDソフトが一番元気にリリースされるのは日本なのかもしれません。

このあたりは東芝が日本の企業だと言う点もあるのでしょうが、ソフト会社が中途半端に支援すると逆に東芝は撤退しづらいような(笑

一番下のリンクではフランスでのBD発売リストで、「Final Fantasy VII : Advent Children」が2008年8月予定になっています。まぁさすがに今年中にはリリースされるでしょうけどね。でも私は「FF13体験版がFF7ACのBlu-rayに同梱される」説を暫くは主張しようかと(笑

       
 

PS3 「PlayStation.blog」がXMB上に実装されるかも 2/13


PS3ラバーにとっては欠かせない情報源の「PlayStation.blog」がXMBのインフォメーションボードにて配信される計画があるとの事です。

皆さんはPS3の「インフォメーションボード」を使用していますか?レスポンスが悪くなる等の理由で機能をOFFにしている方も多いと思います。私もONにはしていますが、現時点ではそれ程意味のある機能だとは感じていません。まぁ「インフォメーションボード」に表示される情報は既に公式報道されている内容ばかりですので、情報を毎日収集している人間にとっては既に古い情報ばかりと言うのも大きいのですが。

しかしXMB上にPS.BLOGによる「公式の最新情報」が自動配信されるとなれば状況が変わるかも知れません。私もXMBの改善については色々と書いてきましたが、このアイデアは予想外でした。

「home」との位置づけもありますが、XMBの改善・改良も着々と進行しているようです。

最大の問題点は北米地域以外では「PlayStation.blog」が運用されていない事です。日本でも軽いノリで運用開始してほしいんですけどねぇ。

http://www.psxextreme.com/ps3-news/2567.html

       
 

PS3 「LAIR」改良版の可能性 2/12


残念ながら続編の話ではありませんが、改良した新バージョンの「LAIR」の可能性についてFactor5がコメントされています。

私にとっての2007年最高のゲームは「LAIR」でしたので、全世界で30万本程度しか売れていない状況に納得している訳ではありません。骨太な世界観・フルHDに挑戦した美麗極まるグラフィック・壮大な音楽・味のあるゲーム性、開発者の気概を感じる素晴らしいゲームです。とは言っても「アンチャーテッド」のような親しみやすいゲームと言う訳でもありませんので、無条件に誰にでもオススメできない事も事実です。

北米ではSIXAXISによるモーション操作が批判材料となっていましたが、操作に関してもゲーム中に関しても「とにかく説明不足」なのが誰にでもオススメできない理由です。この辺りを少し改善するだけで見違えるように生まれ変わるでしょう。

LAIRを楽しんだ立場としては「モーション操作一択」を貫き通して欲しいとは思いますが、アナログスティック操作にて遜色の無い操作感覚が実現できるならばユーザへの間口を広げる意味でも価値はあるでしょう。

例えは古いですが「アフターバーナー」も「ドラゴンスピリット」も改良バージョンにより大ヒット作品となりました。LAIRも改良版により再評価されるようになればファンとしても嬉しい事です。

それにFactor5にはWiiで稼いでもらってからPS3用ソフトを再度開発して欲しいと思ってますので、戻ってきてもらわないと困るのです(笑

http://ps3.ign.com/articles/851/851317p1.html?RSSwhen2008-02-11_161300&RSSid=851317

       
 

PSP 「コーデッドソウル -受け継がれしイデア-」 2/12


連休は「コーデッドソウル」にある程度は時間をかけることが出来ました。とは言いましても若い頃のように寝食を忘れてプレイする気にもなれないんですよねぇ、やっぱり生活リズムの維持は大切です。

さて、ファーストインプレでは大きな不満も感じませんでした。久々のRPGで「良作」になりそうなソフトに出会えた事は僥倖ですが、クリアしてみないと最終的な評価は下せません。個人的には駄作だったDQ7もエンディングの最後の手紙だけで私は全てを許してしまいまいましたので、本当に「RPGはクリアさせてナンボ」だと思います。

さすがに数時間ほどプレイしていると気になってくる部分が出てきます。RPGは繰り返し作業が大半ですので、基本的な操作性に不満が出ると最後までそれを引きずってしまいます。「コーデッドソウル」においても些細な不満点が幾つか見つかりましたので書いておきます。

勿論4章序盤時点での内容ですので、最後までプレイすると修正点も発生する可能性もあります。まぁ何も情報を得ずにプレイしていますので、全何章構成なのかも判りませんが(笑)

【戦闘中の操作がやや煩雑】
このゲーム、十字キーでは移動が出来ません。移動はアナログレバーのみになるのですが、理由としては戦闘中に十字キーを別の操作(ターゲット選択、武器選択)に使用する為でしょう。戦闘時と移動時の操作性を統一する必要があるのは理解できます。

しかしそれ以前に戦闘中に使うボタンが多すぎるようにも感じました。

戦闘中にコマンドで操作できるのは「アイテム使用」「味方への指示」「逃走」だけです。確かに慣れれば戦闘を停滞させることもありません。このあたりはアクションRPGとしての軽快感・爽快感を求めた結果でしょう。

しかし人それぞれでしょうが、私の持ち方ではアナログレバーよりも十字キーの方がボタンを押しやすい位置にあります。フィールド移動時は十字キーを使いたかったんですよね、移動しているとどうしても手が疲れてくるんですよ。このあたりはオプションで選択出来るように・・・って良く考えたらこのゲーム「オプションメニュー」が存在しなかったり。

【キャプチャー後のモンスターが確認できない】
倒したモンスターを「キャプチャー」して味方として一緒に戦えるのがこのゲームの売りです。モンスターは最大150体まで管理できますので、キャパに不満はありません。

しかしパーティに連れて行けるモンスターはバトルメンバー2体+リザーブ数体(恐らく最大4体)に限定され、パーティメンバー以上のモンスターをキャプチャーした場合は現実世界のライブラリに転送されてしまいます。

転送されてしまうとイデア(ダンジョン)で探索中にはキャプチャーしたモンスターのスペックを調べる事が出来ません。シナリオがある程度進むとイデア内と現実世界で通信が可能になりますので、イデア内からでもライブラリモンスターの閲覧ができるようにして欲しかった所です。

【立ち止まっていてもエンカウント】
ランダムエンカウントが基本ですが、実はこのゲームは立ち止まっていてもエンカウントする事があります。メニューを開いていると「活動限界」時間のカウントは止まるのですが、メニューを開いた瞬間にエンカウントして驚かされる事があります。「立ち止まっていても敵が見つけたら襲い掛かってくるでしょ?」と言った理屈なんでしょうかね。まぁ不満と言うか「敢えてそうした理由を知りたい」といった感じですね(笑)

【活動時間の数字が読みづらい】
イデア内に突入すると「活動限界時間」が右上に表記されます。戦闘時とメニュー画面時以外は常にカウントされていくのですが、背景によっては読みづらい場合が結構あります。まぁ限界時間になったとしても現実世界に戻されるだけでペナルティ等はありませんが、もう少し視認しやすくして欲しかった所です。

【走り方がASIMOみたい】
キャラ全般に言える事です。ゆっくりと歩いているときは普通なんですが、小走りのモーションがASIMOのようにしか見えません。PS3「アンチャーテッド」のような贅沢なゲームに慣れてしまったのもありますが、こういう細かいところに拘らないと次世代品質の維持は難しいんだろうなぁと改めて感じました。

【やや単調なブレイドワークス】
単調と言うよりは単純の方が適切かも。「ブレイドワークス」機能でモンスターと武器を合成して強い武器を生成して強化していきます。しかしベースとなる武器自体は1種類しかありません(現時点では)し、モンスターも先のステージで登場する能力の強いモンスターと合成すれば性能の高い武器が生成できます。

要するにステージが進むとモンスターをかき集めて現実世界に戻ってからパーティメンバーを組みなおして武器を強くする、繰り返しになります。女神転生のような複雑な合成パターン等は存在しませんので、やりこみ要素としては少し物足りないと感じる人もいるでしょう。

しかし逆に女神転生シリーズのような複雑なルールにしてしまうと、結局は攻略本等の助けを借りないと強い仲魔の合成は難しくなります。このあたりのバランスはややライト向けに調整しているのかなと感じました。

【とりあえず】
細かいところばかりですが、現時点で気になった点を列記しました。本当に些細な点ばかりだったり・・・。

このゲームは色々な要素を盛り込んでいますが、全体的なバランスは「ライト向け」です。見た目の渋さやプレイ要素の多様さに「面倒そう」と思っている方にも一度プレイしてもらいたいですね。

公式
http://www.jp.playstation.com/scej/title/codedsoul/

コーデッドソウル -受け継がれしイデア-コーデッドソウル -受け継がれしイデア-


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

噂 GDC2008でスクエニの新MMORPGが発表される? 2/12


相当以前から「ホワイトエンジン」を採用したゲームとしてFF13の他にも新MMORPGが予定されている事はゲームファンならご存知でしょう。しかし最近ようやく情報が出つつあるFF13に比べるとMMORPGの方はタイトルはおろか、「本当に開発しているのか?」すら現時点では定かではありません。

また「ホワイトエンジン」自体はクロスプラットフォームが宣言されていますし、FF11のビジネスモデルを考えるとワールドワイドなWindows用ソフト展開は必須でしょう。まぁ少なくともPS3用としてソフトがリリースされる「可能性が高い」事だけは間違いありません。

そのPS3用(ホワイトエンジン用)MMORPGがGDC2008で何らかの発表があるのでは?との噂が出ています。まぁ実際に発売されるとしてもFF13が無事リリースされ、尚且つPC用ホワイトエンジンが完成してからのサービス開始でしょうから相当先でしょう。私の予想では2010年です。

それでも「ちゃんと開発してますよ」程度でも良いのでコメントして欲しいですね、出来ればPS3だけでも先に出すとか口走ってくれたら最高(笑

私は「絆」と言う漢字を見ただけで表情が曇ってしまう残念な体質です。その最大の原因であるFF11に今更戻る気はありません。しかし、FF11はMMOビジネスの「成功例」との事ですから、新MMORPGが踏襲しない理由は無いでしょう。プロデューサーも同じ人ですし。
でも、PS3にスクエニの最新MMORPGが登場するのならば「嫌になるまで」はプレイしようかなと考えています。FF11も「嫌気がさすまでは神ゲー」ですから(笑)

関連記事
http://www.psu.com/Square-Enix-at-GDC-and-confirmed-new-MMO-as-well--a0002693-p0.php
http://www.psxextreme.com/ps3-news/2562.html

       
 

欧州ゲームソフトセールス 2/12


「Next Generation」に欧州の国別ソフトセールス情報が掲載されています。毎週の集計に使っているVGは欧州は日本・北米以外の国(Other)扱いですので、国別の集計はなにやら新鮮ですね。

Spain
01.   Wii Play (Wii)
02.   Burnout Paradise (PS3)
03.   More Brain Training from Dr. Kawashima (DS)
04.   Big Brain Academy (Wii)
05.   Dr Kawashima's Brain Training (DS)
06.   Link’s Crossbow Training w/ Wii Zapper (Wii)
07.   Mario Party 8 (Wii)
08.   Pro Evolution Soccer 2008 (PS3)
09.   WWE SmackDown! vs. Raw 2008 (PSP)
10.   Assassin’s Creed (PS3)

Germany
01.   More Brain Training from Dr. Kawashima (DS)   
02.   Wii Play (Wii)
03.   Pokemon Diamond (DS)
04.   Crysis (PC)
05.   Super Mario Galaxy (Wii)
06.   Call of Duty 4: Modern Warfare (PC)
07.   Burnout Paradise (PS3)
08.   Vision Training (DS)
09.   New Super Mario Bros. (DS)
10.   World of Warcraft (PC)

Sweden
01.   Guitar Hero III: Legends of Rock (PS2)
02.   World of Warcraft (PC)
03.   Guitar Hero III: Legends of Rock (360)
04.   Burnout Paradise (PS3)
05.   Counter-Strike 1: Anthology (PC)
06.   World of Warcraft: The Burning Crusade (PC)
07.   Call of Duty 4: Modern Warfare (PC)
08.   Burnout Paradise (360)
09.   Singstar Sweden hits Schlager (PS2)
10.   Guitar Hero III: Legends of Rock (Wii)

※PCゲームも集計に加わっています。

スペインでのPS3は素晴らしく健闘しています。今朝WOWOWで観たリーガの試合でも「PES2008」の広告が流れていました、PS3版だけがランクインしているのも意外です。また、全ての国でPS3版「Burnout Paradise」がランクインしていますね。

勿論、北米や日本に比べると市場規模がまだまだ小さいのも現実ですが、むしろこれから市場が拡大する余地も残されているわけです。欧州市場にも今以上に注目する必要がありそうです。

http://www.next-gen.biz/index.php?option=com_content&task=view&id=9041&Itemid=2

       
 

噂 「ACE COMBAT 6」がPS3に? 2/11


海外ゲーム誌「PSM3」の特集記事"2008 year of the ps3"において「ACE COMBAT 6」がリストアップされています。

勿論海外雑誌特有の「願望込みの予想」の可能性は高いですし、AC6には独占契約もあるはずです。Xbox公式でAC6のページを見ても「ONLY ON」の文字が踊っています。

しかし、少し調べてみると「ONLY ON」もWEB表記、パッケージ記載で契約が違う云々の話も私の認識とは違うようです。「エンチャントアーム」はパッケージにも記載されているにも関わらずPS3でリリースされましたので、結局はMSが販売に関わらない限りは「時限独占」どまりと推測できます。(ブルードラゴンのようにDSに移植されるパターンもありますが)

もう一つ穿った視点で考えると、AC6は全世界で40万本程度しか売れていません。フライトアクション系は日本よりも北米で人気の高いジャンルですので、Xbox360専用で発売しておきながらこの本数は「エースコンバット」シリーズのブランドイメージにも関わります。(ACシリーズは平均約120万本、据え置きハード限定なら平均約150万本の人気シリーズ)

そうなると「ACE COMBAT 6」ナンバリング単体の販売数字を稼ぐためにもPS3でリリースされると言うのは十分にありえる話です。少なくとも日本では「シリーズ販売本数=人気」との認識もあり、スクエニがFF13を出すタイミングを見計らっているのも販売本数を減らす事によるブランド低下を恐れての事でしょうから。

上記のような状況を踏まえると「ACE COMBAT 6」にもそろそろ移植報道があっても不思議には感じなくなります。まぁ現時点でPS3ラバーとしての私は海外ニュースをチェックしてニヤリとするだけで、PS3で発売されれば購入するかもしれないし、されないなら二度と購入しないだけの話です。

関連記事
http://www.n4g.com/News-109638.aspx

PSM3のスキャン記事
http://www.n4g.com/ViewImage-O109638-I109639.aspx

       
 

ロゴについて その2


しょうもない文章の続編です。

かなり以前に「ロゴについて」と言う「しょうもない」記事を書きました。私自身内容を殆ど忘れていたのですが、「Turok」の記事を書こうと日本語公式を閲覧した瞬間に「これこれ、この事だよ!」とかつての記事が記憶に戻ってきました。

Logo

この事ですよ(笑)
実際に長さを測ってみてもロゴマークを含めた横幅は同じですが、「PLAYSTATION3」の文字が全角サイズで尚且つ文字数も多いためにXbox360のオマケのような印象になってしまうのです。

新しいロゴマーク策定した方が良いんじゃないですかね・・・。

過去記事
http://mandom.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/ps3_1125_6033.html

       
 

PSP 「flOw」


「PLAYSTATION.BLOG」にも掲載されました。3月6日にPC用PSNにて配信されるとの事です。PS3用PSNには配信されないのですかね?

PS3版「flOw」は配信日に購入し、楽しませてもらいました。なるほど携帯向けのコンテンツとも言えますよね、PSPでも雰囲気を損なわない移植がされているようですし。個人的にはSIXAXISの6軸操作が気持ちよかったのですが、PSPのアナログレバーでどれだけ再現できるかどうかですね。

PLAYSTATION.BLOG
http://blog.us.playstation.com/2008/02/07/coming-to-psp-go-with-the-flow/

       
 

「テュロック」 2/11


ようやく日本版の発売日が決定しました。残念ながらXbox360版が4月10日、PS3版は1ヶ月半以上遅れて5月29日の発売になります。

北米版はどちらも2月4日に同日発売されてますので、日本版発売日のズレはローカライズの優先順位の差なのか、謎の政治力なのか、明らかになる事は無いんでしょうね。

下記の紹介記事でもPS3版はオマケのような扱いになってますが、北米PSNや欧州PSNでは体験版が配信されています。悪い出来とは思いませんでしたので、FPSラバーなPS3ユーザは期待していましょう。

公式
http://turok.jp/

紹介記事
http://japan.gamespot.com/ps3/news/story/0,3800075348,20366945,00.htm?ref=rss
http://www.famitsu.com/game/news/1213493_1124.html?ref=rss
http://watch.impress.co.jp/game%2Fdocs/20080208/turok.htm

TUROK(テュロック) TUROK(テュロック)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

勢い余って香港アカウントも取得 2/10


タイトルどおりですが、香港アカウントも取得しました。日本以外のアジア展開にも興味がありますし、何より英語が使えるページですから。

現時点ではゲーム関係コンテンツはどうしても北米・欧州・日本の3パターンで展開されていますが、HD映像コンテンツは地域別の独自展開があります。

香港PSNでも江若琳(Elanne Kong)さんを採用したPVが無料配信されてますが、1曲全てが収録されている贅沢なコンテンツです。ビットレートもAVCで15Mbps以上を維持していたりしますし。PV内ではPS3やPSPを使ったりピポザルが出てきたりするのでSCEの独自コンテンツなんでしょう。

ちなみに江若琳さんを少し調べてみると「ブルードラゴン」のイベントに参加したりと節操無く幅広く活躍されている女優&歌手のようです。綺麗な人ですけどね。

これからは香港アカウントにも注目していきます。

       
 

PS3 「Lost Planet: Extreme Condition」北米版デモが消えた件 2/10


「PLAYSTATION.BLOG」にも掲載されていますが、北米PSNから「Lost Planet: Extreme Condition」のオンライン体験版が削除されています。(2月10日時点)

ちなみに日本版はPSNに残っています。

原因は明記されていませんがオンライン上の不具合か、北米版特有の問題になるんでしょうか。北米や欧州の方が支持を受けるゲームジャンルだと思いますので、早急な対応をお願いしたいところです。

そういえば「アンチャーテッド」の体験版も配信初日のバージョンはリージョンチェックが入ってましたね、早急に修正されましたのでご存じない方も多いと思いますが。

PLAYSTATION.BLOG
http://blog.us.playstation.com/2008/02/08/lost-planet-extreme-condition-demo-update/

関連ニュース
http://www.psxextreme.com/ps3-news/2560.html

       
 

PSP 「コーデッドソウル -受け継がれしイデア-」 2/10


いつもゲームソフトはAmazonで購入するのですが、近所のゲームショップで購入してきました。その時にB5サイズで20ページほどのメイキングブックを頂きました。ゲームショップのオマケと言うのも悪くありませんね。

取りあえず最初のボス戦を終了した時点のファーストインプレです。

【どんなゲームなのか】
「真・女神転生」で有名な岡田耕始氏が率いるガイアが色々なアイデアを盛り込みつつも「骨太」に仕上げたアクションRPG、それが「コーデッドソウル」です。

【世界設定】
このゲームはRPGですが、一般的なフィールドや街の概念は無いようです。イデアと呼ばれる別世界(ダンジョン)に突入して異世界を探索していくスタイルになり、現実世界で行動できるのはイデアとの通行口となるゲートが存在する施設のみになります(あくまでも現時点では)。

また、最初のイベントでジェイ以外はイデアに突入する事は出来ない設定付けがされます。アクションRPGの操作できるキャラが一人しか存在しない事に対する理由付けを色々な手法で実現しているなぁと感心してしまいますね。

シナリオに関しては序盤も序盤ですので謎だらけです。主人公も病気持ちとかの設定もありますし、これから色々と謎が解明されていくのでしょう。

また、ネタバレにもならないので書いておきますが、「キーツ」の名前を冠したアイテムが序盤に登場します。「FolksSoul -失われた伝承-」のキーツの事でしょう。本編同士のデータ連動だけかと思いましたが、物語設定にも登場してくるとは思いませんでした。

【イデアとは】
よーわかりません(笑)ゲーム的には「ランダムマップ」と「活動限界時間」が特徴の広大なダンジョンのようなものです。

「ランダムマップ」でマッピング等は意味を成さない事になりますが、画面右下に周囲のレーダーが表示されますし、そこにはアイテム等も判るようになっていますのでそれ程迷う事は無いでしょう。「活動限界」時間も常に表示されていますし、時間切れでも現実世界に戻されるだけです。今のところはそれ程気にすることは無いのですが、終盤になると時間ギリギリのマップとかも登場するのでしょうか。

【渋めのキャラ、声優】
イラストレーター風間雷太氏のデザインで渋くまとめられています。声優陣もイメージに合わせており、特に主人公ジェイの声がカッコ良すぎます。また、最近人気の若本氏も意外な役で登場して異彩を放っていたりします。メイキングブックを見ると風間氏のイラストは実に濃密で美麗です。しかしPSPの液晶解像度ではその魅力を十分に発揮していないようにも感じました、できる事ならば風間氏の映像世界をPS3専用のゲームで見てみたいものです。

【戦闘システム】
「コーデッドソウル」はアクションRPGです。前述のとおりプレイヤーが直接操作できるのはジェイ一人だけですが、パーティメンバーとして捕獲したモンスターと一緒に戦う事が出来ます。捕獲方法は実に簡単で倒したモンスターの近くでRボタンを押すだけです。ボスキャラは捕獲できませんが、今のところ雑魚キャラは100%捕獲できるようです。このあたりはメガテンのような駆け引きも、ドラクエシリーズのような運要素も無いようです。

仲魔となったモンスターは最大2名までと一緒に戦う事が出来ます。簡単な行動パターンを指示する事も出来ますし、仲魔とコンボを決めて「絆ゲージ」が貯まると「絆リフレクション」と言う協力攻撃を繰り出す事が出来ます。このあたりはオート戦闘のパーティメンバーに対して「勝手に戦っている」感を解消するためにも有用でなおかつ面白いシステムだと感じました。

【とりあえず】
ファーストインプレは以上の通りです。少し荒い部分もありますが、意欲作である事は十分伝わってきます。シナリオも謎が多くてこれからの展開に興味が持てますし、先が楽しみなゲームです。

「FolksSoul」とのデータ連動等も試したいのですが、買っただけでまだ未プレイだからなぁ。それでも別会社のソフトがハードの垣根を越えて連動するというのは新鮮でワクワクするものです。Naughty DogとInsomniac Gamesのような関係になれば面白いですね。そして今後の「ガイア」制作PS3用ソフトにも期待したいものです。

公式
http://www.jp.playstation.com/scej/title/codedsoul/

コーデッドソウル -受け継がれしイデア-コーデッドソウル -受け継がれしイデア-


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

PS3/PSP 「無限回廊」 2/10


このゲームものすごく期待しているのですが、言葉やスクリーンショットでは伝えきれないので動画を張っておきます。

私の記憶では当初はPSP版「黒背景」、PS3版「白背景」と逆だったはずなんですが、知らない間にPSP版も白背景になっていますね。黒背景バージョンも捨てがたかったんですけどねぇ。オプションで自由に逆転できるようになっていたら嬉しいのですが。

発表当時の記事
http://www.famitsu.com/game/coming/1209602_1407.html

公式
http://www.jp.playstation.com/scej/title/mugen/


無限回廊 無限回廊


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

2008年はPS3の年


EAをはじめとして2008年におけるPS3の躍進をコメントしているソフトハウスは多数あります。それは他力任せの願望ではなく、開発に苦労した2007年に得た様々なノウハウが蓄積されてきた事による「確信」である事は下記の記事を読んでいても伝わってきます。

確かに2007年前半は質の低いマルチソフトに足を引っ張られた状況もありましたが、後半はハイレベルな専用ソフトは勿論、大手ソフトハウスを中心にマルチタイトルに関しても遜色の無いレベルの作品がリリースされました。

PS3の本来のパワーを発揮するためにはCellの分散処理を最大限に生かしたプログラムが大前提です。しかし、マルチタイトルの大半はXbox360をベースに開発していると言う状況を考えると、まぁ極端な話「PPE+RSX」のみの構成で同じ事をやろうとしている訳です。出来の悪いマルチタイトルの大半はSPEを殆ど使わない(使えない)ままに開発し、分離メモリの利点も有効に活用できないままに「Xbox360に似せた」だけですから質が悪いのは当たり前です。例えるならば、飛車・角・金・銀抜きで将棋をしているようなものです。

大手ソフトハウスは2007年末の時点で既に克服しています。下記記事の通りACTIVISIONは「Call of Duty 4」で技術力を見せ付けましたし、EAも開発苦をコメントしながらも「Burnout Paradise」ではPS3ベースで開発してハイレベルな作品を作り上げています。

個人的にEAが天晴れだと感じたのは、開発苦を口にするにしても「文句の無いレベルの作品をリリースしてから」の後日談的な扱いだった事です。「PS3はメモリがメモリが・・・」と発売前から保険をかけるように愚痴りながらリリースして案の定、と言ったソフトハウスとはやはり格が違うなと思いました。

それでもUBIは「Rainbow Six Vegas 2」ではPS3とXbox360を別開発にするなど、アサクリの反省を生かした開発体制を築いた事は評価できるでしょう。「同じHDゲーム機だからマルチで」といった安易な開発から、お互いのハードの長所を生かした開発にシフトしている訳です。特にUBIはフランス企業ですので欧州で勢いがあるPS3市場を無視することは、もはや不可能と言うわけです。

2008年は大手ソフトハウス以外の中堅どころも離陸しそうな勢いです。私としては日本のソフトハウスにも頑張って欲しいところですが、海外ソフトハウスとの技術差は広がる一方だと感じました。ゲームに関するアイデアは負けていないと思うのですが、それを実現する技術が一歩も二歩も遅れてますし、「技術に対する先行投資」を行っているようには感じられません。

保守的な「企業」になってしまったソフトハウスが「数が出ているだけのハード」で開発技術の研鑽を怠った結果の数年後を予想するだけで寒気がします。実際には現時点でもかなりのソフトハウスが先端技術から2周遅れぐらいでモタモタと走っている「フリ」をしている状況なのです。

PS3の「真の力」は2008年に
http://www.psxextreme.com/ps3-news/2555.html

アクティビジョンはPS3開発に苦労していない
http://www.psxextreme.com/ps3-news/2559.html

「Rainbow Six Vegas 2」は別々の開発
http://www.psxextreme.com/ps3-news/2557.html

       
 

PSP 「PATAPON」体験版


PSNに体験版が配信されています。少し遅れてプレイしましたが「実に面白い」です。リズムに合わせて四拍子でボタンを押しながら部隊に指示を出したりするゲームなんですが、実に映像や音楽、歌?のセンスが素晴らしい。女子高生を使ったCMも放映されましたが、女性は勿論、小さなお子さん、そして私のような「素晴らしいオッサン」でも楽しめます。

プレイしていると自然と笑顔になる「楽しい」ゲームと言うのも久々です。正直それ程ヒットしている訳では無いのですが、体験版も配信されたことですし一度試してみてはいかがでしょうか。とにかく世界観と歌声が良いのです。

でも、私はリズムゲームは苦手なんだよなぁ。パラッパの悪夢が・・・。

公式
http://www.jp.playstation.com/scej/title/patapon/

PATAPON(パタポン) PATAPON(パタポン)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

ゲームソフト・ハード売り上げ情報 2/9


最近更新が遅いような気もしますが、VGをマメにチェックするようになってから期間が浅いのでこんなものなのかも知れません。

【集計期間:2008年1月28日(月)~2月03日(日)】
1  Wii  大乱闘スマッシュブラザーズX   842,536(842,536)
2  PS3  デビル メイ クライ 4   208,837(208,837)
3  PS2  テイルズ オブ デスティニー DC  113,538(113,538)
4  PS2  涼宮ハルヒの戸惑   111,219(111,219)
5  Wii  Wiiフィット   70,594(1,350,701)
6  PS3  魔界戦記ディスガイア3   58,013(58,013)
7  360  デビル メイ クライ 4   42,917(42,917)
8  NDS  マリオ&ソニック AT   34,431(175,792)
9  PS3  アサシン クリード   31,961(31,961)
10 PSP  ウイニングイレブン 2008   24,355(97,884)

16 PS3  ニード・フォー・スピード プロストリート   16,082(16,082)
36 PS3  コールオブデューティ4   6,789(84,777)
58 PS3  ウイニングイレブン 2008   4,013(286,375)
67 PS3  グランツーリスモ 5 プロローグ   3,160(206,226)
70 PS3  みんなのゴルフ 5   2,782(442,652)
88 PS3  タイムクライシス 4   1,608(46,717)
94 PS3  Juiced 2   1,449(5,356)

※タイトルの一部は省略しています

【ハード販売(日本)】
Wii   97,723 (5,204,690)
PSP   69,655 (8,236,849)
NDS   69,511 (22,007,661)
PS3   39,676 (1,904,584)
PS2   12,299 (22,383,647)
360   6,108 (575,302)

【ハード販売(世界)】
NDS   421,386 (66,759,201)
Wii   338,304 (20,974,632)
PSP   185,738 (30,951,088)
PS3   158,629 (9,801,514)
360   114,546 (16,822,681)
PS2   113,838 (116,103,469)
GBA   4,550 (79,563,204)
NGC   217 (21,514,591)

今週は1月31日のソフトラッシュでPS3ソフトが大健闘しました。「デビル メイ クライ 4 」の20万本超えは期待通りの数字で、最終的には40万本近いヒットが見込まれます。予想外(失礼)だったのは「魔界戦記ディスガイア3」で、累計10万本は売れるかもしれません。超大作「ロストオデッセイ」よりも売り上げを伸ばす可能性もありますね。

本体は期待ほどは延びませんでしたが、他のハードに比べると健闘した方かもしれません。世界累計の1000万台も翌々週ぐらいになりそうです。

http://www.vgchartz.com/japweekly.php

       
 

PS3 「バーンアウト パラダイス」にB'z Carが参戦 2/9


EAによるPS3優先開発プロジェクトとして発売前から注目していた「バーンアウト パラダイス」。既に配信されている体験版でも出来の良さを確認できましたので、私は購入が決定しています。

ノリのよいDJによる解説も軽妙で海外ソフトの雰囲気を極力感じさせない丁寧なローカライズも魅力です。更にB'zによる楽曲の提供だけではなくオリジナルペイント車まで登場する気合の入り方には恐れ入りました。

まぁ本音を言うと楽曲やペイントカー自体については「どうでも良い事」だったりします。私自身はB'zのファンと言うわけでもありませんので。

それでもEAが日本市場に向けてキッチリとローカライズするだけではなく、日本人が興味を引きそうな話題をゲームの中に盛り込んでくる地道な努力に感銘を受けてしまいました。日本のゲーム市場は「日本開発の著名なソフト」だけが売れている現状ですが、「洋ゲーだから売れない」で諦めていては売れるはずがありません。

Electronic ArtsやACTIVISIONは世界最大級のゲームパブリッシャーですが、日本での知名度はそれほどでもありません。勿論洋ゲーを愛好するゲームファンにとっては巨大ソフトハウスですが、いわゆる「ライト」なゲーム層には名前すら知られていない可能性もあります。

それでもこのあたりの超巨大企業になると、「バーンアウト パラダイス」のような展開が今後も期待できるかも知れません。「ギターヒーロー」がエイベックスとコラボしたら、「FIFA」シリーズのJリーグバージョンが出たら、「Call of Duty」シリーズのキャラデザインを人気イラストレーターが手がけたら・・・興味が沸きますよね。

しかし、私自身ブログ内で何度も書いていることですが「SCEJはこういう努力をしたのか?」とやはり感じてしまうのです。全世界で100万本を越した「アンチャーテッド」は日本でも相応に売れなければダメなゲームソフトです。あれだけの完成度のゲームソフトが日本で殆ど売れなかった事実はSCEJの「汚点」ですよ・・・・。

公式
http://www.japan.ea.com/bop/

関連記事
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0802/08/news115.html
http://www.famitsu.com/game/news/1213491_1124.html?ref=rss

バーンアウト パラダイス バーンアウト パラダイス


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

時限独占についての私見 2/9


元々RPG中心のゲーマーだった私ですが、PS3の深刻なRPG不足と2007年秋の期待作が全てアクションゲームだった事もあり、「アクションもやっぱり面白いな」と思うようにはなりました。それでも優先順位としてRPGが一番先に来るのは変わらないですけどね。

さて・・・。

カプコンの「ロスト プラネット エクストリーム コンディション」が2月21日に発売されます。元々はXbox360用として2006年12月に発売されたゲームが1年以上の期間をおいてPS3に移植された事になります。一応追加要素もふんだんに盛り込んだ「完全版」として発売されます。

来月「PLAYSTATION3 the Best」としてラインナップされている「NinjaGaiden Σ」もオリジナルの初代Xbox用ゲームをPS3にフルリメイクした作品です。ハードの性能が違いますのでこれも「完全版」と呼んで問題が無いでしょう。私もプレイしましたが素晴らしいゲームでした。

恐らく春頃にリリースされるのでは?と思われる「トラスティベル -ショパンの夢-」もXbox360から1年遅れでリリースされ、ロストプラネット同様に追加要素やシナリオ改修を含めた「完全版」として期待されています。

しかし上記2本のソフトには影の部分が存在します。

「Lost Planet Colonies」と言う続編(拡張版?)が2008年に予定されているとの噂ですが、これまたリリース予定がXbox360とPCのみになっています。

「NinjaGaiden 2」がマイクロソフトとテクモの共同パブリッシャーとして2008年にリリースされます。こちらはMSが販売に関わる以上、そのままの状態ではPS3への移植は実現されないでしょう。

これではPS3ユーザとしては「完全版」よりは「お古」をプレイしている感覚に陥ってしまいます。更に続編はPS3でリリースされないのでは、他機種の新作開発費を貢いでいるような無常観すら感じてしまいます。

「Lost Planet Colonies」に関しては期間をあけてからPS3への移植は行われるかもしれませんが、せっかく「デビル メイ クライ 4」でマルチ同発でも遜色ない(むしろPS3版の方が上との声も)開発能力を見せ付けただけに勿体無いと思うのです。また「NinjaGaiden 2」に関しても、PS3で初めて開発したソフトとは思えない技術力に感嘆したテクモだけに残念で仕方ありません。

PS3ラバーの心情として、せめて続編タイトルのマルチ同発が判っているのならば「ロスト プラネット エクストリーム コンディション」を購入しようかな、とも思うのですが。期待させておいて続編はXbox360かよ・・・それだったら「続編のPS3発売が決定してから検討」になってしまいます。

前述のとおり私はRPGゲーマーですのでRPGの場合は話が別です。「トラスティベル -ショパンの夢-」も「テイルズ オブ ヴェスペリア」も絵柄等は好みでは有りませんが、PS3で発売されるなら購入するでしょう。勿論他に私好みのRPGが同時期に発売されれば後回しになるでしょうが。

       
 

海外PSNタイトルのローカライズ基準について


以前から何度も書いていることですが、海外PSNタイトルの日本国内ローカライズ基準が不明確な上に、ユーザに対する説明が無い事に不満を感じていました。

SCEJからすると「SCEAやSCEEでリリースされているタイトルは管轄外」で、それを「日本で出す出さないもSCEJのさじ加減」なのだから文句を言われる筋合いは無い。更に「勝手に海外情報を入手して勝手に期待されても困る」といった感じなんでしょうが、国際企業としてその辺りはキチンと対応すべき事だと思います。

10年前と違ってゲーム機はネット機能が標準になっている訳ですし、更にインターネットにより海外の情報が即座に入手できる時代です。「国が違えば別会社だから」でダンマリを決め込むと「誠意の無い会社」と思われても仕方ありません。

そこでSCEJに「PAIN」や「High Velocity Bowling」のようなタイトルの日本におけるリリース予定の有無、そして理由をメールで質問しましたところ回答が返ってきました。

それによると「現在のところ、ご案内できる具体的な情報は無い」との事です。ハードと違って情報の出し惜しみに意味があるとは思いませんので本当に予定は無いのでしょう。更に理由も答えられないというのは残念の一言です。

日本ではPSNの販売力が低いから影響が少ないと考えているのならば大間違いでしょう、地道にソフトを揃えつつ環境を整えつつユーザにアピールを続けていかなくては浸透していく訳がありません。

最後に私が希望する北米PSNに配信されているDLタイトルをリストアップしておきます。

期待のPSNタイトル(日本未配信)
・PAIN
・High Velocity Bowling
・Everyday Shooter
・Aquatopia
・Mesmerize Distort
・Trials of Topoq
・Operation Creature Feature
※「Aquatopia」「Mesmerize Distort」「Trials of Topoq」「Operation Creature Feature」はPLAYSTATION Eye専用タイトル。

       
 
『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』ダブルパック -Switch 2ヶ月99円 Kindle Unlimited 30日間無料 Music Unlimited






DMM