PlayStation Needs a Second Showcase This Year - Insider Gaming

まず、正直に言うと、昨日のPlayStation Showcaseで大多数の人が表現していたほど、私は失望しませんでした。個人的には、10点満点中6点くらいの凡庸なもので、素晴らしいとは言えないが、ひどいとも言えない。しかし、個人的な感想はともかくとして、全体から見れば悪いショーケースであったことは間違いない。

2021年9月に開催された前回のPlayStation Showcaseでは、『ウルヴァリン』や『Marvel's Spider-Man 2』がデビューし、『God of War Ragnarok』が好調だったことから、20ヶ月ぶりの開催となりました。振り返ってみると、2021年のショーケースはもっと格調高く感じられ、今回、ソニーは1stパーティのショーケースがなかったために、同じ体験を提供することに失敗してしまった。

プレイステーションは、ファーストパーティーの独占ソフトが不足しているわけではありません。「Wolverine』、『Death Stranding 2』、『Rise of the Ronin』、『The Last of Us Multiplayer』、『Horizon Multiplayer』など、登場しなかったタイトルを思いつく限りでは、ほんの数本である。これらのゲーム(特に「The Last of Us Multiplayer」と「Death Stranding 2」)が6月12日のサマーゲームフェスタに登場する可能性はあるものの、ソニーの今後のラインナップがかなり弱く感じられるものになってしまった。正直、今回のショーケースでは、噂されていたPlayStation 5の「次のフェーズ」を設定することはなく、むしろ12ヶ月のスレートプレゼンテーションのような印象を受けました。

Project Qのハードウェアについては、CEOのジム・ライアンが「近い将来、より多くの情報を共有することを楽しみにしている」と述べています。この発言は、必ずしもPlayStation®Showcaseの開催を示唆するものではありませんが、ソニーはこのショーケースが持つネガティブなイメージに着目し、開催を決定した可能性があります。当然ながら、着脱式ディスクドライブを搭載した新型PlayStation 5も登場せず、9月の発売前に発表が必要なソニーのハードウェアがまた一つ増えました。

PlayStationの新しいハードウェアに関するアップデートと公開、そして1stパーティーのタイトルに焦点を当てることは、PlayStationが次の段階へ進むために必要なショーケースとなることでしょう。私たちが見たいと思っているゲームの多くはかなり出来上がっていることが理解できるので、ソニーがなぜ今回待つことにしたのかはよくわからない。

スパイダーマン2の発売日も、一体どこにあるんだ?


バンジー新作とかファースト扱いのタイトル新作もあったけど、ユーザーが期待していた質と量ではなかったのは事実

1~99巻まで11円 解体屋ゲン 5/31まで