【33円】角川コミックス・エース【12/11】ニンジャスレイヤー、未来日記、七つの魔剣が支配する、プランダラ、そらのおとしもの、JUDAS、私の救世主さま、いなり こんこん 恋いろは、喰霊、東京ESP、





カリフォルニア州サンタクララを拠点とする半導体設計会社エヌビディア・コーポレーションは、2023年には世界最大のチップ企業になるだろうと、台湾積体電路製造(TSMC)のマーク・リウ会長は述べた。エヌビディアは、2022年後半にOpenAIのChatGPTが成功した後、投資家たちがこぞってエヌビディア株に投資したため、2023年にはウォール街の寵児となった。エヌビディアの株式は、高金利による株式市場の荒廃から投資家にいくらかの休息を提供し、同社は最新の四半期収益報告書で年間収益の3倍の成長を報告したため、誇大広告に追いついた。

エヌビディアのA.I.アプリケーション向けGPUは、2023年の技術論争の中心となっている。このGPUは、ChatGPTを訓練するOpenAIで広く使用されており、出荷台数の増加により、NVIDIAは今年を通して驚異的な業績報告を発表している。

エヌビディアの2024会計年度第3四半期の最新レポートでは、エヌビディアの売上高が年間206%、利益が588%増加し、エヌビディアの規模としては驚くべき結果となった。この結果、エヌビディアの収益は181億2000万ドルに達した。この爆発的な収益の伸びの中心は、エヌビディアの主力事業であるデータセンター事業部門であった。第3四半期のデータセンターの売上高は145億ドルで、前年同期の35億ドルを大きく上回った。

一方、AMDとインテルの最新の四半期売上高はそれぞれ58億ドルと141億6000万ドルである。さらに、エヌビディアの最新の時価総額は現在1兆1,900億ドルで、AMDとインテルの時価総額はそれぞれ1,980億ドルと1,850億ドルである。

TSMCのマーク・リウ会長は、2023年末にはエヌビディアが世界最大の半導体企業になると確信している。同会長は先週台湾で開催されたイベントで講演し、そのコメントをUnited Daily News(UDN)が伝えた。講演のテーマは、A.I.時代におけるTSMCの関連性であり、リュー博士は、エヌビディアの急成長により、世界の半導体サプライチェーンの頂点に立つことになると語った。

リュー博士はまた、A.I.の世界におけるTSMCの位置づけと、同社がA.I.技術を利用する方法についてもコメントした。同氏によると、TSMCはエヌビディアのような企業向けにA.I.チップを製造しているだけでなく、同社の会長によると、同社はすでに自社の事業でA.I.技術を使い始めているという。リュー博士は、A.I.はTSMCの業務効率化と研究開発に役立っていると語った。

TSMCのハイエンド施設は台湾にあり、中国と台湾の間の地政学的緊張により世界的に摩擦が生じている。これに関してリュー博士は、TSMCは地域化されたチップ生産に対する顧客の嗜好を認識していると述べた。リュー博士によると、顧客の懸念に対処するには忍耐強いアプローチが必要であり、TSMCはグローバルな製造拠点を徐々に増やしていくという。また、TSMCはアリゾナ州の労働組合と良好な労働条件を維持しており、新工場を建設している日本のエンジニアの質にも満足していると付け加えた。

TSMCの米国チップ工場は今年初め、生産を1年遅らせた。また、ハイエンドチップ製造機を設置するために台湾から労働者を空輸した問題をめぐり、TSMCと労働組合との間に摩擦が生じた。

Source

日本では謎の半導体メーカー扱いやのにな

【33円】角川コミックス・エース【12/11】ニンジャスレイヤー、未来日記、七つの魔剣が支配する、プランダラ、そらのおとしもの、JUDAS、私の救世主さま、いなり こんこん 恋いろは、喰霊、東京ESP、

Amazon ブラックフライデー 2023 (11/22~ 12/1 金 23:59)

【Amazon】「3ヶ月99円 Kindle Unlimited 12/1」「3ヶ月間無料 Music Unlimited 1/11」「2ヶ月99円 Audible (オーディブル) 12/12」「ギフトカードチャージで0.5%還元 12/1」