【33円】角川コミックス・エース【12/11】ニンジャスレイヤー、未来日記、七つの魔剣が支配する、プランダラ、そらのおとしもの、JUDAS、私の救世主さま、いなり こんこん 恋いろは、喰霊、東京ESP、





ゲーム・アワードで、ゴッド・オブ・ウォーのクレイトスの伝説的声優、クリストファー・ジャッジが壇上に上がり、趣味の悪いジョークを飛ばした。

昨年、彼はゲーム界の大舞台に立ち、なんと8分にも及ぶスピーチを行った。

今年は、少なくとも「今年のコールオブデューティのキャンペーンより長い」スピーチであることを強調するよう促された。

ほぼ即座に、Call of Dutyの過去と現在の開発者たちがソーシャルメディアでジャッジに反撃し、彼らはCODコミュニティの多くに加わり、全員が同じ感情を表明した。

最も非難を浴びた発言の1つとして、元Infinity Wardの開発者であるAjinkya Limayaは、クリストファー・ジャッジのぎこちないジョークについてこう述べた:

"面白い "が、CoDがゴッド・オブ・ウォーの全ゲームを(おそらく合算して)絶対的に破壊しているという評価基準も、(それ以上ではないにせよ)同じように笑えるものだ

おそらくテレプロンプターでジャッジに手渡されたのだろうし、不運な言葉を口にしたのは彼のアイデアですらなかったかもしれないが、そんなことはどうでもいい--彼はあの瞬間、スケープゴートになったのだから。

Twitterでは、WindowsCentralのJez Cordenも多くのことを語っている:

コール・オブ・デューティMW3』について批評的にどうこう言うのは勝手だが、開発者を攻撃する間抜けなテレプロンプター・ジョークを承認したのはクソで悪趣味だ。

あのゲームの開発者は信じられないほど大変で、十分に文書化されている。開発者を攻撃するのは間違った判断だ。

開発者を称えるべきだ。

ゲームアワードの後、マイク・ストローが書いたものも含め、多くの批判的なレポートが出回った。ショーケースの扱い方や、経済状況の悪化により今年解雇された何千人もの開発者への関心が薄かったことなどが批判された。

このような時こそ、業界を代表する者は連帯感を示すべきであり、他の開発者を犠牲にしてジョークを言うべきではありません。

Source

クレイトスがソニーを代表するキャラクターってのも、MS陣営には我慢ならんかったんだろうね

【33円】角川コミックス・エース【12/11】ニンジャスレイヤー、未来日記、七つの魔剣が支配する、プランダラ、そらのおとしもの、JUDAS、私の救世主さま、いなり こんこん 恋いろは、喰霊、東京ESP、

【Amazon】「Amazonギフトカード5000円分購入で500ポイント必ずもらえる 1/3」「3ヶ月間無料 Music Unlimited 1/11」「2ヶ月99円 Audible (オーディブル) 12/12」