アップルは今月初めにVision Proを発表したが、同社はすでに次世代の複合現実ヘッドセットの開発に取り組んでいる。以前、同社は現行モデルよりも低価格のVision Proの廉価版を開発していると報じられた。新型Vision Proの価格は、すぐに主流製品にならない理由のひとつだ。しかし、ある著名な業界アナリストは、Vision Proが「理想的な形」に到達するためには、ヘッドセットのアップグレードに4世代かかる可能性があると主張している。

Vision Proに取り組んでいるアップルのチームは、顧客が日常的にこのデバイスを使えるようになるまでには、ヘッドセットには多くの仕事があると述べている。

我々はVision Proの詳細を山ほど聞いており、それが市場にある他のどのVRヘッドセットよりも優れていることも聞いている。しかし、その3,499ドルという途方もない価格のために、普及率はかなり遅くなるだろう。マーク・ガーマンは最新のPower Onニュースレターの中で、Vision Proの開発に携わったアップルのチームは、このヘッドセットが一般ユーザーのメインストリーム製品になるには多くの作業が必要だと考えていると述べている。

アップルの第一世代製品は、常に様々な面で少し物足りない。iPhoneやApple Watchのように、アップグレードを繰り返して成熟してきた製品に比べ、新しい製品カテゴリーには多少の不完全さがあると考えるのは至極当然のことだ。Vision Proヘッドセットを顧客にとってより主流な製品にするために、アップルの開発チームがどのような機能や変更を検討しているのかは不明だ。

なお、Vision Proには、今後数年間で改善できる点がいくつかある。例えば、ヘッドセットは長時間の使用にはかなり重く、長時間の生産性向上には理想的なデバイスではない。さらに、バッテリー寿命も大幅に改善できる点だ。アップルによると、Vision Proのバッテリーパックは、使用状況にもよるが、最大3時間持つとのことだ。今後、Vision Proの将来のアップグレードでは、より大きなバッテリー容量と、より効率的なハードウェアが採用され、ヘッドセットがMacBook並みに長持ちするようになるかもしれない。

アップルのビジョン・プロ・チームは、上記の追加に取り組んでいる可能性がある。前述の通り、アップルは現行バージョンよりも安価なVision Proヘッドセットの廉価版の開発に取り組んでいると以前報じられた。さらに、バッテリーの持続時間を改善し、ヘッドセットの重量を減らして快適な装着感を実現する可能性もある。

ガーマンはまた、Vision Proは長期的にはiPadとカニバリゼーションを起こす可能性があると指摘した。しかし、アップルは将来のiPadのバージョンで、異なるカテゴリーに適合する機能やデザインのバリエーションなど、斬新な変化を導入する可能性がある。しかし、最終的な決定はアップルに委ねられているため、現段階ではこれらは単なる推測に過ぎない。今後も最新情報をお伝えしていくので、ぜひお付き合いいただきたい。

Source

【Amazon】【Kindle】セールまとめ