ブルームバーグとの新しいインタビューで、サラ・ボンド氏は、コール オブ デューティを含むすべてのファーストパーティ ゲームが引き続き Game Pass で起動されることを認めました。

Bloomberg の Dina Bass との新しいインタビューでは、同社の今後のハードウェアの予定、Hi-Fi Rush 開発会社 Tango Gameworks 閉鎖の理由、モバイル版の Microsoft Store の近日提供など、多くのトピックについて議論しました。しかしインタビューでは、『Call of Duty』フランチャイズに関する最近の噂をシャットアウトしていることも確認された。

今週初め、The Vergeは、MicrosoftがGame PassでCall of Dutyをローンチするかどうかについて激しく議論していると報じた。しかしサラ・ボンド氏は、すべてのファーストパーティゲームが同社のサブスクリプションサービスに登場すると述べ、まだ検討中であるという考えを否定したようだ。

XboxEraによる転写、ボンドは次のように述べています。「そして最後の部分はゲーム パスについてです。私たちはコア ユーザーがゲーム パスを気に入っていることを知っています。ゲーム パスはゲームのサブスクリプションであり、ゲームのポートフォリオ全体を入手できますが、重要なのは、ゲーム パスで初日から私たちが構築するゲームのすべてを入手できることです。そして、それらのゲームの品質と幅は時間の経過とともに向上するばかりです。そして、今年後半にはさらに大きなゲームが Game Pass に登場する予定です。」ディナ: 「Activision のポートフォリオからですか?」サラ: 「石板全体、石板全体で、本当に素晴らしいものを見ることになるでしょう。そして、それを Xbox プレイヤーにとって本当に特別なものとして維持することが、私たちにとって中心です。」

結局のところ、Call of Duty が Game Pass に登場するようですが、これに今年待望のCall of Duty: Black Ops 6が含まれるかどうかはまだわかりません。

【Amazon】【Kindle】セールまとめ