Sonyからバランスの良いレコーダ群が発表されましたが、パナより先にシャープからBlu-rayレコーダが発表されました。発売はこちらの方が早そうですね。

軽くニュースリリースを読んだのですが、正直「微妙かなー」の一言です。

HDDモデル(BD-R2層対応)
BD-HDW20 1TB 30万円前後
BD-HDW15 500GB 20万円前後

HDDレスモデル
BD-AV10 BD-RE(2層対応) 12万円前後
BD-AV1  BD-RE(1層のみ) 10万円前後

一番廉価なBD-AV1はiLINK(TS)対応ですがBD-REのみです。これが1層でも良いのでBD-R対応で実売8万ぐらいならばSony「BDZ-T50」とセット購入と言う手もあるんですけどねぇ。現在のコピーワン仕様ではBD-REにムーブした時点でソフト資産は移動出来ません。それならばメディア価格がこなれてきたBD-Rを使いたいと思うのが普通でしょう。

BD-HDW15はHDD容量や値段的にもSonyの「BDZ-X90」の対抗商品になりますが、H264エンコーダが搭載されていない事が大きなマイナスですかね。それでもiLINK(TS)ムーブに対応したBD-R2層対応モデルがBW200以外に登場したのは嬉しいことです。

もしデジタルレコーダをこれから購入される方ならSonyの新作が悪くないと思いますが、一旦iLINK地獄(笑)に堕ちてしまった私のような身としてはパナの新型に期待するしかありません。なんとかH264エンコーダ/500GB/iLINK(TS)で20万以下で発売してくれないかなぁ。松下新型機の影響でBW200中古が10万前後になるなら、Sony「BDZ-T50」のコンビでも悪くないかも。

まぁこの時期が一番楽しいですな(笑)

インプレス
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070926/sharp1.htm

Phileweb
http://www.phileweb.com/news/d-av/200709/26/19464.html
http://www.phileweb.com/news/d-av/200709/26/19473.html
http://www.phileweb.com/news/d-av/200709/26/19463.html