「UBISOFT(ユービーアイソフト)」について書きます。今後も自分自身の情報の纏めとして、海外ソフトハウスを中心に気が向いたら書いていきたいと考えています。

UBISOFTはフランスを本社に置く大手ソフトハウスです。「レインボー・シックス」「ゴーストリコン」「ブレイジングエンジェル」辺りが日本でもPS3やXbox360辺りでリリースされ人気を博しています。日本とは勿論、北米ソフトハウスとも若干毛色の違うソフト作りを行うイメージがありますね。

今後も「アサシン・クリード」「HAZE」等の独特の世界観を持ったゲームがリリース予定です。以前も書いたことがありますが「HAZE」はPSNでいくつかムービーが配信されており、私はFPSのムービーは大抵さらりと流してしまうのですが「HAZE」に関しては何故か強烈な印象が残っています。更に最近PS3専用ソフトであるとの情報も流れていますので、機会があるならば是非ともプレイしてみたいソフトの一つでもあります。

ちなみに「ブレイジングエンジェル2」のPS3版は北米では既に発売されてますが、こちらの日本ローカライズはまだでしょうか。初作はSIXAXISの操作性も悪くない良作だったと思うのですが、映像的には旧世代機並みでしたので。

さて、現在UBISOFTで一番注目しているのは「アサシン クリード」です。Xbox360版が先行発売されますが少し遅れてPS3版も発売されます、残念ながらPS3版の発売日は未定ですが年内発売を期待したいところです。

このゲームは第3者視点のアクションで、群衆にまぎれて「暗殺任務」を遂行するタイプになります。MGSとかに若干近いのかもですが、12世紀のエルサレムを再現した町並みや民衆表現が独特でMGSとは違った魅力を撒き散らしています。IGNで閲覧できるムービーを見ていても民衆表現は凝りに凝っていますし、その民衆達が「邪魔ではあるけど単なる障害物ではない」点にも注目したい部分です。また独特なアクションシステムも採用しているようですが、この辺りは実際にプレイしてからのお楽しみですかね。

残念ながらこのゲームを強烈に意識し始めたのはつい最近、具体的にはTGS2007以降です。TGS2007ではマイクロソフトブースには一度も行っていないのですが、もう少し早く「アサシン クリード」に注目していれば足を運んでいたかも知れません。まぁ買うとしたらPS3版ですが。

しかしファミ通WEBの「ジャンル:アクション/暗殺」ってのはどうかと。

UBI公式
http://www.ubisoft.co.jp/

アサシンクリード公式
http://www.ubisoft.co.jp/games/products/070/productinfo.html

ファミ通
http://www.famitsu.com/game/coming/2007/08/23/104,1187839605,76884,0,0.html

電撃
http://www.dengekionline.com/data/news/2007/7/13/c6e854e63877e465122d6cb22791ff13.html

IGN
http://au.ps3.ign.com/objects/772/772025.html