今更ながら新型PSPを購入しました。中途半端な時期ですが先日ギフトカードの臨時収入がありましたので、ギフトカードが使える大手量販店(値引きなし)で買いたいもの・・・で思いついたのが新型PSPだった訳です。

近所のヤマダ電機で購入したわけですが、先ほど購入したPSPのポイントを使ってPS3用オブリビオンを購入しました。CCFF7プレイ中ですので直ぐにプレイするわけでも無いのですが、初回特典(ガイドブック)を確保したかったので今のうちに購入しました。封は開けておりません。

書き尽くされていますが、やっぱり「軽い」「薄い」のインパクトは相当なものです。私は軽さのインパクトで余り触れられていない「薄さ」にも驚かされましたね、個人的には持ちやすくなったと思います。私はリクライニングシートを倒して両手で持ち上げるようにしてPSPを持ちますので「軽く」なった事で長時間プレイも気にならなくなりました。

しかし全体的に「安っぽくなった」のも事実です、初代PSPは今となっては重いし分厚いのですが、逆に「機械」としての重厚感や「所有物」としての質の良さも伝わってきます。UMDカバーや内部の作りが大幅に変更されていますし、この辺りはコストダウンや軽量化に貢献していそうです。

バッファ機能によるアクセス高速化が期待されますが、UMDドライブ自体の性能は変更が無いようで、シーケンシャルな読み取り速度は全く同じでした。最新ソフトのCCFF7で比較してみましたが起動時間とかは誤差の範囲でしたね。今後のソフトはバッファを利用したソフト設計が期待できます。

本体は色々な店で在庫を確認できましたので、発売前に潤沢に生産されたようです。その代わりと言いますかD端子とコンポーネントケーブルは店で購入することは出来ませんでした。仕方ないので通販で確保して到着待ちです。

今はF1横目にCCFF7を久々に再開しています。