GameSpark様のページでミリオン突破の情報を知りました。木曜日にチェックしたVGChartz(1/20日までの集計)では99万本でしたので「来週には突破するなぁ」と思っていたのですけどね。
http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=4829

しかし、下記のグラフを見て下さい。改めて欧州の勢いを感じるとともにSCEJの不甲斐なさが目立ちます。週を追うごとに売れ行きが伸びてますから。

http://www.vgchartz.com/games/game.php?id=12778

「SCEソフトの日本版は値段を安くしているし、体験版も配信したし、TVCMも流した。これで売れないのは仕方ない」と満足しているとは思いませんが、「Uncharted」ほど実際にプレイした人から悪い評判を聞かないゲームソフトも珍しいのも事実です。結局は「体験版をプレイさせるまでユーザをその気にさせていない」SCEJの責任です。

本来、セガさんが「龍が如く 見参!」「戦場のヴァルキュリア」の為に実施する大規模なプロモーションこそ、SCEJが率先して行うべきイベントだったはずです。「龍が如く」は高い知名度を誇りますが、「戦場のヴァルキュリア」のような新規フランチャイズには相応の周知努力が必要なのは当然です。セガさんだけが特別気合が入っている訳ではなく、SCEJにゲームソフトを売ろうという気合がまるで感じられないのです。

関連記事
http://mandom.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/ps310_121_156e.html

少し厳しい事を書いてしまいましたが、それでも欧州でのPS3の勢いは目を見張るものがあります。既に世界ベースでは週単位の売り上げもXbox360を上回っていますし、Xbox360の勝ち逃げは何とか阻止する目処が立ったのではないでしょうか。後は良質なソフトが相応の売れ行きを記録するソフト市場を形成するだけです、SCEのソフト販売戦略に一層の奮起を期待しています。