インプレスに「Taipei Game Show」におけるSCE Taiwanのレポートが掲載されています。まぁ発売済みソフトが大半のようですが、リリース前のソフトも幾つか紹介されています。

「HAZE」
当初の3月予定から、更なる発売延期が発表されてしまいました。今回の展示では製品版に近いバージョンとの事でしたが、それでもフレームレート不足が指摘されているわけです。やはり全体的なソフトの完成度が低いと考えるべきなんでしょうかねぇ。
UBIはアサクリでもPS3で不具合を多発させていますので、キッチリと問題をFIXさせて欲しいものです。

「PAIN」
過去に何度も紹介しているPSNの期待ソフト。しかし日本での発売は未だ見えてこない状況で、私は半ば諦めています。「痛み」をテーマにしたゲーム性が日本の風土に合わないと判断したのでしょうか?以前も書いた記憶が有りますが「日本で配信しない理由」を明確にコメントしてくれたら問題無いのですがねぇ。

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080125/scet.htm?ref=rss