早速行って来ました。私は「ソフマップなんば店ザウルス」に参加したのですが、11時過ぎぐらいから並んで実際にプレイできたのは1時間後ぐらいでした。結構女性客もいましたし、私のようなオッサンも数多く(笑)全体的に年齢層は高めでした。

試遊台は2台で、入口前の通路を使ったスペースで「結構邪魔」だったと思います(笑)また、入口スペースが会場でしたので一般客をも見込んでいるとは思うのですが、肝心のイベントスペースの隣に「ToHeart2」のデモムービーが大音量で流れていました。思わず「俺はToHeart2のイベントに並んでると思われてるのか?」と少し周りが気になったのが本音でした。ライト層の人気が中心と思われる「龍が如く」シリーズの最新作イベントとしては少し場違いと言いますか、この辺りは「ソフマップなんば店ザウルス」側のスタッフにまるで配慮が無かったと言うべきでしょう。セガさんも他社のゲームソフトの宣伝PVの音量を下げてくれとは言い辛いでしょうから。

「体験会」はご自由にプレイしてくださいと言うスタンスでした。試遊バージョンは既にPSNで配信されている「モード別体験版」と多分同一のものでしょう。内容については割愛します。

終了するとスタッフの方からお目当ての「見て読んでわかるPS3先取りキット」を頂きました。通常のDVDパッケージと同様のケースで、カラーパンフレットはケースの中に説明書と同じ要領で同梱されていました。説明書と同じ紙質ですので若干ペラペラですが、カラーで50ページの内容はボリュームがあります。

既報の通り「先取りキット」はDVD-VideoとPC用データDVD兼用になっています。データとして「JPEG」「WMV」フォルダの2種類が用意されており、JPEGフォルダには壁紙やPS3のテーマとして使用可能な映像データが何故かBMPで、WMVフォルダにはPCやPS3で閲覧可能なHDムービーがWMV形式で収録されています。

動画は3種類で、ヴァルキュリア×2本、龍が如く×1本です。「戦場のヴァルキュリア」はPSNで配信されているバージョンと同一内容と思われますが、「龍が如く 見参!」は7分のロングバージョンで容量も1GB以上の大容量で、収録されているHDムービーはどれも高画質です。

ちなみにDVD-VideoバージョンもDVDにしては悪くない画質でした。しかもHDムービーよりも多くの映像が収録されていますので、両方とも必見です。なお、ヴァルキュリアは主役2名の声優さんインタビューも収録されています。

細かなところですが、DVDのフォルダ名を「WMV」から「Video」に変更すればそのままPS3でムービーが読み出せるんですが、何か制約でもあるんでしょうか。確かにDVDからそのまま再生すると転送速度が間に合わなくてコマオチするのを嫌っての事かもですが、HDDにコピーすれば問題ないですからねぇ。

(追記:後ほどフォルダ名を変更したDVDディスクを作成してみましたが、DVD-Videoのフォルダ構成が優先されてしまい、PS3では結局データディスクとしては無視されてしまいました)

イベント自体はアッサリした印象でしたが、スペース提供店がもう少し協力してくれたならば良い雰囲気にもなったと思います。これは関西限定の話ですが、他の地域ではヨドバシ・ビック・ヤマダ辺りで開催されていますので、大阪でもウメダヨドバシ辺りで開催して欲しかったところです。

http://sega.jp/soft/event/080115_1/