いつもゲームソフトはAmazonで購入するのですが、近所のゲームショップで購入してきました。その時にB5サイズで20ページほどのメイキングブックを頂きました。ゲームショップのオマケと言うのも悪くありませんね。

取りあえず最初のボス戦を終了した時点のファーストインプレです。

【どんなゲームなのか】
「真・女神転生」で有名な岡田耕始氏が率いるガイアが色々なアイデアを盛り込みつつも「骨太」に仕上げたアクションRPG、それが「コーデッドソウル」です。

【世界設定】
このゲームはRPGですが、一般的なフィールドや街の概念は無いようです。イデアと呼ばれる別世界(ダンジョン)に突入して異世界を探索していくスタイルになり、現実世界で行動できるのはイデアとの通行口となるゲートが存在する施設のみになります(あくまでも現時点では)。

また、最初のイベントでジェイ以外はイデアに突入する事は出来ない設定付けがされます。アクションRPGの操作できるキャラが一人しか存在しない事に対する理由付けを色々な手法で実現しているなぁと感心してしまいますね。

シナリオに関しては序盤も序盤ですので謎だらけです。主人公も病気持ちとかの設定もありますし、これから色々と謎が解明されていくのでしょう。

また、ネタバレにもならないので書いておきますが、「キーツ」の名前を冠したアイテムが序盤に登場します。「FolksSoul -失われた伝承-」のキーツの事でしょう。本編同士のデータ連動だけかと思いましたが、物語設定にも登場してくるとは思いませんでした。

【イデアとは】
よーわかりません(笑)ゲーム的には「ランダムマップ」と「活動限界時間」が特徴の広大なダンジョンのようなものです。

「ランダムマップ」でマッピング等は意味を成さない事になりますが、画面右下に周囲のレーダーが表示されますし、そこにはアイテム等も判るようになっていますのでそれ程迷う事は無いでしょう。「活動限界」時間も常に表示されていますし、時間切れでも現実世界に戻されるだけです。今のところはそれ程気にすることは無いのですが、終盤になると時間ギリギリのマップとかも登場するのでしょうか。

【渋めのキャラ、声優】
イラストレーター風間雷太氏のデザインで渋くまとめられています。声優陣もイメージに合わせており、特に主人公ジェイの声がカッコ良すぎます。また、最近人気の若本氏も意外な役で登場して異彩を放っていたりします。メイキングブックを見ると風間氏のイラストは実に濃密で美麗です。しかしPSPの液晶解像度ではその魅力を十分に発揮していないようにも感じました、できる事ならば風間氏の映像世界をPS3専用のゲームで見てみたいものです。

【戦闘システム】
「コーデッドソウル」はアクションRPGです。前述のとおりプレイヤーが直接操作できるのはジェイ一人だけですが、パーティメンバーとして捕獲したモンスターと一緒に戦う事が出来ます。捕獲方法は実に簡単で倒したモンスターの近くでRボタンを押すだけです。ボスキャラは捕獲できませんが、今のところ雑魚キャラは100%捕獲できるようです。このあたりはメガテンのような駆け引きも、ドラクエシリーズのような運要素も無いようです。

仲魔となったモンスターは最大2名までと一緒に戦う事が出来ます。簡単な行動パターンを指示する事も出来ますし、仲魔とコンボを決めて「絆ゲージ」が貯まると「絆リフレクション」と言う協力攻撃を繰り出す事が出来ます。このあたりはオート戦闘のパーティメンバーに対して「勝手に戦っている」感を解消するためにも有用でなおかつ面白いシステムだと感じました。

【とりあえず】
ファーストインプレは以上の通りです。少し荒い部分もありますが、意欲作である事は十分伝わってきます。シナリオも謎が多くてこれからの展開に興味が持てますし、先が楽しみなゲームです。

「FolksSoul」とのデータ連動等も試したいのですが、買っただけでまだ未プレイだからなぁ。それでも別会社のソフトがハードの垣根を越えて連動するというのは新鮮でワクワクするものです。Naughty DogとInsomniac Gamesのような関係になれば面白いですね。そして今後の「ガイア」制作PS3用ソフトにも期待したいものです。

公式
http://www.jp.playstation.com/scej/title/codedsoul/

コーデッドソウル -受け継がれしイデア-コーデッドソウル -受け継がれしイデア-


Amazonで詳しく見る
by G-Tools