東芝のグラスレス3Dレグザって、まだ発売日等が判らないのでしょうかね。勿論実物を見てからですが、購入を検討しても良いかなと思っているのですが・・・。







さて、11月29日~12月5日の週販ランキング(メディアクリエイト調べ)を紹介します。気になるタイトルの結果は下記の通り。

01 PSP モンスターハンターポータブル 3rd (1,950,717)
02 PS3 テイルズ オブ グレイセス エフ (215,187)
05 PS3 グランツーリスモ5 (55,682/486,389)
09 PSP 仮面ライダー クライマックスヒーローズ オーズ (36,856)
18 PSP ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 (14,340/39,904)


MHP3については先刻記事にしたばかりということもあって今回は割愛、ファミ通発表との販売本数差(約19万本)が誤差に感じてしまうのは恐ろしい(笑)

ということで今回は「テイルズ オブ グレイセス エフ」を取り上げます。テイルズ完全版プロジェクト第2弾も前作ヴェスペリアに続いてオリジナルの累計を初週で突破する結果になりました。

【テイルズ オブ ヴェスペリア】
360版:10万→18万
PS3版:22万→34万

【テイルズ オブ グレイセス】
Wii版:14万→21万
PS3版:21万→?

J-RPGは時間がかかるソフトですし、同週に発売された話題性の高いMHP3を優先して冬休みや正月休みのじっくりと時間が取れるタイミングで購入する人もいるでしょう。ヴェスペリアの伸びから考えると累計30万は軽く突破しそうですね。この調子で完全版プロジェクト第3弾・・・と思いきや、残念ながら同世代の据置機からの移植ストックはもう残されていません。

しかし次は待ちに待ったオリジナルの15周年記念テイルズがPS3用として発売されることが発表されています。リメイク作品は様々な追加要素等で作品としての魅力や完成度が増しているとは言え、物語が最も重要なゲームの要素であるJ-RPGとして考えるとオリジナルの魅力は捨てがたいものがあります。

まだ見ぬ15周年記念作品も将来的にはPSP2に移植されたりするのでしょうけど、そんなこと気にしていたら趣味は楽しめません。なにやら来週の発売記念日あたりに正式発表されると噂の「Next Tales of(仮称)」の動向にも注目です。

関連記事
4Gamer.net ― 売り切れも納得? 出荷200万本の「MHP3rd」,販売本数でも195万本を記録。PSP販売台数はなんと32万台の「ゲームソフト週間販売ランキング」