受動喫煙のない社会






受動喫煙防止:他人の煙 迷惑、やめて…ロゴマーク発表 - 毎日新聞



厚生労働省は14日、受動喫煙のない社会を目指すロゴマークを発表した。マークは企業のホームページや印刷物、名刺などで自由に使えるフリー素材だ。同日発表された2015年の国民健康・栄養調査では、20歳以上の男女が過去1カ月間で受動喫煙を経験した場所は飲食店が最も多く、41.4%に上った。厚労省は「ロゴマークを活用し、受動喫煙をなくす機運を高めたい」と説明する。



国民健康・栄養調査では、受動喫煙の現状を調査。受動喫煙を経験した場所は飲食店に次いで、職場や路上が約3割と多かった。たばこを吸わない人が求める受動喫煙防止の場所は、飲食店と路上が35%程度と最も高かった。習慣的に喫煙する人は長期的には減少傾向が続き、男性30.1%、女性7.9%、全体で18.2%。10年前より男性9.2ポイント、女性3.4ポイント減った。

全文を読む

反応

その前に嫌煙家は喫煙可の飲食店に行かないという簡単な対策をしたらどうかね 喫煙者は喫煙可の店を選んで行ってるんだからさ

煙草全く吸わないけど、流石にバカじゃねーのと思う。

ロゴマークなんか作っても吸う人減らなくない?分煙とか実際にはあまり意味ないのにそこらへんどーにかしてよ

微かな臭いや煙でも体調崩してしまう人もいるんだよね。 どこもかしこも禁煙しろ!とは思わないけどさ

いや、とりあえずそんなん 作る前に喫煙スペース作れよ

使い所がわからん

イラッ☆ってする

そんなもん作るより、さっさと売るのをやめさせろよ

まだまだたばこを吸っているオッサンは多いし、名刺に入れて渡すと内心イラッとする人もいるかも。