東芝





【東芝危機】東芝、本決算も監査意見なしの見通し 有報提出は秋頃か


経営再建中の東芝は平成29年3月期決算について、開示期限である22日に監査法人から監査の了承を得ないまま発表する方向で調整していることが8日、分かった。

 監査を担当するPwCあらた監査法人と意見が対立し、決算のお墨付きである「適正意見」を得るめどが立たないためだ。

 東芝は決算を含む「有価証券報告書」の提出期限である6月末までに監査法人を交代させ、適正意見を得たい意向だ。だが、監査法人の変更には時間がかかる見通しで、有報提出は秋頃まで遅れる公算が大きい。

 東芝は、28年4~12月期の四半期報告書をPwCあらたが了承しない「意見不表明」のまま提出した。米原発子会社の過去の会計処理などをめぐり、意見の溝は今も埋まっておらず、29年3月期決算も監査法人の了承を得る通常の決算発表は見送る方向だ。


全文を読む

反応

この上なくやる気がないな。クソ株が銀行にも見放され、必死で上場維持させようと無駄な努力しまくるのと大違いで、別の種目やってるんじゃないかと思うね

なんでもあり過ぎてこわい。

もう、国策「悪あがき」はいい加減するべき。東芝の現状とこれまでの経営陣の所業からすれば、上場廃止、法的倒産処理しかあり得ない。

「適正意見なしの決算発表が続く異例の事態は、東京証券取引所の上場維持の審査に悪影響が出かねない」←いや普通なら既にアウトやろ

なんでそこまで東芝を上場維持したいんだろう?笑

こんなの通したらアカンやろ・・・。