スポーツ





スポーツ嫌いな中学生半減の目標に波紋 ヒャダインさん「体育が嫌なのは恥をかかされるから」


 スポーツ庁の昨年度の調査によると、運動やスポーツが「嫌い」か「やや嫌い」な中学生は16・4%。微増傾向にある。このままでは将来、運動しない大人が増えてしまうと、同庁は3月、5年かけて8%に半減させる目標を「スポーツ基本計画」の中で打ち出した。

 この計画が報じられると、「強制しないでほしい」「余計嫌いになる」「嫌いで何が悪い」などの意見がネット上で飛び交った。

 スポーツが嫌いになるのは、体育の授業にも原因がありそうだ。フジテレビのトーク番組、「久保みねヒャダこじらせナイト」には、視聴者からの投稿による人気コーナー「体育への恨みつらみ川柳」がある。

(中略)

 ヒャダインさんは「体育が嫌なのは恥をかかされるから。周りに迷惑をかけている申し訳なさ、馬鹿にされているんだろうなという自虐。ネガティブな感情ばかりが渦巻くんです」。能町さんは「体を動かすこと自体が嫌いなわけじゃない。うまい人とやるから嫌いになる。レベル別に完全に分けてくれればいいのに」と提案する。

全文を読む

反応

鈴木大地が何かするたびにスポーツ嫌いが増えていく確信がある

知ってるか?運動部と文化部って体育の時に混じったら水と油状態で、運動出来るやつがしらけていく度運動嫌いがどんどんネガティブになってくんだぜ?

中学に入ってすぐに気づいた。体育教諭=>自分の考えに固執する馬鹿が多い。これで、一気に体育嫌いに、後に運動も嫌いになった

大事な事は好き嫌いじゃない。 嫌いでも無理せず頑張って身体を鍛えられればそれで良い。 好きを強要すると反発があるぞ。 好き嫌いは結果論

体を動かすのは嫌いじゃ無いけど、スポーツや体育は心底嫌いだったなぁ。「競技」や「スポーツ」が苦手でも、体を動かすのは楽しいという教育でないとアカンと思う。