お酒





「節度ある」飲酒も脳に悪い? 流ちょうさに影響も 研究 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース


英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)に掲載された論文によると、1週間に14~21杯の飲酒を数十年にわたり続けた男女は一切飲酒をしない人と比べて、海馬が萎縮する可能性が2~3倍高まるという。海馬は記憶や自らの位置の把握などをつかさどる脳領域。

 飲酒1杯(1ユニット)は、10ミリリットル(8グラム)の純アルコールを含む量と定義された。大きなグラスのワイン1杯、アルコール5%のビール1パイント(約500ミリリットル)、ウイスキーやウオッカなどショットグラスに1杯がこれに相当する。

 過度の飲酒が脳にもたらす悪影響については十分に実証されているが、これまで「適度」とされてきた1日平均2~3杯の飲酒の潜在的悪影響についての研究は少なく、結論に達していない。

英国のオックスフォード大学(University of Oxford)とユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究チームが更に深く研究した結果、14~21ユニットのアルコールが海馬に与える影響が、撮像技術によって明瞭に示された。

一方、知的能力試験ではそこまで決定的な結果は得られず、明らかな影響を示したのは言葉の流ちょうさだけで、その他の試験では脳機能の低下は見られなかった。

全文を読む

反応

さあ、次のターゲットとしてアルコールを完全にロックオン!

生きてる事自体が脳に影響あるよねw

そんなに脳を使いこなせてないので大丈夫(ノД`)

節度は人それぞれ。コップ一杯で倒れる人もいれば、いくら飲んでも、なんともない人もいる。

年にビール数杯程度の俺なら殆ど影響無いな。長生きしても良い事何も無いんだが・・