ニンテンドースイッチ






任天堂「スイッチ」中国で10日発売 テンセント通じ巨大市場狙う - 毎日新聞

今回テンセントと協業するのは、ゲーム機やソフトの販売に当局の審査が必要な中国で、商慣習に対応する狙いがあるとみられる。同社は利用者が10億人を超える通信アプリ「微信」を軸に電子決済などさまざまなサービスを提供し、オンラインゲーム市場でも大きな存在感を占める。

今後は中国で主流のスマートフォン向けやオンラインゲーム向けでの提携に発展する可能性もある。任天堂は「中国は大きく魅力ある市場。日米欧に次ぐ第4の柱に育てたい」と意気込む。
ゲーム市場に詳しいエース経済研究所の安田秀樹シニアアナリストは「据え置きだけでなく持ち運んでも遊べるスイッチの携帯性や任天堂の知名度の高さを考えれば、『売れない』ということはないと思う」と語る。


今までアジアに転売していた業者とかどうなるんだろ・・・と思った。