もっと評価






アニメ好きが選ぶ、2019年もっと評価されるべきアニメトップ10! グランベルム、この音、めいこいの大接戦を制したのは……? | ダ・ヴィンチニュース

ダ・ヴィンチニュースでは、年間100本以上のアニメを完走して楽しんでいる、“プロ視聴者”とも呼ぶべき10代~40代の50人以上(中には200本超えも!)にアンケート。「もっと評価されるべき」と感じたテレビアニメを1位から5位、劇場用アニメを1~2位まで選出してもらい、ランキングにしてみました

1位:『グランベルム』(7~9月放送)
2位:『この音とまれ!』(4~6月、10~12月放送)
3位:『明治東亰恋伽』(1~3月放送)
4位:『Re:ステージ! ドリームデイズ♪』(7~9月放送)
5位:『八月のシンデレラナイン』(4~7月放送)
6位:『W’z《ウィズ》』(1~3月放送)
7位:『バミューダトライアングル ~カラフル・パストラーレ~』(1~3月放送)
8位:『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(7~9月放送)
9位:『けだまのゴンじろー』(4月~放送)
10位:『耐え子の日常』(10月~放送)

11位:『Dr.STONE』
12位:『魔王様、リトライ!』
13位:『彼方のアストラ』
14位:『バビロン』
15位:『RobiHachi』
16位:『ヴィンランド・サガ』
17位:『ぬるぺた』
18位:『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』
19位:『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』
20位:『ビジネスフィッシュ』

映画部門はド直球エンタメ映画がトップに
5位:『薄暮』
4位:『羅小黒戦記』
3位:『空の青さを知る人よ』
2位:『HELLO WORLD』
1位:『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』

反応
1位と5位と8位に関しては完全に同意

え、なにこのツッコミどころ満載のランキング。絶対ライターの独断でしょ

めちゃくちゃ納得のラインナップですね、意外なものが少ないというか、本当に好きな人に聞いた感

「この音とまれ!」が2位にランクイン!本当にこの物語には心を強く揺さぶられる。『天泣』を初めて聞いたときの衝撃は忘れられない。シナリオと相まってお箏のイメージががらっと変わる

納得のラインナップでした

グランベルムは観たけど、個人的にはあまり好きじゃない締め方(このパターン飽きた)だったので評価はそこそこ。「この音とまれ」は原作は読んだけど、あまりに少女漫画演出過ぎてアニメは胸焼けしそうだなぁって観てなかったりする。