牛角






牛角のサブスクリプションが話題 月額1万1000円で焼肉食べ放題 - ライブドアニュース

焼肉チェーン「牛角」のサブスクリプション(月額定額制)サービスが話題になっている。中でも、食べ放題のコースが1か月1万1000円で楽しめる「1か月食べ放題」に注目が集まっている。

同サービスは、食べ放題の「牛角コース」(1人3828円)と「お気軽コース」(3278円)のいずれかを1日1回、1か月利用できるというもの。サブスクは現在、都内の赤坂店、三軒茶屋店、千葉の花見川店で実施しており、選んだ店舗でのみ利用できる。

牛角の月額1万1000円食べ放題サブスクで牛角は儲かるのか検証してみた|久野慶太 クノール|note

結論:牛角は十分に儲かる可能性がある

「儲けはちゃんと出るのかな」という採算性を心配する声も上がっていますが、結論牛角が儲かる可能性は十分にあります。

牛角が見るメインの数値はおそらく下記3つ
・サブスクユーザーの月間平均来店回数
・サブスクユーザーのクロスセル単価
・サブスクユーザーの同伴者数
この3つの数字次第で全国の全店舗への展開かサービス終了かの選択になってくると思います。

もしこの記事を読んでいる飲食店関係者の方がいれば、自分のお店や業態の場合は、どういったサブスクに取り組むことができるか是非考えてみてください。

反応
どうせなら牛角サブスク相席対応とかも同時にキャッチコピーでやれば良かったのにね。 一席分の売り上げが変わるでしょ。 そこまで従業員を苦しめたくないと言うことなのかな。

1食360円弱で済むなら買うわ デザートだけとか 焼肉定食くらいの量でダラダラするわ 全店でやっても相席にしないと 回転率悪そうで 普通の客遠のきそう

牛角を毎日食べれば1日366円というキャッチコピーが効いてる。 1時間30分制で80席あるとしたら、最大1日320組、1席だけで見れば最大1日4組しか座れない椅子取りゲーム。 何名のお客様がこのゲームに参加するんだろうか… そして、時間のあるお一人様が、牛角にとって1番の敵となるだろう…

これにプラスして在庫リスクも緩和されるはずだからなー

おもしろい!!消費者目線だと、ビール2杯は確実に注文するが、月に8回はさすがに行けない。 店はちゃんと儲かるんだよ。

従来の食べ放題自体がかなり儲かるビジネスだから、毎日アホほど食べていくような猛者以外は利益出るんじゃないかなと最初から思っていた。強制的に相席とか、時間は45分とか、サブスク時間帯を制限とかで調整はできるだろうしね。