ふむ






PS5の本体デザイン初公開 発売時期の詳細と価格発表は“先送り”(河村鳴紘) - 個人 - Yahoo!ニュース


ソフトについては「バイオハザード8」や「グランツーリスモ7」などの大作が注目でしょう。他にも「ラチェット&クランク」や「ホライゾン」の新作も公開。欧米で評価されたり、人気のあるタイトルが多く、グラフィックもリアル系からアニメ系と多種多様でした。

 日本人好みのタイトルが少ないのは確かですが、それは仕方のないところです。オンライン会見(YouTube)の日本語の視聴者が約10万人に対して、英語は約200万人でした。日本時間での会見が午前5時であることを考慮しても、SIEが世界を意識して会見を開くのが分かります。日本はあくまでも「one of them」(複数の中の一つ)というわけです。

◇発売日と価格の見送りは妥当
 なおPS5の発売時期の詳細と価格の発表は、「今回の発表会ではない」と踏んでいました。それは妥当な判断といえます。なぜならこれらの早期発表は、SIEのメリットが薄いからです。

 ちなみにPS3の発表会(2006年)で、同社は春に価格を発表したものの、業界関係者やファンから「高すぎる」と批判を浴びました。その声に押される形で、発売前に1万円の“大幅値下げ”に踏み切りましたが、そうした対応を取っても、PS3は普及に苦しみました。

 また早すぎる発表は、ライバルに価格対策をする時間を与える可能性がありますから、ギリギリまで伏せたいところです。とはいえ、営業(販売店の受注)で発売日と価格を言わないわけにはいきません。取引先の外部に“かん口令”を敷いても情報の漏れる可能性が高いので、そこが発表のタイミングでしょう。秋ごろになるのではないでしょうか。


日本はPS3世代あたりからアンチソニーとマイクロソフト信者と任天堂信者が一致団結してのソニー叩き多いからなぁ。その中でもPS4とか結構売れたと思うけど、日本はコンソール市場が下火やし、PS5の落ち込みは海外より大きいと予想。

価格発表は8月頃との噂もあるけど、相手(MS)あってのことだろうからなぁ。ライバルが任天堂だけならとっくの昔に価格発表して予約も開始していると思う。