エヴァ 鬼滅の刃






【映画】<『鬼滅』よりすごかった? >新宿を包んだ90年代「エヴァ」の衝撃、誰もが批評家だった当時を振り返る [Egg★]

当時の盛り上がりは『鬼滅の刃』をはるかにしのいでいました。『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』の公開初日である1997年3月15日、映画館には人が殺到しました。庵野秀明監督が公開直前にパジャマのような格好で記者会見し、完結が夏になることを宣言していたにもかかわらず……

(中略)

この頃は社会常識が変化したのか、映画館側の対応は「深夜に待機しないでください」といったもので、行列していたファンは座席指定のチケットを持っているにもかかわらず散らされたといいます。

『鬼滅の刃』でも現在似たような現象が起きていますが、作品への興味があってもなくても、当時、メディアや文化人は語らなくてはならない雰囲気となっていました。

 テレビアニメが話題になっていた1996年の雑誌を見ると、「とんでもなく話題のロボットアニメがある」として一般メディアもエヴァンゲリオンに言及しています。「ロボットではなく、エヴァンゲリオンだ」とファンは怒るかも知れませんが、とにかく信じられないほどの盛り上がりだったのです。

 最初に一般メディアが注目したのは、主題歌CDの売り上げです。そのためか、

「内田有紀より凄い」(『週刊文春』1996年6月13日号)
「小室哲哉も蹴落とす人気」(『週刊読売』1996年6月13日号)
「ポスト小室ミュージックの本命」(『スコラ』1996年7月11日号)

といった記事が並びました。

反応
凄いブームだったけど鬼滅みたいに小さい子からジジババ迄のブームでは無かったよ

ギリでインターネット前の世界だったな
今アニメ作ってもあんな雰囲気にはならないでしょ

見ている人もわけがわからない雰囲気アニメって印象

オタクの誰もが批評家であったかもしれないが、そうでない人は無関心だろエバンゲリオンとかw

ブームではあったけどサブカルの域を脱してなかったよ
映画も当時もののけ姫が圧倒してたし

97年は、エヴァはもののけ姫にかき消されたよ

鬼滅ほど一般層に広がった感はなかったな。オタクとかサブカルの浸透度も今とは違うんだけど。俺はあんまりエヴァ好きじゃなかったから見るには見たけど。