西野






【ブランドを作れない日本】by キンコン西野 | 西野亮廣ブログ Powered by Ameba

で、この国が「安い国」になってしまった原因って、いろんなところで語られているし、もちろん、一つじゃないと思うのですが……エンタメを通じてサービスを提供している立場から言わせていただくと、やっぱり日本は「ブランドづくりが下手」というのと、それ以前の問題として、

「日本人が日本人のブランド作りを許さない」というのが大きいと思っています。

日本人って、商品の付加価値が目に見えるものになっていないと、「こんなに高いのはおかしい!宗教だ~!」と騒いじゃう感じあるじゃないですか?

たとえば、A社が販売しているカバンと、同じようなカバンを、山田太郎さんが、それよりも高い値段で販売していて、その山田太郎さんのカバンが売れていた時に、外野が「宗教だ~!」

「山田太郎から搾取されてる~!」と言っちゃう感じ。

でも、もちろん、まったく同じものが高い値段で売れるわけがなくて、そこには山田太郎さんのストーリーが付加価値として乗っかっていて、それが、「山田太郎さんへの支援」だとか、「山田太郎さんの

成果物を持っている俺」に繋がっているわけじゃないですか。

それこそがまさに「ブランド」の正体だと思うのですが……そこを認めない空気感が日本中に漂っていて、その結果、ほぼ原価でしか商品売れない空気になっている。

一方で、顔を知らない外国人のブランドは歓迎していて、「GUCCI」とかに対して「宗教だ~!」とかは言わない。

そりゃ、日本は安くなるわけで。。

反応
価値のないものを高く売るのは新興宗教か詐欺師ぐらいじゃん

そんなに宗教って言われるのが嫌なのか?
本人がやってる事を見るに完全に宗教だから自分でそっちの道を目指してるのかと思ったが

そのストーリーと支援が宗教なんだが?

まんま詐欺師の発想
信者はこれでさすが西野さんてなるんか?

ほんと宗教じみてきたなコイツ
自分の売りつけるものは目に見えない付加価値があるから高いと言いたいんだろ

まさに詐欺師の言い分。