Xbox本体の販売で利益が出たことは一度もないことが明らかに - GIGAZINE

現地時間の2021年5月3日から、AppleとEpic Gamesによる法廷闘争のトライアル(対審)がスタートしており、5日にはXboxの副社長であるローリ・ライト氏が第三者証人として出廷しています。このトライアルの中でライト氏が、Xboxはこれまで販売してきたゲーム機で「利益を出したことはない」と発言したことが注目を集めています。


問題の発言は、Epic Games側の弁護士であるウェス・アーンハルト氏が、ライト氏に「ゲーム機の収益性」について質問したタイミングで飛び出しました。アーンハルト氏が「MicrosoftはこれまでにXboxのゲーム機販売でどの程度の利益を出してきましたか?」と尋ねたところ、ライト氏は「我々がゲーム機販売で利益を上げたことはありません。損失を出しながらゲーム機を販売しています」と回答しました。

ライト氏はMicrosoftのビジネスモデルについて、「エンドツーエンドのゲーム体験を提供するように設計されているため、Microsoftは損失を出しながらゲーム機を販売し続けています。それでもハードウェアの販売は、ユーザーにゲーム体験を届けるために重要なものです」と語っています。

なお、Epic Games側がゲーム機の収益性について質問した理由は、Appleが「売上の30%を手数料として徴収しているのはAppleだけではない」と主張したため。Epic GamesはMicrosoftやソニー、任天堂といったゲーム機メーカーが売上の30%を手数料として徴収するのは、「ゲーム機の販売で利益を出すことが難しいため正当」であり、端末の販売で利益を出しているAppleのような企業が同じような手数料を徴収するのは「おかしい」と主張しているわけです。

「Xboxはゲーム機の販売で利益を出したことがない」という報道に対して、ゲーム業界のアナリストであるDaniel Ahmad氏は、「ゲーム機販売においてはそれほど珍しいことではありません。ゲーム機メーカーは、自社製タイトルの販売と、独自サービスの提供、サードパーティータイトルの販売で得られる手数料などからゲーム機の販売で出る損失を回収します」とツイートしています。

記事作成時点で販売されているPlayStation 5やXbox Series X/Sといったゲーム機も、売れば売るほど赤字であることが明らかになっています。ただし、Nintendo Switchだけはゲーム機の販売だけで利益を出している、とAhmad氏は指摘しています。


とはいえ、PS4は結構早い時期に利益出していたはずだけどな。360はPS3に先んじるために突貫で開発、XboxOneはキネクト絡みで高コストってところだろうか。