128人対戦が実現!次世代BF『バトルフィールド2042』が10月22日に発売決定

EAは、DICE開発の人気マルチプレイシューター「バトルフィールド」シリーズ最新作『バトルフィールド2042』をPS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X/PC向けに、2021年10月22日に発売する。

タイトルが示すとおり、本作の時代設定は2042年。食料やエネルギー、そして水さえも不足し、何十もの国家が破綻を迎え多くの者が難民となった世界で、米露両国が世界に残る資源をめぐり争うという内容だ。プレイヤーは、さまざまな農民や兵士、エンジニアなどが難民となったNO-PATS(Non-Patriated、国を捨てた者たち)のスペシャリストとなって、それぞれの勢力に参加し難民の未来のために戦うことになる。以前より噂されていた「現代戦」という観点からみれば少し先の近未来を舞台にしているものの、登場する火器や兵器のフォルムは一部アレンジが加わっているものもあるが現用兵器とほぼ違いがない。



マルチプレイでは、AI兵士が導入されることでプレイヤーvsプレイヤーという形式だけでなく、プレイヤー vs AI兵士や、友人と分隊を作りAI兵士と戦うことも可能だ。なお、128人対戦はPS5とXbox Series X|SそしてPCのみ対応で、前世代機のPS4とXbox Oneでは従来と同じ64人までの対戦となる。なおキャンペーンモードは本作で実装しないそうだ。




反応
シングルキャンペーンないなら買わない…

キャンペーンないのかーでもAI戦あるのは+65536点

BFのキャンペーン結構好きなのに今回無いのかよ…

BF6じゃなかったのね。近未来は受けが悪いって印象もあるけど、どうなりますやら