クリエイティブプロデューサー
野村 哲也Tetsuya Nomura
この『STRANGER OF PARADISE FINAL FANTASY ORIGIN』の企画の構想は『DISSIDIA 012[duodecim] FINAL FANTASY』の後くらいでしょうか、次はキャラクターとの戦いではなくロケーションを攻略するタイプのアクションにしようと一人考えていました。そのまま月日が経ち、また他の企画でFFの新シリーズとして「怒れる男の物語」を一人構想していました。そして更に月日が経ち、その時の企画が欲しいと言われ2つの企画を合体させた今回の企画を新たに用意しました。

「FINAL FANTASY」でありながら、らしくない。
でもこれは確かに「FINAL FANTASY」の血が通っている。
そういう難しい落としどころを探り、挑んでいる渋い作品となっています。

まだ完成までには少しお時間を頂きますが、バトルシステムも物語にリンクした血生臭いシステムになっていますので、この機会に是非触れて頂けると幸いです。

メインシナリオ
野島 一成Kazushige Nojima
「希望や夢ではない。飢えや渇きと似た感覚だと思ってくれ」
この台詞ができた時、物語が命を持ったような気がしました。

なぜ彼らはそれほどにカオスを倒したいのか。
では、彼らの希望や夢はなんなのか。
断章、断片だった物語のピースがこの台詞によって力強く結合した瞬間でした。

それから一気呵成に書き上げた物語がこの 『STRANGER OF PARADISE FINAL FANTASY ORIGIN』です。
殺伐としたイメージを前面に押し出したゲームに寄り添うなかなか印象深い物語ができたのではないかと思っています。

ご賞味くださいませ!

プロデューサー
藤原 仁Jin Fujiwara
“A BOLD NEW VISION”と銘打たれたとおり、本作はこれまでの「FINAL FANTASY」シリーズとは一線を画す新しい挑戦に満ちています。
現段階ではその多くを明かすことはできませんが、本作の方向性やイメージなど、その挑戦の片鱗を今回ご用意いたしました体験版でお楽しみください。

世界中の皆様から頂くフィードバックは、本作の完成度をより高めるために非常に重要であると考えています。ぜひともアンケートやSNSなどでご感想をお寄せください。

本作を皆様と一緒にプレイできる日を今から楽しみにしております。

ディレクター
井上 大輔Daisuke Inoue
本作は数ある「FINAL FANTASY」タイトルの中に新しい風を吹かせるべく開発されたタイトルで、位置づけ的には外伝作品ということになるのだと思います。
いわゆるナンバリングシリーズの発表ではなくガッカリされた方もいるかもしれませんが、本作はナンバリングシリーズでは出来ないような挑戦をしているタイトルです。

Team NINJAが作る地に足の着いた歯ごたえのあるアクション。返り血を浴びながら、文字通りちぎっては投げ、敵を粉砕していく主人公。その姿は、まるで――
と、新しい風を少しでも体験していただきたく体験版を用意しました。
まだまだ開発中ということもあり至らぬ点もあると思いますが、体験版を楽しんでいただければ幸いです。

また、気になった点、良かった点など今後の開発に生かすためにも皆様の感想を是非聞かせていただければと思います。


「いわゆるナンバリングシリーズの発表ではなくガッカリされた方もいるかもしれませんが」FF16発表されてるやん、昨年。