Windows 11の最小システム要件が緩和、第7世代Core/Zen 1のRyzenも対象に - PC Watch

米Microsoftは28日(現地時間)、Windows 11の最小システム要件を更新し、新たに第7世代Coreプロセッサおよび初代Ryzenのシステムもサポートすることを明らかにした。

 Microsoftによると、Windows 11ではPCのすべてのパワーを解き放ち、完全な体験をユーザーに提供することを前提にデザインされており、ハードウェアとソフトウェアが人々の期待やニーズに応え、現在および将来にわたって最高の体験を提供するため、システム最小要件を定めたとしている。特に以下の3点は重要であった。

セキュリティ
 Windows 11はセキュリティに関するハードウェア要件を高めており、Windows Helloやデバイス暗号化、仮想化ベースのセキュリティ、ハイパーバイザーで保護されたコードの整合性、セキュアブートなどの機能を提供。これらの機能によりマルウェアを60%削減できる。このため、TPMやセキュアブート、VBSのサポートを基本要件とした。

信頼性
 Windows 11にアップグレードされたデバイスは信頼性を確保する必要がある。最小要件を満たすCPUは新しいWindowsドライバモデルに基づいて開発されており、99.8%のクラッシュフリー体験を実現している。

互換性
 Windows 11は1GHz以上、2コア以上、4GBメモリ以上、64GBストレージ以上を基本要件としているが、これは普段利用するアプリとの互換性のため。これらはOfficeおよびMicrosoft Teamsと揃えたため。

 これらの要件を満たすハードウェアが、これまで第8世代CoreならびにZen 2、Qualcomm 7/8世代のPCであったというわけだが、新しいInsiderを提供するにあたって、OEMパートナーなどが第7世代CoreならびにZen 1アーキテクチャのRyzenもこれらの要件を満たすことができるかどうかをテストするため、新たに追加された。

マイクロソフト、TPMなしのWindows 11 PC出荷を認める。中国やロシア向けか - Engadget 日本版

先日発表された次期「Windows 11」では、TPM(トラステッド プラットフォーム モジュール)2.0以上が必須とされ、これを満たさなければ比較的新しめの製品であれインストールできません。

しかしマイクロソフトが、一部のOEM製品につきTPM2.0対応なしにWindows 11をプレインストールすることを許可していると明らかになりました。

この例外措置はおそらく、中国やロシアなどTPMの使用が制限されている国での使用を想定していると思われます。じっさいDELL等も、これら2つの国を含む一部諸国でTPMがサポート対象製品ではないと但し書きをしています。

Windows 11でTPM2.0が必須とされていることは好評とは言えず、ほか全てのハードウェア要件を満たしながらもTPMだけが欠けている製品のユーザーからは不満が噴出している感もあります。この件につきハイテク製品情報サイトtom's HardwareはMSに問い合わせ中とのことで、続報がありしだい本誌Engadgetでもお伝えする予定です。


反応
二転三転するかも知れないけど、要件緩和は大歓迎です。

中露向けにTPM2.0無し版出すみたいだし結局何だかんだ騒がれて必須から推奨条件に下がりそうな

似たようなことが 8でもありました。
プレビュー版ではメモリ要件がなかったが実製品はメモリ1G制限があったので入れられなかったPCが。

まずはタスクバー移動が最低条件やな