SIE CEO Jim Ryan Feels Sorry For Not Being Able To Meet PS5 Demands

SIEのCEOであるジム・ライアンは、Reutersとの最新のインタビューで、世界的なPS5の品薄状態についての心境を語っています。インタビューの中でジムは、ソニーは供給問題を解決するために積極的に取り組んでいるが、この品薄状態はすぐには終わらないようだと語りました。

世界的なチップ不足とダフ屋行為の蔓延により、PS5の入手は発売当初から非常に困難な状況にあり、かつてないほどの需要が発生していることから、この状況はすぐには終わらないでしょう。その少し前に発売されたPS5は、デザインが一新され、発売時よりもかなり軽量化されています。

ソニーは先日、PS5の販売台数が1,000万台に達し、同社のゲーム機史上最速の販売台数となったことを発表しました。ジムは、ファンの皆様のご要望にお応えできなかったことを申し訳なく思っているようですが、製品に対する需要が前例のないものであるということは、面白いことに、企業にとっては最高の問題のひとつなのです。

「私たちは、これまでにない速さで多くのPlayStationを製作しており、それは私にとって幸せなことです。しかし一方で、世の中にあるすべての需要に応えるにはもう少し時間がかかりそうで、それは残念なことです」。


多分、半笑いで言ってるわ。