The perfect storm striking World of Warcraft - BBC News

Activision Blizzard社は、World of Warcraft(WoW)の公式プレイヤー数を何年も公表していません。しかし、投資家に対しては、すべてのゲームの「月間アクティブユーザー数」を四半期ごとに発表しています。

この数字によると、同社のゲームは3ヶ月で200万人のプレイヤーを失っています。

同社のゲームポートフォリオ全体のアクティブユーザー数に関する新しい数字は、同社が最新の四半期決算を発表する際に間もなく発表される予定です。

WoWはまだ十分な収益を上げており、収益は増加しています。この数字は、WoWではなく、他のゲームが苦しんでいることを意味しているのかもしれません。

スコット氏は、「本当の流出統計を見ることはできません」と認めています。「しかし、私が社内外で聞いた話によると、これは彼らがこれまでに経験したことのないような急激な落ち込みかもしれません。

スコットは、不満の原因が何か一つに絞られているとは考えていません。それは、長い年月を経て、プレイヤーが基本的なゲームプレイに対するあらゆる工夫に慣れてしまったからだと考えています。

同じ基本的なシステムを繰り返しているので、プレイヤーは過去数年に比べて "もうやった、やってない "と思うようになっているのではないでしょうか」と述べています。

そして、「似ているようで新しい体験」を提供してくれる競合もいます。

非常識な」成長
Final Fantasy XIVは、間違いなくWoWの最も似たような競争相手です。2010年の発売時には、あまりのひどさに開発者が「世界を破壊して」最初からゲームを作り直したことでも有名です。

しかし、次の大型拡張が数ヶ月後に予定されているという、ゲームにとって静かな時期に、突然プレイヤー数が急増したのです。

FFXIVのYouTubeクリエイターであり、ストリーマーでもあるZepla氏は、「ここ数週間は狂気の沙汰だった」と語っています。

"通常、拡張が来ると多くの新規プレイヤーが増えるのですが、今回はそれさえも凌駕しています" と語っています。

あまりの人気ぶりに、一時的に新品の販売を中止したほどです。ディレクターの吉田直樹は、「驚異的で予期せぬ」新規プレイヤーの流入により発生したサーバー問題について、心からの謝罪を表明しました。

(中略)

一般的な不満としては、クラスバランスの悪さ、開発者の "無関心"、必要以上に複雑でRNGの多いゲームシステムへの不満などが挙げられます。簡単に言えば、多くのプレイヤーは自分の意見に耳を傾けてくれないということです。自分の時間が大切にされていないと感じています。そして、彼らは疲れているのです」。

人気ストリーマーたちが、このような関心を高めています。著名なWoWプレイヤーであるAsmongold氏は、ここ数週間で多くのプレイヤーをFFXIVと新世界の両方に誘導したと言われています。

"WoWコミュニティはすでにFFXIVの良い話を聞いていたわけですが、最近の出来事を受けて、本格的に新しいMMOを探しているのかもしれません。" とZepla氏は述べています。

そしてそんな中、コミュニティに大きな衝撃を与えたのがセクハラスキャンダルだった。


ブリザードのスキャンダルも影響しているのかね。一時的にしても素晴らしい成功だし、これでFF16も評価されたら吉田直樹氏のポジションはノムリッシュを上回るかもしれんやね。