株式会社JAPANNEXTは、同社初となるHDMI 2.1を搭載した31.5型4Kゲーミング液晶ディスプレイ「JN-315IPS144UHDR」を10月1日に発売する。価格は10万9,980円。

 JN-315IPS144UHDRは、最大4K/144Hz表示が可能な31.5型非光沢IPSゲーミング液晶。HDMI 2.1端子を搭載し、PlayStation 5による4K/120Hz映像の表示もサポートする。また、HDRやFreeSync、ピクチャ・イン・ピクチャ、ピクチャ・バイ・ピクチャにも対応し、3種類のゲームモードも備える。

 主な仕様は、解像度が3,840×2,160ドット、表示色数が10億7,000万色、応答速度が1ms(MPRT時)、輝度が400cd/平方m、コントラスト比が1,000:1、視野角が上下/左右ともに178度。

 インターフェイスは、HDMI 2.1、HDMI 2.0、DisplayPort 1.4×2、3W+3Wスピーカー、イヤフォンジャックなどを備える。

JAPANNEXT HDMI 2.1対応 31.5型 144Hz対応4Kゲーミングモニター JN-315IPS144UHDR – JAPANNEXT 4K WQHDなど超解像度、ゲーミング、曲面など特殊液晶モニター


ついに税込み10万円切り。経費にもできちゃうぞ!