Battlefield 2042 Beta Build Perhaps Not as Old as Thought, DICE Development Issues Rumored

バトルフィールド2042」のベータ版が公開されましたが、EAと開発元のDICEはその反響にそれほど満足していないようです。ファンたちは、ゲームの感触やデザインから、パフォーマンスの低下や接続の不安定さといった根本的な問題まで、ありとあらゆるフォーラムに苦情を殺到させています。ベータ版の開始に先立ち、DICEは期待を裏切るような発言をしました。認めるのは少々奇妙なことですが、DICEはベータ版への批判の一部をそらすことができました。最終的なビルドはより良いものになるでしょう!」と。それとも、そうなるのでしょうか?

Battlefield 2042」関連の記事では常に正しい情報を提供しているインサイダーTom Henderson氏の新しい記事によると、このゲームのベータ版は実際には9月初旬から中旬にかけて作成されたものであるとのことです。この時期は、「Battlefield 2042」が再び延期される前にベータ版がリリースされる予定だった時期で、DICEは9月のビルドを10月のベータ版に使用しただけで、ビルドは更新されなかったようです。Henderson氏は、ベータの内容が9月中旬以前にある程度決まっていたのではないかと注意を促していますが、それでも何ヶ月も前のものであるという考え方はますますあり得ないと感じています。

DICEの舞台裏で起きている問題は、ベータ版のタイミングの問題だけではないようです。Henderson氏によると、DICEの経営陣にも問題があり、プロジェクトリーダーは批判に耳を貸さず、創造性にも欠けると言われています。聞くところによると、経営陣は2019年の『Call of Duty: Modern Warfare』を追いかけようとしており、『Battlefield 2042』の批判されたスペシャリストはCoDのオペレーターの影響を受けているという。どうやら、一部のDICE社員が仕事を心配しているほど、事態は悪い状態にあるようだ。


まぁパフォーマンスの最終調整は発売までの最終段階で行われるのが常ではありますが、数ヶ月前と嘘をつくのはなぁ