世界中で品薄なPS5を「年額2万円の有料プランへ入会を促す餌にした」として大手家電量販店に批判殺到 - GIGAZINE

アメリカやカナダに展開する世界最大の家電量販店であるベスト・バイが、世界各地で品薄となっているゲーム機「PlayStation 5(PS5)」を入荷し、販売を再開すると顧客向けに通知しました。しかし、このPS5を購入できるのは、直前に創設されたばかりの年額199.99ドル(約2万3000円)の有料プランに登録した人限定であることが判明したため、PS5を待ちわびていた顧客から非難の声が上がっています。

ベスト・バイは2021年10月の初め、新しいメンバーシップ制度として、24時間体制の技術サポートや無料配送、最大24カ月の製品保護などを提供する「Totaltech」を開始しました。価格は年額199.99ドルです。

その後10月11日、ベスト・バイはPS5の再入荷と再販開始を通知。世界的なチップ不足から品薄となっているPS5の登場はゲーマーを喜ばせましたが、このPS5の購入にTotaltechへの加入が必要だということが分かり、海外掲示板のRedditにスレッドが立てられるなどして批判が寄せられています。

RedditユーザーのMobsteroids氏は「500ドルのゲーム機を手に入れるためだけに200ドルの追加料金を払わなければ行けないという事実を知るまでは興奮していました。クソ資本主義」と投稿

(中略)

海外メディアのTom's Guideは「GameStopなどもメンバー専用にPS5を販売したことがあり、このような仕組みをとったのはベスト・バイだけではありません。しかし、問題なのはそのコストであり、例えばGameStopのメンバーシップは年額15ドル(約1700円)でした」と指摘。

Tom's Guideはベスト・バイがとった仕組みを「狂気」と呼び、「PS5の再入荷という魅力を利用して、人々にメンバーシップへの登録を促すことを望んでいた可能性があります。しかし、この方法は単純にPS5のみを手に入れたいゲーマーにはあまり受け入れられていません」と述べました。


年2万円はなぁ。必ず買えるならともかく、そうなると今度は通常会員には殆ど回らなくなるってことだしな。