コロナ禍、4.5万の飲食閉店 協力金で支えきれず: 日本経済新聞

新型コロナウイルスの感染拡大以降、全国の飲食店の閉店が4万5000店に上ることが日本経済新聞とNTTタウンページ(東京・港)の共同調査で分かった。全体の1割に当たる。自治体の時短協力金では十分に支えきれないことが浮き彫りになった。国は営業制限を段階的に緩和する方針だが客足がコロナ前まで戻るかは不透明で、支援を急ぐ必要がある。


反応
「全体の1割に当たる」ということは全国に45万軒の飲食店があり、10軒に1軒が閉店。
何人が失職したんだろう。。

政府が見殺しにした。

政府の分科会の罪は重い

「支えきれず」って政府に好意的過ぎる。
むしろ4.5万の飲食店は政府が潰したんだじゃないか。見捨てたんじゃないか。
それなのにまだ「成長なくして分配なし」とか言っている今の政府を今見限ろう

飲食店がなくなるということは街がなくなるということ。コロナ禍が傷つけたのは「都市」というものだった。都市はもういらないのか。私には必要なものだが若い世代にはどうだろうか。

俺が住んでいるのは元々寂れた地方だから大差ないけど、都会の方とか結構目立つレベルで閉店してんのだろうな