Netflixが世界的な大ヒットを記録した「イカゲーム」のビデオゲーム化を検討中、Netflix AsiaのMinyoung Kim氏が言及 « doope! 国内外のゲーム情報サイト

2021年9月17日の公開を経て、瞬く間にNetflix史上最大の視聴者数(10月13日時点で1億1,100万人に到達)を更新する世界的な大ヒット作品となった韓国のバトルロワイヤル/ハンガー・ゲーム系サバイバルドラマ「イカゲーム」ですが、“カタヌキ”ミームやコスプレ、イベント、ファンアート等の盛り上がりがネットを席巻するなか、本作の成功を牽引したNetflix Asiaのコンテンツ部門VP Minyoung Kim氏がThe Hollywood Reporterのインタビューに応じ、なんと“イカゲーム”のビデオゲーム化に関する検討を進めていることが明らかになりました。

「イカゲーム」の今後について言及したMinyoung Kim氏は、Netflixに所属する多彩な専門家や素晴らしい才能を持つ人たちが様々な分野で本作の可能性を見いだしていると語り、Netflix内の商品開発部門やビデオゲーム部門、アジア以外の海外チームなど、組織全体から驚くほど多くのリクエストが寄せられていると説明。

こういった多彩な分野の提案を検討し、クリエイターが作り上げた世界観を忠実に維持しながら、コンテンツへの親和性を高めつつ、より多くの楽しさを提供する、“イカゲーム”IPの全体的なロードマップを作り上げることが自身とチームの役割だと伝えています。



興味ない人にはスプラトゥーンのパクリにしか見えないという