PSVR 2 Price: How much will it cost? - PlayStation Lifestyle

PlayStation VRの第2世代技術が、このたび正式に明らかになった。単に「PSVR 2」と名付けられた次世代ソニーVRヘッドセットは、オリジナルよりも改善された点が満載です。ハイライトは、4K有機ELディスプレイ、シングルコードセットアップ、触覚フィードバックの実装などです。多くのハイテク製品がそうであるように、バージョン2.0はオリジナルより大きく進化していることが多いが、それは時に価格の上昇を意味することもある。では、PSVR 2はいくらになるべきなのでしょうか?ゲーマーは、適切なPS5 VRヘッドセットのために何を支払うことを望むのでしょうか?議論してみましょう。

庶民はPSVR 2の価格が最低でも399ドルになることを覚悟しておく必要があります。

2016年当時、初代PSVRはこの比較的高価な価格帯で発売されました。当時の他のVRヘッドセットと比較すると競争力のある価格設定でしたが、他のコンソール用周辺機器と比較するとかなり高額だったため、PlayStationのオーナーはこの価格設定を嫌がるのは当然といえば当然でした。

高価格にもかかわらず、また、PSVRを採用するようユーザーを説得するのに時間がかかったかもしれませんが、インストールベースは最終的に2回目のイテレーションを正当化できるほど成長しました。

PSVR 2 vs Oculus Quest 2:最も近い競合製品
PSVR 2に搭載された新技術を考慮すると、399ドルという見積もりは賢いと思われます。最も近い競争相手であるスタンドアロンのOculus Quest 2は299ドルで販売されていますが、PSVR 2ほど強力ではなく、ソニーのヘッドセットにはVRカタログを補強する独自の独占コンテンツがあります。これは、バイヤーの目には100ドルを正当化することができます。

もちろん、399ドルは大きく外れている可能性があり、価格はもっと高くなる可能性があります。PS5の需要が、多くのコンソール・オーナーが希望小売価格より何百ドルも高い金額を支払うことを示したため、ソニーはPSVR 2を499ドル以上に引き上げる可能性もあった。また、PSVR 2に搭載される新技術が高価すぎて、399ドルの値札を打つことができず、もう一段の値上げにつながる可能性もあります。発売時には間違いなく高額の値札がつく可能性があるのです

PSVR 1はまだその価値があるのでしょうか?
もう一つ興味深いのは、PSVR 1はどうなるのか、ということです。今後のPS5のVR体験はPSVR 1と後方互換性を持つのか、それともそのヘッドセットは取り残されるのか。

マイクロソフトとXboxでは、後方互換性は最新世代のローンチに織り込まれている。しかし、ソニーとPlayStationの場合、PS5にはすでにPS4オーナーでは楽しめないユニークな体験がたくさんあります。この前例から、PSVR 2とPSVR 1が幸せに共存することに懐疑的になっています。

今後数年間は、PSVR 1のヘッドセットがEbayに大量に出回ることを期待したい。もちろん、それは古いゲームをプレイして満足している人たちにとって、お得な情報があるはずだということを意味しています。

PSVR 2はアップグレードする価値があるのか?
PSVR 2は、PS5で次世代VRゲームを体験したい方にとって、アップグレードする価値があると思います。

ほとんどのPS5オーナーは、PSVR 2の "キラーアプリ "を待ってから、現金を置くのではないかと想像しています。一部の人にとって、これは『Horizon Zero Dawn』と『Horizon Forbidden West』のVRスピンオフである『Horizon Call of the Mountain』になるかもしれません。

PSVR 2は、「ブーストモード」のようなものが搭載されるかもしれないことも、検討する価値があるでしょう。PS4 ProもPS5もベースとなるPS4ゲームの性能を引き上げているので、PSVR 2がPSVR 1のゲームの性能を引き上げると考えるのが妥当だろう。VRゲームにおけるフレームレートの低下はプレイ中の快適性に劇的な影響を与えるため、より安定したフレームレートと高い出力解像度は、一部のタイトルでは確実に評価されるはずです。


PSVRがロンチされた頃は競合VRの方が高額でしたし、ハイエンドPCも必要でしたが、今では単体で実用的に動作するオキュラスクエスト2が299ドルですからねぇ。要するに立場は逆転しているわけです。もちろん全てに渡ってPSVR2が高性能でしょうが、「できることに大差はない」のも事実。

ソニーが独占タイトルの供給を途中で辞める未来も容易に想像できるし