PSVR 2 Specs Vs. Valve Index, Quest 2 - How Does Sony's Next-Gen VR Headset Stack Up Against Its Competitors? - PlayStation Universe

幸いなことに、ResetEraのユーザーであるPrimal Sageが、ソニーの新デバイスが競合製品に対してどの程度うまく積み重なるかを示す、便利なPSVR 2スペック vs Valve Index, Quest 2比較をまとめている。

Screens
PSVR2 (Winner): 片目2000×2040。HDR搭載の有機EL。リフレッシュレート最大120hz
Valve Index: 片目1600×1440。液晶ディスプレイ。リフレッシュレート120hzまで(144hz実験中)
Quest 2: 片目1832×1920。液晶ディスプレイ。リフレッシュレート120Hzまで。

Lenses
PSVR2: 視野角110度。フレネルレンズ。IPDの設定は不明
Valve Index (Winner):視野角130度。フレネルレンズ。IPD設定58~70。
Quest 2:視野角100度。フレネルレンズ。IPD設定58、63または68。

Tracking
PSVR2: ヘッドセット内の4つのカメラによるインサイドアウトトラッキング。外部センサーは不要。コントローラーはヘッドセットのカメラに映っているときのみトラッキングされます
Valve Index (Winner, ただしゲーム専用スペースに依存): ヘッドセットとコントローラーのトラッキングに2つの外部センサーが必要。背中のコントローラを追跡可能。
Quest 2: ヘッドセット内の4つのカメラでインサイドアウトをトラッキング。外部センサーは必要ありません。コントローラは、ヘッドセットのカメラに映っているときのみ追跡されます

Eye Tracking
PSVR2 (Winner): 。ヘッドセット内部のカメラで目の動きをトラッキング。これにより、目の焦点が合っているところはフル解像度で、周辺部は低解像度でレンダリングすることが可能。そのため、リソースを解放することができます。これにより、VRゲームをPS5並みのクオリティで提供することが可能になりました.
Valve Index: なし.
Quest 2: なし.

Controllers
PSVR2 (潜在的勝者、現状では判断が難しい): コントローラーにハプティクスを搭載 - どのボタンに触れているかを把握し、それによって半指のトラッキングを実現。デュアルセンス機能、つまり改良されたランブルと抵抗トリガー。トラッキングリングのオーブデザインにより、他よりトラッキングしやすいかもしれない
Valve Index: コントローラのハプティクス - それはあなたが触れているボタンを知っており、それによって半指のトラッキング。指を個別にトラッキングすることができます.
Quest 2: コントローラーにハプティクスを搭載 - どのボタンに触れているかを把握し、セミフィンガートラッキングが可能です.

Haptics In Headset
PSVR2 (Winner):ヘッドセットでの実際のフィードバック。VRで車を衝突させると、視界は揺れるが何も感じないため、衝撃を受けることがある。ヘッドセットのハプティクスは、没入感を高め、不快感を軽減することができます。また、クールなゲームプレイの機会もあります。頭に落ちる雨粒を感じたり。頭の上を何かが飛び交うのを感じる.
Valve Index: なし.
Quest 2: なし


Sound
PSVR2: 自分でヘッドホンを接続する
Valve Index (Winner): 高音質ヘッドフォン内蔵
Quest 2: 低品質のヘッドホンが内蔵されており、自分のヘッドホンを使用するオプションがある。

Wireless/Corded
PSVR2: PS5と接続したUSB-Cコード1本を使用します。
Valve Index:PCに接続するかさばる専用ケーブルを使用
Quest 2 (Winner): PCに接続するUSB-Cコード1本を使用。PCとのワイヤレス接続も可能だが、すべてのセットアップで安定的に動作するわけではない。ヘッドセットで実行するスタンドアロン/ネイティブアプリは、ワイヤレスで完全に動作します。


有線ヘッドセットとしてはValveに対して優位だけど、やはりクエスト2のコスパが圧倒的すぎてPSVR2が売れる未来が全く見えない。PSVR2の後にクエスト3あたりで更に差を付けてくる可能性もあるし、ワイヤレスに勝つのは難しい。