PS5 will outsell Xbox Series consoles 2-to-1 this year, Ampere Analysis forecasts | VGC

データ分析会社のAmpere Analysisは、今年、PlayStation 5がXboxシリーズX/Sを2対1で上回るだろうと予測しています。

AmpereのリサーチディレクターであるPiers Harding-Rolls氏は、2022年にソニーのゲーム機が1800万台、マイクロソフトのシステムが900万台販売されると予測しています。

しかし、彼はSwitchが2100万台の販売台数でその年の主要ゲーム機になると予想しています。

"PlayStation5とXboxシリーズのコンソールの入手性は1年かけて徐々に改善されるようで、我々の予想ではソニーがマイクロソフトを2対1で上回るだろう "とHarding-Rollsは述べています。

"しかし、実際に市場で最も売れているゲーム機は2100万台のNintendo Switchになり、それは新しいNintendo Switch OLEDの需要によって牽引されるでしょう。"

ソニーは昨年7月、PS5がPS4の管理より1ヶ月弱早く全世界で1000万台の販売を突破し、史上最速で売れるゲーム機になったと主張しました。

供給の問題が販売に悪影響を与えたものの、最近では、PS5の年間出荷目標である1480万台を今年度中に達成する見込みであり、これはPS4のライフサイクルの同じステージにおける最高のパフォーマンスとなる、と述べている。

また、2022年4月からの次期決算期には、PS5を2,260万台以上出荷する意向であることを明らかにした。達成されれば、初代「プレイステーション」が打ち立てた24年ぶりのゲーム機販売記録を更新することになる。

XboxシリーズX/Sシステムは、マイクロソフトのどの世代のゲーム機よりも速いペースで売れ続けていると、同社のゲーム部門のトップが今月主張しました。

ニューヨーク・タイムズのインタビューで、フィル・スペンサー氏は、Xboxの品不足が続いているのは、実は前世代よりもゲーム機の生産台数が減っているためではないと述べました。むしろ、Covid-19の大流行が始まって以来、需要が急増したことが品不足の原因となっているのです。

Activision Blizzardは、Xboxのコンテンツを強化し、モバイルとPCの専門知識をもたらし、ソニーの立場を弱体化させます。
「今、市場でXboxや新しいPlayStationを手に入れようとすると、本当に大変なことになります。それは、供給がかつてないほど少なくなったからではありません。実は、供給量はこれまでと同じくらい多いのです。需要が供給を上回っているのです。

「現時点では、この世代のXbox、つまりXboxシリーズXとSは、これまでのどのバージョンのXboxよりも多く販売されています。ですから、その需要を満たすために、そこに供給をするのが私たちの仕事です。"

任天堂は11月、Switchが2017年初頭の発売以来、9,287万台を出荷したと発表しました。


任天堂は独自路線で今後は買い替え需要も見込めるし、MSは大規模買収でハードはともかくゲーパス含めたサービスで勝ちパターンに入っています。ここ最近良いところ無しのソニーが巻き返せるのかどうかは微妙なところ。