Hidetaka Miyazaki Expects Elden Ring to Have Higher Clear Rate Than Dark Souls

フロム・ソフトウェアのこれまでの作品、特に『ソウル』は、難易度が高いことで知られています。そのため、多くのファンが「エルデンリング」も同じようなゲームになるのではないかと心配していた。

幸いなことに、ディレクターの宮崎英高氏は「エルデンリング」の難易度について、「ソウル」シリーズよりも高いクリア率を実現できると考えていると述べている。

エルデンリングの難易度とクリア率について宮崎氏
PlayStation Blogのインタビューで、宮崎は難易度とアクセシビリティのバランスについて語りました。チームは、プレイヤーに創造的な思考を促すような挑戦的なゲームを作ることを目指したが、拷問的な難しさではなく、意味のある難しさにすることも目指しているという。

宮崎氏は、「エルデンリングに限らず、これらのゲームに対する我々のアプローチは、プレイヤーが逆境を乗り越えられるように設計することだと感じています」と述べています。無理に難しくしたり、そのために難しくしたりはしていません。

さらに、「プレイヤーには、狡猾さを発揮し、ゲームを研究し、何が起こっているかを記憶し、失敗から学んでほしいのです。ゲームが不公平な罰を与えていると感じるのではなく、困難な出会いに勝利し、進歩するチャンスがあると感じてほしいのです。

ゲームはよりオープンになることを意図していますが、宮崎氏は「意図的にゲームの難易度を下げようとしたわけではありません」と明言します。むしろ、プレイヤーの自由度を重視することで、よりアクセスしやすくなっているのです。オープンワールドの環境では、プレイヤーは必要に応じてクエストをピックアップし、ドロップすることができます。そのため、プレイヤーの意思でペースを決めることができ、難易度の壁が低くなるはずです。

さらに、今回のマルチプレイ機能によって、コミュニティのサポートや協力体制が強化されることを期待しているそうです。このモードがより使いやすくなり、プレイしやすくなることで、Elden Ringのプレイヤーが "他の人の助けを受けるという考えを受け入れる "ことを願っているそうです。大規模で活発なコミュニティは、すべてのプレイヤーにとってゲーム内のリソースとなることは間違いないだろう。

4047335827
ファミ通書籍編集部(編集)(2022-02-25T00:00:01Z)




4047335797
ファミ通書籍編集部(編集), 電撃ゲーム書籍編集部(編集)(2022-01-27T00:00:01Z)







どう転んでも傑作になりそうやね