Dev: PS VR2 Controllers Could Be the Best in This Generation; Foveated Rendering Is a Smart Addition

PS VR2の可能性を語る開発者が増え、その幕が徐々に下りてきているようです。GDC 2022では、チェット・ファリゼック氏の刺激的な初期インプレッションをお伝えしました。

そして今回、PolyarcのプリンシパルエンジニアであるBrendan Walker氏がPLAY誌の取材に応じ、ソニーが発表した新しいバーチャルリアリティのハードウェアの最初の発表であるPS VR2のコントローラーについて、興奮気味に語っています。

アレッシオ・パルンボ
PS VR2はGDC2022に出展され、開発者はそれを気に入ったと報告されています。
新しいPS VR2のコントローラには、とても期待しています。ようやく高品質なVRコントローラのセットが手に入ったのですから。いくつかの理由から、この現世代で最高のものになる可能性を秘めていると思います。

これまで私たちは、DUALSHOCK 4で片手操作、PlayStation Moveで両手操作でゲームをデザインしなければなりませんでした。だから、今はちゃんと両手があるわけで、それで何ができるのか?彼らのトラッキングリングのデザインは、超面白いものでした。手の甲側に寄っているのがおわかりになると思いますが、これは、両手を近づけて操作することが容易になることを意味しています。トラッキングリングが互いにぶつからないので、そのようなことができるのです。これはとても素晴らしいことです。より精度の高いインタラクションが可能になる。

また、『Moss』と先日発売された『Moss: Book II』に携わったウォーカーは、ソニーがPS VR2にフォベーテッドレンダリングとアイトラッキングを追加したことは、システムの性能に大きく貢献するとして、その決断を高く評価しています。

人間の目には、狭い窓があることがわかりました。視野は注意を集中させる場所であり、実際にはそこに多くの、つまりほとんどのディテールを配置することができ、その外側では解像度が低くなっています。しかし、正しく動作していれば、周辺視野の外側にあるものはすべて低解像度であることに気づかないものです。

ソニーが据え置き型ゲーム機でこの方式を採用したのは賢明な判断でした。このハードウェアの寿命を最大限に延ばすには、最適化できる部分は最適化する必要があり、これは最適化のもうひとつの軸となります。

実際、GDC 2022のパネル「Building next-gen games for PlayStation VR2 with Unity」において、UnityのシニアXRグラフィックス開発者Fabien Houlmann氏は、Foveatedレンダリングとアイトラッキングを組み合わせると、同等のグラフィックス品質を維持しながら最大3.6倍のフレームタイム向上を実現できると述べている。


アイトラッキング技術は気になるよな。どうせ体験出来るようになるには実際に買ってからになるんだろうけど。