Xbox Outage Has Players Discussing PlayStation DRM - PlayStation LifeStyle

Xboxの大規模障害により、プレイヤーは4日間、ライブラリにあるゲームのほとんどをプレイできなくなり、オンラインゲーム界はオンラインデジタル著作権管理(DRM)ポリシーをめぐる議論で沸き返った。問題の中心は、マイクロソフトの「DRMチェックイン」で、サーバーがダウンするとシングルプレイのゲームさえオフラインでプレイできなくなる。PlayStation 4と5、Nintendo Switchには、この問題はありません。

なぜこの記事のトップに「Diablo 2: Resurrected」の写真を貼り付けているのかというと、このゲームがプラットフォームメーカーのポリシーに関係なくコンソール上でオンラインDRMチェックを実施したため、眉唾になっているからです。つまり、あなたのPlayStationが30日間オフラインだった場合、オンラインに接続するまでDiablo 2: Resurrectedを全くプレイできないことになるのです。これは、パブリッシャー(この場合はActivision)によって強制的にDRMチェックインが行われる最初のコンソールゲームの1つであり、プレイヤーの間で懸念が広がっています。

TwitterユーザーのDoes it play?が指摘するように、市販のゲームソフトがインターネットに接続しなくても動作することを広範囲にテストしている団体では、ソニーのサーバーがダウンした場合、PlayStationプラットフォームで動作しないシングルプレイヤーゲームは「ごく一部」にとどまるという。一方、Xboxのゲームの「大部分」はDRMのチェックインが必要です。"プレイステーションのサーバーが明日永久にダウンした場合、あなたが所有するすべてのシングルプレイヤー-ゲームは、ほぼ永久にオフラインで動作します(コンソールが動作し、アカウントがリンクされていた場合)," それを再生しますか? と書いた. 「これと同じ原理が、CMOSバッテリーやいかなる接続形態もないプレイステーションにも適用されます。繰り返しになりますが、私たちは決定的なテストの基礎を形成するために、すべてのプラットフォームで数多くのタイトルを厳密にテストしてきました。"

Does it play? は、多くのXboxプレイヤーや著名なストリーマーと共に、マイクロソフトのDRMポリシーの明確化と再検討を要求しています。同社はこの問題についてコメントを出していません。


そもそもオンラインゲームを一切やらない俺には関係ない話