ライカと共同開発 1インチの巨大カメラ搭載 Xiaomiが新型スマホを海外発表 - ITmedia NEWS

 中国スマートフォン大手のXiaomiは7月4日(現地時間)、新型スマートフォン「Xiaomi 12S」シリーズを海外発表した。無印とProモデルに加え、ライカと共同開発した1インチセンサーのメインカメラを搭載した「Xiaomi 12S Ultra」をラインアップする。12S Ultraの価格は5999元(約12万1000円)から。


12S Ultraは、本体の3分の1近くを覆うカメラユニットが特徴。3つのカメラを内包しており、メインカメラのイメージセンサーは、ソニー「IMX989」を搭載。1インチサイズの5030万画素で、4つのピクセルを1つに統合するQuad Bayer配列により、3.2μmのピッチ幅を持つ1250万画素のセンサーとして使うことができる。レンズは23mmでF1.9。

 超広角カメラと望遠カメラには、1/2インチで4800万画素のソニー「IMX586」センサーを搭載。前者は13mm F2.2、後者は120mm F4.1でペリスコープ方式のレンズを採用する。Xiaomiでは、3つのカメラを総括して「Leica Summicron 1:1.9-4.1/13-120 ASPH.」と命名している。






日本でも12万円前後ならほしくなっちゃう、カメラもこれぐらいガチならアリやな。