Bloodborne PC Port / Remaster Can Be Done at Any Time Without From Software's Support; Japan Studio Had a Working PC Build

BloodborneのPC移植とPlayStation 5リマスターはまだ実現していませんが、ソニーがリリースを阻んでいるのは技術的な理由ではありません。

本作の非公式60FPSパッチを開発したLance McDonald氏はTwitterで、ここ数日噂されていたBloodborneのPC移植、PlayStation 5リマスターには技術的な障壁はなく、ソニーはFrom Softwareのサポートなしでいつでも実現可能であると述べている。



さらに、Lance McDonald氏はBloodborneの60FPSパッチがたった2行のコードであることを明かし、ジャパンスタジオが閉鎖された際に本作の動作するPCビルドを持っていたことから、ソニーがまだこのビルドを持っている可能性が極めて高いことを明らかにしています。



BloodborneのPC移植は、PlayStation 5リマスターや続編と並んで、かなり以前から噂されていました。もしソニーが移植やリマスターにフロム・ソフトウェアのサポートを必要としないのであれば、日本のスタジオが『エルデンリング』で忙しい中でも、いつでも公開・発売することが可能です。両社ともしばらくゲームについて公式に語っていないので、差し迫った発表に期待しない方がいいだろう。





まぁソニー独占タイトルの中でも移植希望が大きいし、エルデン大ヒットでロンチ当時よりも評価が高まってる傾向もあるので「とっておき」として準備しているのかもだが