Sony Exec Explains Why PS Plus Won't Be Getting A Lot of Day One Releases Like Game Pass

PlayStationの幹部が、PlayStation Plusがライバルの定額制サービスXbox Game Passのように初日に多くの新作ゲームを入手できない理由を説明しています。

ソニーの幹部は、PlayStation PlusがXbox Game Passのように初日にあまり多くのゲームを手に入れられない理由を説明しています。ソニーは今年初め、PS Plusを3段階のサービスに移行しました。Essentialは従来のPS Plusと同じ仕組みですが、ExtraとPremiumはより多くの特典を提供しています。PS PlusのExtraとPremiumの会員は、前世代の名作を含む何百ものタイトルのカタログにアクセスすることができます。

しかし、PS Plusに初日から来るゲームは多くありません。ソニーは以前、ファーストパーティーのAAAゲームをPS Plus Extraに初日から追加しないことを確認しており、サードパーティーのタイトルについても同様のようだ。2022年7月にソニーが『ストレイ』を初日に追加したように、このルールには例外がありますが、おそらく標準になることはないでしょう。あるソニーの幹部は、この決定の理由を改めて説明しています。

Games Industryのインタビューで、PlayStationの吉田修平氏は、ソニーがビデオゲームのプレミアムリリースを考えていることに触れています。プレイステーションのアプローチは、パブリッシャーがゲームのライフサイクルを管理するのを支援することであり、吉田氏はそれを、映画がまず映画館で公開されてからペイ・パー・ビューやストリーミングなどのサービスで配信されるのに例えて説明します。この方法であれば、映画は毎回多くの収益を生み出し、あるいは幅広い観客を取り込むことができる。しかし、吉田氏は、6カ月から12カ月後にゲームがPS Plusに登場する可能性があると述べています。その時点では、ゲームの売上が落ちているので、PS Plusに追加することで、アクティブなユーザーを増やすことができるだろう。

吉田氏はまた、このルールに例外があることを確認し、PS Plusが『ロケットリーグ』と『Fall Guys』の成功に貢献したことを挙げ、両ゲームがデイワンリリースとして発売されたことに触れました。吉田氏によれば、前述の『ストレイ』はむしろ異常であり、PS Plusはむしろ続編やDLCのプロモーションのためにゲームへの関心を高めるために利用される可能性があると考えているとのことです。

ソニーは同様の質問に対して一貫した回答を続けてきたが、吉田はその思考過程についてより詳細に語っている。PlayStation自身のファーストパーティーのAAAゲームは、非常に高い評価を得て数百万本売れることが多く、PS Plusで初日に提供する理由はあまりないのだろう。また、販売が一段落したゲームへの関心を高めるため、あるいはパブリッシャーがタイアップ商品を宣伝するために、PS Plusを利用することができるという吉田のコメントも理にかなっている。今回のインタビューは、ソニーの取り組みと、今後のPS Plusのラインアップについて、より深い洞察を与えてくれました。

最大50%オフ【10/6】クロスボーン・ガンダム
クロスボーン・ガンダム
クロスボーン・ガンダムX-11
クロスボーン・ガンダム DUST
クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
クロスボーン・ガンダム ゴースト
クロスボーン・ガンダム ‐スカルハート‐
Vガンダム プロジェクト・エクソダス
ガンダムMSV戦記 ジョニー・ライデン
ゼータガンダム1/2




ビジネスモデルの違いやね。俺が入ってるEAPlayも新作ゲームが追加されるのはロンチから半年~1年後だからなぁ、F1 2022も来年2月~3月ぐらいになりそうなのでそれまでは2021を遊びまくる