Deathloop Runs Better on Xbox Series X than Original PS5, Series S has been Treated Well

PS5での1年間のコンソール独占を経て、XboxシリーズX/Sに登場したDeathloopですが、このMicrosoftの所有するIPは、自社コンソールではどのように動作するのでしょうか?IGNのパフォーマンス分析によると、順番を待っていたXboxシリーズXのオーナーは、確かに優れたバージョンのゲームを手にしており、XboxシリーズSでさえも良い扱いを受けているとのことです。分析結果は、15分程度のお時間があれば、ご自身で確認することができます。



PS5版とXboxシリーズX版のDeathloopは、全く同じビジュアルモード--パフォーマンス(ダイナミック4K、60fps)、ビジュアルクオリティ(ダイナミック4K、60fps)、レイトレーシング(ダイナミック4K、30fps、レイトレーシング)、ウルトラパフォーマンス(ロック付き1080p、120fps、VRR)を提供します。ダイナミック4Kのあるモードでは、両システムとも1800p程度まで解像度が落ちることがありますが、それ以下にはなりません。また、PS5のレイトレーシング・モードでは、適切なシャープネス・フィルターが適用されていないため、ダイナミックな映像がXSXよりもわずかにぼやけて見えるという問題がある。とはいえ、全体的にはPS5とXSXで画質はほぼ同じです。

では、パフォーマンスについてはどうでしょうか?レイトレーシングとパフォーマンスモードは基本的に一致しており、PS5とXboxシリーズXの両方が前者で30fps、後者で60fpsの安定した動作を実現していますね。ただし、クオリティモードではXSXが有利で、PS5を5~15fps引き離すことがよくあります。120fpsのウルトラパフォーマンスモードではこのアドバンテージはさらに大きくなり、Xbox Series Xが30fpsもリードすることがあります。とはいえ、XboxシリーズXはどちらのモードでも完璧ではなく、クオリティモードでは40fps台後半、ウルトラパフォーマンスモードでは100fps台にまで落ち込んでいます。

XboxシリーズSに関しては、マイクロソフトの低性能なゲーム機を軽視しがちな最近のリリースに比べれば、新鮮で良いニュースだと思います。シリーズSにはクオリティモードとパフォーマンスモードしかありませんが、どちらも60fpsで安定して動作し、クオリティモードでもせいぜい1~2フレーム落ちる程度です。






そりゃまぁ今となってはMS傘下のスタジオだし、優遇するよね。