Sony Files Patent to Combat Online Games Toxicity

ソニー・インタラクティブエンタテインメントが、オンラインゲームにおける有害行為に対抗する方法を検討していることを示唆する新たな特許出願があった。同社は、オンライン上でのプレイヤーの行動を罰したり、報酬を与えたりするシステムの特許を取得しました。

最近、米国の政治家グループが、ソニー、マイクロソフト、その他多数のゲーム会社に対して、オンラインゲームにおけるハラスメントや過激派への対策を促す書簡を送付しました。この問題は、ゲームメーカーがネガティブな行為に対抗するために様々な方法を展開してきたものの、その成功は様々であったため、何年も前から熱い議論が交わされてきた話題です。

Top Tier List(via ResetEra)が発見したように、前述の特許は2022年9月に出願され、先週公開されたものです。そこには、"ゲームのプレイに関連する行動を検証する方法 "が記載されています。

"この方法はさらに、人工知能モデルによって、第1のプレイヤーの行動を分析し、その行動が虐待であるかどうかを判断することを含む "と、特許には書かれています。"第1のプレイヤーの行動が虐待であるかどうかを分析する動作は、第1のプレイヤーの特徴付けが正確であるかどうかを判断するために実行されます。"

興味深いことに、ソニーはその特許の中で、虐待的なプレイヤーを持つオンラインゲームの例としてフォートナイトを挙げている。その開発元であるEpic Gamesは、議員が有害行為への対処を促した企業の一つです。







まぁオンラインゲームやらん俺にはどうでもWiiDSな特許だけど、そういうゲームに興味がない人間をソニーは露骨に排除しようとしているよね